研究紹介

環境資源科学研究センター

生産機能研究グループ

グループディレクター 榊原 均 (D.Agr.)
榊原 均 (D.Agr.)

当グループでは、物質生産やエネルギー生産に役立つ植物資源の生産機能に関わる研究開発を行っています。窒素栄養の効率的な利用に関わる遺伝子機能同定 や、植物ホルモン研究を基軸にした生産制御、シンク機能、物質輸送システムの解明と、生産性向上への利用技術の研究開発を進めます。またコケ植物の多様性 に着目した金属元素耐性・蓄積機能の研究を行います。これらの研究を通じて、窒素、炭素、金属元素の循環的利活用技術の研究開発を行います。

研究主分野

植物 & 動物学

研究関連分野

生物学 & 生化学 / 分子生物 & 遺伝学 / 農学 / 環境 & エコロジー(生態)

研究テーマ

  • 植物生産機能に有用な形質を与える遺伝子の探索と主要作物への応用研究
  • サイトカイニンなど生産機能制御に関わる因子の作用機構解明
  • コケ植物の多様性を利用した環境浄化技術の開発
  • 高速ホルモン一斉分析技術を利用した有用遺伝子探索研究

主要論文

  1. Kiba, T., Takei, K., Kojima, M. and Sakakibara, H.:
    "Side-chain modification of cytokinins control shoot growth in Arabidopsis"
    Dev. Cell 27, 452-461 (2013).
  2. Kiba, T., Feria-Bourrellier, A.-B., Lafouge, F., Lezhneva, L., Boutet-Mercey, S., Orsel, M., Bréhaut, V., Miller, A., Daniel-Vedele, F., Sakakibara, H. and Krapp, A.:
    "The Arabidopsis nitrate transporter NRT2.4 plays a double role in roots and shoots of nitrogen-starved plants "
    Plant Cell 24, 245-258 (2012).
  3. Nakamichi, N., Kiba, T., Henriques, R., Mizuno, T., Chua, N.-H. and Sakakibara, H.:
    "PSEUDO-RESPONSE REGULATORS 9, 7 and 5 are transcriptional repressors in the Arabidopsis circadian clock"
    Plant Cell 22, 594-605 (2010).
  4. Kuroha, T., Tokunaga, H., Kojima, M., Ueda, N., Ishida, T., Nagawa, S., Fukuda, H., Sugimoto, K. and Sakakibara, H.:
    "Functional analyses of LONELY GUY cytokinin-activating enzymes reveal the importance of the direct activation pathway in Arabidopsis"
    Plant Cell 21, 3152-3169 (2009).
  5. Kojima, M., Kamada-Nobusada, T., Komatsu, H., Takei, K., Kuroha, T., Mizutani, M., Ashikari, M., Ueguchi-Tanaka, M., Matsuoka, M., Suzuki, K. and Sakakibara, H.:
    "Highly-sensitive and high-throughput analysis of plant hormones using MS-probe modification and liquid chromatography-tandem mass spectrometry: an application for hormone profiling in Oryza sativa "
    Plant Cell Physiol. 50, 1201-1214 (2009).
  6. Sugawara, H., Ueda, N., Kojima, M., Makita, N., Yamaya, T. and Sakakibara, H.:
    "Structural insight into the reaction mechanism and evolution of cytokinin biosynthesis"
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 105, 2734-2739 (2008).
  7. Kurakawa, T., Ueda, N., Maekawa, M., Kobayashi, K., Kojima, M., Nagato, Y., Sakakibara, H. and Kyozuka, J.:
    "Direct control of shoot meristem activity by a cytokinin activating enzyme"
    Nature 445, 652-655 (2007).
  8. Sakakibara, H.:
    "Cytokinins: Activity, biosynthesis and translocation"
    Annu. Rev. Plant Biol. 57, 431-449 (2006).
  9. Sakakibara, H., Kasahara, H., Ueda, N., Kojima, M., Takei, K., Hishiyama, S., Asami, T., Okada, K., Kamiya, Y., Yamaya, T., and Yamaguchi, S.
    "Agrobacterium tumefaciens increases cytokinin production in plastids by modifying the biosynthetic pathway in the host plant"
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 102, 9972-9977 (2005).
  10. Ashikari, M., Sakakibara, H., Lin, S.-Y., Yamamoto, T., Takashi, T., Nishimura, A., Angeles, E. R., Qian, Q., Kitano, H. and Matsuoka, M.:
    "Cytokinin oxidase regulates rice grain production"
    Science 309, 741-745 (2005).

メンバーリスト

主宰者

榊原 均
グループディレクター

メンバー

井藤賀 操
上級研究員
木羽 隆敏
研究員
吉田 明希子
研究員
小嶋 美紀子
技師
野村 俊尚
特別研究員
ARES PITA Angela Maria
訪問研究員
森 七重
テクニカルスタッフⅠ
加藤 由佳梨
テクニカルスタッフⅡ
武田 紀子
テクニカルスタッフⅡ
稲葉 ジュン
テクニカルスタッフⅡ
竹林 裕美子
テクニカルスタッフⅡ