研究紹介

グローバル研究クラスタ

糖鎖代謝学研究チーム

チームリーダー 鈴木 匡 (D.Sci.)
鈴木 匡 (D.Sci.)

ペプチド:N-グリカナーゼ(PNGase)は糖タンパク質あるいは糖ペプチドからN型糖鎖を遊離させる酵素です。真核細胞の細胞質に広く存在するPNGaseは、現在ERにおいて新たに合成された異常糖タンパク質の品質管理機構の一つである小胞体関連分解(ERAD)に関わる分子であることが広く認知されるに至っています。一方で、N型糖鎖の生合成の経路は現在そのほとんどが解明されたといってもいいのですが、細胞質PNGaseによって遊離される糖鎖の代謝機構はほとんど不明のままです。この非リソソーム系の糖鎖の代謝は恐らく真核生物において最も基本的な、教科書にも記述されるべき生物学的素過程であるにも関わらず未同定な酵素、トランスポーターが数多く存在することが明らかです。我々はこのまだ未解明な代謝機構の解明をMax Planck研究所との連携研究で進めるとともに、その代謝機構の生理機能について様々な角度から研究を進めています。

研究主分野

生物学 & 生化学

研究関連分野

分子生物 & 遺伝学 / 微生物学 / 神経科学 & 行動科学

研究テーマ

  • 遊離N型糖鎖の代謝機構の解明
  • 細胞質PNGaseのERADにおける機能
  • 進化における細胞質PNGaseの機能的分化

主要論文

  1. Harada, Y. Huang, C., Yamaki, S., Dohmae, N., and Suzuki, T.:
    "Non-lysosomal degradation of phophorylated oligosaccharides is initiated by the cytosolic endo-β-N-acetylglucosaminidase."
    J. Biol. Chem. 291, in press (2016) doi: 10.1074/jbc.M115.685313
  2. Huang, C., Harada, Y., Hosomi, A., Masahara-Negishi, Y., Seino, J., Fujihira, H., Funakoshi, Y., Suzuki, T., Dohmae, N., and Suzuki, T.:
    "Endo-β-N-acetylglucosaminidase forms N-GlcNAc protein aggregates during ER-associated degradation in Ngly1-defective cells."
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 112, 1398-1403 (2015)
  3. Harada, Y., Nakajima, K., Masahara-Negishi, Y., Freeze, H. H., Angata, T., Taniguchi, N., and Suzuki, T.:
    "Metabolically programmed quality control system for dolichol-linked oligosaccharides."
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 110, 19366-19371 (2013)
  4. Harada, Y., Buser, R., Ngwa, E. M., Hirayama, H., Aebi, M., and Suzuki, T.:
    "Eukaryotic oligosaccharyltransferase generates free oligosaccharides during N-glycosylation."
    J. Biol. Chem. 288, 32673-32684 (2013)
  5. Seino, J., Wang, L., Harada, Y., Huang, C., Ishii, K., Mizushima, N., and Suzuki, T.:
    "Basal autophagy is required for the efficient catabolism of sialyl oligosaccharides."
    J. Biol. Chem. 288, 26898-26907 (2013)
  6. Wang, L., and Suzuki, T.:
    "Dual functions for cytosolic alpha-mannosidase (Man2C1): its downregulation causes mitochondria-dependent apotosis independently of it's alpha-mannosidase activity."
    J. Biol. Chem. 288, 11887-11896 (2013)
  7. Haga, Y., Ishii, K., Hibino, K., Sako, Y., Ito, Y., Taniguchi, N., and Suzuki, T.:
    "Visualizing specific protein glycoforms by transmembrane fluorescence energy transfer."
    Nature Communications 3, 907 (2012)
  8. Haga, Y., Ishii, K., and Suzuki, T.:
    "N-glycan is essential for stability and intracellular trafficking of glucose transporter, GLUT4."
    J. Biol. Chem. 286, 31320-31327 (2011)
  9. Hosomi, A., Tanabe, K., Hirayama, H., Kim, I., Rao, H., and Suzuki, T.:
    "Identification of an Htm1 (EDEM)-dependent, Mns1-independent endoplasmic reticulum-associated degradation (ERAD) pathway in Saccharomyces cerevisiae. Application of a novel assay for glycoprotein ERAD."
    J. Biol. Chem. 285, 24324-24334 (2010)
  10. Hirayama, H., Seino, J., Kitajima, T., Jigami, Y., and Suzuki, T.:
    "Free oligosaccharides to monitor glycoprotein endoplasmic reticulum-associated degradation in Saccharomyces cerevisiae."
    J. Biol. Chem. 285, 12390-12404 (2010)

メンバーリスト

主宰者

鈴木 匡
チームリーダー

メンバー

黄 澄澄
国際特別研究員
細見 昭
協力研究員
平山 弘人
協力研究員
藤平 陽彦
特別研究員
HOSSAIN Tanim Jabid
国際プログラム・アソシエイト
朝武 悠奈
研修生
清野 淳一
テクニカルスタッフⅠ
根岸 由紀
テクニカルスタッフⅠ
上野 琴子
研究補助パートタイマー
土屋 八恵
研究補助パートタイマー
松田 次代
研究補助パートタイマー

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1

tsuzuki_gm [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

最新の研究成果

2016年2月16日: 報道発表資料
糖鎖の新しい代謝機構を解明
2015年1月20日: 報道発表資料
Ngly1タンパク質の欠損によりタンパク質分解反応に異常

業績リスト