研究紹介

環境資源科学研究センター

創薬化学基盤ユニット

基盤ユニットリーダー 小山 裕雄 (Ph.D.)
小山 裕雄 (Ph.D.)

当ユニットの主な目的は低分子新規疾病治療薬の開発候補品を見出し、動物に於ける安全性試験とそれに続く臨床試験に供する事にあります。ユニット構成員はリード化合物を創出し、標的とする受容体や酵素などに対する活性、薬物代謝、体内動態などの最適化を構造活性相関の研究を通して行います。その際には、理化学研究所内に蓄積された優れた基礎研究の成果、例えばX線結晶構造解析やコンピュータを用いた化合物と受容体などの結合様式の同定や予測などの技術を総動員して、創薬の迅速化を図ります。現在、主として希少病や難治性の癌治療薬などの開発に取り組んでいます。

研究主分野

化学

研究関連分野

医歯薬学

キーワード

  • 新薬開発
  • 創薬化学
  • 体内動態最適化

主要論文

  1. Koda, Y.; Kikuzato, K.; Mikuni, J.; Tanaka, A.; Yuki, H.; Honma, T.; Tomabechi, Y.; Kukimoto-Niino, M.; Shirouzu, M.; Shirai,F.; Koyama, H.:
    “Identification of pyrrolo[2,3-d]pyrimidines as potent HCK and FLT3-ITD dual inhibitors”
    Bioorg. Med. Chem. 2017, 27, 4994-4998.
  2. Yuki, H.; Kikuzato, K.; Koda, H.; Mikuni, J.; Tomabechi, Y.; Kukimoto-Niino, M.; Tanaka, A.; Shirai, F.; Shirouzu, M.; Koyama, H.; Honma, T.:
    “Activity cliff for 7-substituted pyrrolo-pyrimidine inhibitors of HCK explained in terms of predicted basicity of the amine nitrogen”
    Bioorg. Med. Chem. 2017, 25, 4259-4264.
  3. 小山裕雄 政策提言: 国立研究開発法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター、「研究開発の俯瞰報告書  ライフサイエンス・臨床医学分野」 3.研究開発領域、3-2 次世代基盤技術、3-2-8 メディシナルケミストリー 2015、p178-183.
  4. Saito,Y.; Yuki, H.; Kuratani, M.; Hashizume, Y.; Takagi, S.; Honma, T.; Tanaka, A.; Shirouzu, M.; Mikuni, M.; Handa, N,; Ogahara, I.; Sone, A.; Najima, Y,; Tomabechi, Y.; Wakiyama, M.; Uchida, N,; Tomizawa-Murasawa, M.; Kaneko, A.; Tanaka, S.; Suzuki, N.; Kajita, H.; Aoki, Y.; Ohara, O.; Shultz, Leonard D.; Fukami, T.; Goto, T.; Taniguchi, S.; Yokoyama, S.; Ishikawa, F.:
    “A Pyrrolo-Pyrimidine Derivative Targets Human Primary AML Stem Cells in Vivo”
    Sci. Transl.Med. 2013, 5, 181ra52.
  5. Tashiro, T.; Nakagawa, R.; Shigeura, T.; Watarai, H.; Taniguchi, M.; Mori, K.:
    “RCAI-61 and related 6-modified analogs of KRN7000: their synthesis and bioactivity for mouse lymphocytes to produce interferon- in vivo”
    Bioorg. Med. Chem. 2013, 21, 3066-3079.
  6. Shiozaki, M.; Tashiro, T.; Koshino, H.; Shigeura, T.; Watarai, H.; Taniguchi, M.; Mori, K.:
    “Synthesis and biological activity of hydroxylated analogs of RCAI-80”
    Tetrahedron 2013, 69, 9710-9725.
  7. Tashiro, T,; Shigeura, T.; Shiozaki, M.; Watarai, H.; Taniguchi, M.; Mori, K.:
    “RCAI-133, an N-methylated analogue of KRN7000, activates mouse natural killer T cells to produce Th2-biased cytokines”
    MedChemComm 2013, 4, 949-955.
  8. Shiozaki,, M.; Tashiro, T.; Koshino, H.; Shigeura, T.; Watarai, H.; Taniguchi, M.; Mori, K.:
    “Synthesis and biological activity of hydroxylated analogues of KRN7000 (-galactosylceramide)”
    Carbohydr. Res., 2013, 370, 46–66.

メンバーリスト

主宰者

小山 裕雄
基盤ユニットリーダー

メンバー

白井 文幸
上級研究員
長 展生
上級研究員
風見 純一
上級技師
関亦 克彦
研究員
甲田 泰子
研究員
窪田 浩一
研究員
鷲塚 健一
研究員
山本 博文
研究員
喜久里 貢
技師
大﨑 理絵
テクニカルスタッフⅠ
田代 卓哉
客員研究員
京谷 史子
研究補助パートタイマー
信太 知永子
アシスタント