研究紹介

グローバル研究クラスタ

疾患糖鎖研究チーム

チームリーダー 谷口 直之 (M.D., Ph.D.)
谷口 直之 (M.D., Ph.D.)

増殖因子などの細胞膜受容体の多くは糖タンパク質であり、それらの持つ糖鎖の役割はほとんど不明でした。当チームでは、発生、分化における生理的な糖鎖シグナル、慢性閉塞性疾患(COPD)、アルツハイマー病、がん、脱髄疾患などにおける異常な糖鎖シグナルの解明を行い、これらの疾患の発症機構、診断のためのバイオマーカーの開発や治療への基盤的な研究を行います。また糖鎖合成に関して高い技術を備え、糖鎖ライブラリーを有するドイツマックスプランク研究所と共同研究を行いながらプロジェクトを推進しています。具体的にはN型糖鎖内のコアフコースが COPD発症に果たす役割を調べるため、コアフコースが減少したマウスの肺機能や免疫機能の解析を行っています。また、COPD増悪モデルマウスを作製し、糖鎖をベースとした治療薬探索を行うとともに、COPDのバイオマーカー候補タンパク質の糖鎖解析を行っています。また最近では、脳に多く発現する糖転移酵素GnT-IIIがつくるバイセクト糖鎖がアルツハイマー病の原因と考えられるAβ産生を亢進していることを見出したため、GnT-III阻害剤の探索を行っています。

研究主分野

総合生物

研究関連分野

生物学 / 医歯薬学

キーワード

  • 糖タンパク質
  • 慢性閉塞性疾患(COPD)
  • アルツハイマー病
  • がん
  • GnT-III

主要論文

  1. Kaburagi T, Kizuka Y, Kitazume S, and Taniguchi N.
    "Inhibitory Role of α2,6-Sialylation in Adipogenesis."
    J. Biol. Chem 10;292(6):2278-2286. (2017)
  2. Kizuka Y, Funayama S, Shogomor H, Nakano M, Nakajima K, Oka R, Kitazume S, Yamaguchi Y, Sano M, Korekane H, Hsu T-L, Lee H-Y, Wong C-H and Taniguchi N.
    "Novel Fucose Analog for the High-sensitive Detection of Glycans."
    Cell Chem. Biol. 23, 782-92. (2016)
  3. Kizuka Y, Kitazume S, Fujinawa R, Saito T, Iwata N, Saido TC, Nakano M, Yamaguchi Y, Hashimoto Y, Staufenbiel M, Hatsuta H, Murayama S, Manya H, Endo T, Taniguchi N.:
    "An aberrant sugar modification of BACE1 blocks its lysosomal targeting in Alzheimer's disease."
    EMBO Mol Med. 15;7(2):175-89. (2015)
  4. Kitazume S, Imamaki R, Kurimoto A, Ogawa K, Kato M, Yamaguchi Y, Tanaka K, Ishida H, Ando H, Kiso M, Hashii N, Kawasaki N and Taniguchi N.:
    "Interaction of platelet endothelial cell adhesion molecule (PECAM) with α2,6-sialylated glycan regulates its cell surface residency and anti-apoptotic role."
    J Biol Chem., 289(40):27604-27613 (2014)
  5. Kizuka Y, Kitazume S, Okahara K, Villagra A, Sotomayor EM and Taniguchi N.:
    "Epigenetic regulation of a brain-specific glycosyltransferase N-acetylglucosaminyltransferase-IX (GnT-IX) by specific chromatin modifiers."
    J Biol Chem., 289(16):11253-11261 (2014)
  6. Kurimoto A, Kitazume S, Kizuka Y, Nakajima K, Oka R, Fujinawa R, Korekane H, Yamaguchi Y, Wada Y and Taniguchi N.:
    "The absence of core fucose upregulates GnT-III and Wnt target genes: a possible mechanism for an adaptive response in terms of glycan function."
    J Biol Chem., 289(17):11704-11714 (2014)
  7. Korekane H, Park JY, Matsumoto A, Nakajima K, Takamatsu S, Ohtsubo K, Miyamoto Y, Hanashima S, Kanekiyo K, Kitazume S, Yamaguchi Y, Matsuo I and Taniguchi N.:
    "Identification of Ectonucleotide Pyrophosphatase/Phosphodiesterase 3 (ENPP3) as a Regulator of N-Acetylglucosaminyltransferase GnT-IX (GnT-Vb)."
    J. Biol. Chem., 288(39): 27912-27926 (2013)
  8. Kobayashi S, Fujinawa R, Ota F, Kobayashi S, Angata T, Ueno M, Maeno T, Kitazume S, Yoshida K, Ishii T, Gao C, Ohtsubo K, Yamaguchi Y, Betsuyaku T, Kida K and Taniguchi N.:
    "A Single Dose of LPS into Mice with Emphysema Mimics Human COPD Exacerbation as Assessed by Micro-CT."
    Am. J. Respir. Cell Mol. Biol., 9(6):971-977 (2013)
  9. Kanekiyo K, Inamori K, Kitazume S, Sato K, Maeda J, Higuchi M, Kizuka Y, Korekane H, Matsuo I, Honke K and Taniguchi N.:
    "Loss of branched O-mannosyl glycans in astrocytes accelerates remyelination."
    J. Neurosci., 33(24): 10037-10047 (2013)
  10. Angata T, Ishii T, Motegi T, Oka R, Taylor RE, Soto PC, Chang YC, Secundino I, Gao CX, Ohtsubo K, Kitazume S, Nizet V, Varki A, Gemma A, Kida K and Taniguchi N.:
    "Loss of Siglec-14 reduces the risk of chronic obstructive pulmonary disease exacerbation. Cell Mol."
    Life Sci., 70(17): 3199-3210 (2013)

メンバーリスト

主宰者

谷口 直之
チームリーダー

メンバー

北爪 しのぶ
副チームリーダー
木塚 康彦
研究員
立田 由里子
客員研究員
作田 香子
大学院生リサーチ・アソシエイト
今牧 理恵
テクニカルスタッフⅠ
太田 芙美
テクニカルスタッフⅠ
吉田 圭一
テクニカルスタッフⅡ
舩山 いずみ
アシスタント
鈴木 あけみ
研究補助パートタイマー
小川 加寿子
研究補助パートタイマー
岡 律子
研究補助パートタイマー
佐藤 敬子
研究補助パートタイマー

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1

dglycotani [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

最新の研究成果

2017年10月13日: 報道発表資料
糖鎖の合成阻害剤を発見
2017年9月15日: 報道発表資料
病原体センサーの機能を変える糖鎖を発見
2017年1月10日: 報道発表資料
肥満を抑える糖鎖を発見
2017年1月5日: 報道発表資料
慢性閉塞性肺疾患を抑える糖鎖を発見
2016年11月: 理研ニュース
PDF(5,353KB)
2016年7月22日: 報道発表資料
糖鎖の高感度検出に成功

イベント・シンポジウムなど

業績リスト