研究紹介

環境資源科学研究センター

バイオプローブ研究グループ

グループディレクター 長田 裕之 (D.Agr.)
長田 裕之 (D.Agr.)

当グループでは、ドイツ・ドルトムントのマックスプランク分子生理学研究所(MPI of Mol. Physiol. ヘルベルト・ワルドマン教授のグループ)と連携して、ケミカルバイオロジー技術による研究解析を行っています。互いのグループへ若手研究者を長期滞在させることで緊密にかつ継続した共同研究を行っています。特に連携研究で見出された化合物の細胞内標的同定を主な解析テーマとして研究を進めています。

研究主分野

複合領域

研究関連分野

総合理工 / 総合生物

キーワード

  • ケミカルバイオロジー
  • 天然化合物バンク
  • 相互作用解析

主要論文

  1. Robke, L., Laraia, L., Carnero Corrales, M.A., Konstantinidis, G., Muroi, M., Richters, A., Winzker, M., Engbring, T., Tomassi, S., Watanabe, N., Osada, H., Rauh, D., Waldmann, H., Wu, Y.W., and Engel, J.:
    "Phenotypic Identification of a Novel Autophagy Inhibitor Chemotype Targeting Lipid Kinase VPS34."
    Angew Chem Int Ed Engl. 56, 8153-8157 (2017).
  2. Ursu, A., Illich, D.J., Takemoto, Y., Porfetye, A.T., Zhang M., Brockmeyer, A, Janning, P., Watanabe, N., Osada, H., Vetter, I.R., Ziegler, S., Schöler, H.R., and Waldmann, H.:
    "Epiblastin A Induces Reprogramming of Epiblast Stem Cells Into Embryonic Stem Cells by Inhibition of Casein Kinase 1."
    Cell Chem Biol. 23, 494-507 (2016).
  3. Kawatani M, Muroi M, Wada A, Inoue G, Futamura Y, Aono H, Shimizu K, Shimizu T, Igarashi Y, Takahashi-Ando N, Osada H.:
    "Proteomic profiling reveals that collismycin A is an iron chelator."
    Sci Rep, 6, 38385 (2016).
  4. Kawamura T, Kawatani M, Muroi M, Kondoh Y, Futamura Y, Aono H, Tanaka M, Honda K, Osada H.:
    "Proteomic profiling of small-molecule inhibitors reveals dispensability of MTH1 for cancer cell survival."
    Sci Rep, 6, 26521 (2016).
  5. Muroi M, Futamura Y, Osada H.:
    "Integrated profiling methods for identifying the targets of bioactive compounds: MorphoBase and ChemProteoBase."
    Nat Prod Rep, 33, 621-625 (2016).
  6. Kawamura T, Kondoh Y, Muroi M, Kawatani M, Osada H.:
    "A small molecule that induces reactive oxygen species via cellular glutathione depletion."
    Biochem J, 463, 53-63 (2014).

メンバーリスト

主宰者

長田 裕之
グループディレクター

メンバー

室井 誠
専任研究員