研究紹介

グローバル研究クラスタ

糖鎖構造生物学研究チーム

チームリーダー 山口 芳樹 (Ph.D)
山口 芳樹 (Ph.D)

タンパク質に結合している糖鎖の機能を解明するためには、糖鎖を立体構造の観点から捉えることが重要になります。当研究チームは、マックスプランク研究所との共同研究を進めて、糖タンパク質や糖鎖関連タンパク質の立体構造を明らかにして、糖鎖のもつ機能に迫ります。有機合成的手法や細胞工学的手法を用いて糖鎖・糖タンパク質を調製し、NMRやX線結晶解析等の物理化学的手法により立体構造解析を行っていきます。さらに、バイオインフォマティクスの技術を用いて糖鎖の立体構造のデータベース構築を行い、その立体構造情報から糖鎖のもつシグナルの解読を目指します。特に、タンパク質・糖鎖の変異による疾患の発症メカニズムを立体構造の観点から明らかにして、診断薬・治療薬のデザインと開発を進めていきます。

研究主分野

生物学 & 生化学

研究関連分野

物理学 / 工学 / 化学 / 分子生物 & 遺伝学 / 免疫学 / 薬学 & 毒物学 / 臨床医学 / 微生物学 / 神経科学 & 行動科学 / コンピューター科学

研究テーマ

  • 糖鎖の立体構造解析法を開発する
  • 糖鎖の分子認識とその機能発現を解明する
  • 糖鎖立体構造のデータベース構築を行う

主要論文

  1. Nagae, M., and Yamaguchi,Y.:
    "Sugar recognition and protein-protein interaction of mammalian lectins conferring diverse functions"
    Curr Opin Struct Biol., 34, 108-15 (2015)
  2. Hanashima, S., Gotze, S., Liu, Y., Ikeda, A., Kojima-Aikawa, K., Taniguchi, N., Silva, DV, Feizi, T., Seeberger, PH., and Yamaguchi, Y.:
    "Defining the interaction of human soluble lectin ZG16p and mycobacterial phosphatidylinositol mannosides"
    Chembiochem., 16(10), 1502-11 (2015)
  3. Yamaguchi, Y., Yamaguchi, T., and Kato, K.:
    "Structural analysis of oligosaccharides and glycoconjugates using NMR"
    Adv Neurobiol., 9, 165-83 (2014)
  4. Nagae, M., Morita-Matsumoto, K., Kato, M., Kaneko, MK., Kato, Y., and Yamaguchi Y.:
    "A platform of C-type lectin-like receptor CLEC-2 for binding O-glycosylated podoplanin and nonglycosylated rhodocytin"
    Structure, 22(12), 1711-21 (2014)
  5. Hanashima, S., Korekane, H., Taniguchi, N., and Yamaguchi, Y.:
    "Synthesis of N-glycan units for assessment of substrate structural requirements of N-acetylglucosaminyltransferase III"
    Bioorg Med Chem Lett., 24(18), 4533-7 (2014)
  6. Kanagawa, M., Liu, Y., Hanashima, S., Ikeda, A., Chai, W., Nakano, Y., Kojima-Aikawa, K., Feizi, T., and Yamaguchi, Y.:
    "Structural basis for multiple sugar recognition of Jacalin-related human ZG16p lectin"
    J Biol Chem., 289(24), 16954-65 (2014)
  7. Nagae M., Morita-Matsumoto, K., Arai, S., Wada, I., Matsumoto, Y., Saito, K., Hashimoto, Y., and Yamaguchi, Y.:
    "Structural change of N-glycan exposes hydrophobic surface of human transferrin"
    Glycobiology, 24(8), 693-702 (2014)
  8. Nagae, M., Soga, K., Morita-Matsumoto, K., Hanashima, S., Ikeda, A., Yamamoto, K., and Yamaguchi, Y.:
    "Phytohemagglutinin from Phaseolus vulgaris (PHA-E) displays a novel glycan recognition mode using a common legume lectin fold"
    Glycobiology, 24(4), 368-78 (2014)
  9. Nagae, M., Ikeda, A., Kitago, Y., Matsumoto, N., Yamamoto, K. and Yamaguchi, Y.:
    "Crystal structures of carbohydrate recognition domain of Blood Dendritic Cell Antigen-2 (BDCA2) reveal a common domain-swapped dimer"
    Proteins, 82(7), 1512-8 (2014)
  10. Hanashima, S., Ikeda, A., Tanaka, H., Adachi, Y., Ohno, N., Takahashi, T., and Yamaguchi Y.:
    "NMR study of short β(1,3)-glucans provides insights into the structure and interaction with Dectin-1"
    Glycoconj J., 31(3), 199-207 (2014)

メンバーリスト

主宰者

山口 芳樹
チームリーダー

メンバー

金川 真由美
研究員
長江 雅倫
研究員
MISHRA Sushil
訪問研究員
DULAL Hari
国際プログラム・アソシエイト
池田 明美
テクニカルスタッフⅠ
菅 秋次
テクニカルスタッフⅠ
林 雄太郎
研究嘱託
鵜澤 洵
研究支援パートタイマー
田中 典子
研究補助パートタイマー
森田 加奈
人材派遣

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
フロンティア中央研究棟
Tel: 048-467-9619
Fax: 048-467-9620

yyoshiki [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

最新の研究成果

2016年3月23日: 報道発表資料
折れ曲がった形の糖鎖を可視化
2015年10月: 理研ニュース
PDF(6,112KB)
2015年5月21日: 報道発表資料
腸管免疫システムにおけるレクチンの新たな機能を発見
2014年11月10日: 報道発表資料
血小板上の受容体「CLEC-2」は糖鎖とペプチド鎖の両方を認識

業績リスト