研究紹介

生命医科学研究センター

皮膚恒常性研究チーム

チームリーダー 天谷 雅行 (M.D., Ph.D)
天谷 雅行 (M.D., Ph.D)

皮膚は生体の外表を覆う臓器である。皮膚には数多くの疾患が存在する。皮膚疾患は、皮疹の形態(かたち)により分類されてきた。近年、皮疹のかたちにも意味があり、 分子の言葉でかたちの意味が説明されるようになってきた。その皮膚疾患の多くが、その病態に免疫が関与している。皮膚は、外来抗原が免疫と出会う抗原感作の場であるとともに、自己組織とは反応しないように免疫制御が行われる免疫寛容の場でもある。皮膚には、多くのTリンパ球、樹状細胞が存在する。本研究では、免疫臓器としての皮膚の全容を解明し、アレルギー疾患、自己免疫疾患の病態を明らかにし、分子基盤に基づいた治療戦略を確立することを目標とする。

研究主分野

医歯薬学

研究関連分野

生物学

キーワード

  • 皮膚
  • 表皮
  • 角質層
  • アトピー性皮膚炎
  • バリア

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. Yokouchi M, Atsugi T, Logtestijn MV, Tanaka RJ, Kajimura M, Suematsu M, Furuse M, Amagai M, Kubo A.:
    "Epidermal cell turnover across tight junctions based on Kelvin's tetrakaidecahedron cell shape."
    eLife 5:e19593. (2016).
  2. Kobayashi T, Glatz M, Horiuchi K, Kawasaki H, Akiyama H, Kaplan DH, Kong HH, Amagai M, Nagao K.:
    "Dysbiosis and Staphylococcus aureus colonization drives inflammation in atopic dermatitis."
    Immunity 42, 756-66. (2015).
  3. Matsui T and Amagai M.:
    "Dissecting the formation, structure and barrier function of the stratum corneum."
    Int. Immunol. 27: 269-80, (2015).
  4. Sasaki T, Shiohama A, Kubo A, Kawasaki H, Ishida-Yamamoto A, Yamada T, Hachiya T, Shimizu A, Okano H, Kudoh J, Amagai M.:
    "A homozygous nonsense mutation in the gene for Tmem79, a component for the lamellar granule secretory system, produces spontaneous eczema in an experimental model of atopic dermatitis."
    J Allergy Clin Immunol 132 (5): 1111-1120 e1114, 2013
  5. *Kawasaki H, Nagao K, Kubo A, Hata T, Shimizu A, Mizuno H, Yamada T, Amagai M.:
    "Altered stratum corneum barrier and enhanced percutaneous immune responses in filaggrin-null mice."
    J Allergy Clin Immunol, 129 (6): 1538-1546, 2012
  6. *Kubo A, Nagao K, Amagai M.:
    "Epidermal barrier dysfunction and cutaneous sensitization in atopic diseases."
    J Clin Invest 122 (2), 440-447, 2012
  7. *Kubo A, Nagao K, Yokouchi M, Sasaki H, Amagai M.:
    "External antigen uptake by Langerhans cells with reorganization of epidermal tight junction barriers."
    J Exp Med 206 (13):2937-2946, 2009
  8. *Stanley J R and Amagai M.:
    "Pemphigus, bullous impetigo, and the staphylococcal scalded-skin syndrome."
    N Eng J Med 355: 1800-1810, 2006
  9. *Amagai M, Matsuyoshi N, Wang ZH, Andl C, Stanley JR.:
    "Toxin in bullous impetigo and staphylococcal scalded skin syndrome targets desmoglein 1."
    Nature Medicine 6: 1275-1277, 2000
  10. *Amagai M, Tsunoda K, Suzuki H, Nishifuji K, Koyasu S, Nishikawa T.:
    "Use of autoantigen knockout mice to develop an active autoimmune disease model of pemphigus."
    J Clin Invest 105: 625-631, 2000

メンバーリスト

主宰者

天谷 雅行
チームリーダー

メンバー

松井 毅
副チームリーダー
平林 愛
リサーチアソシエイト
古市 祐樹
大学院生リサーチ・アソシエイト
伊東 可寛
大学院生リサーチ・アソシエイト
森本 亜里
大学院生リサーチ・アソシエイト
臼井 景子
大学院生リサーチ・アソシエイト
横尾 里佳
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22

masayuki.amagai [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク