研究紹介

統合生命医科学研究センター

ヒト疾患モデル研究グループ

グループディレクター 石川 文彦 (M.D., Ph.D)
石川 文彦 (M.D., Ph.D)

本研究グループにおいては、ヒト造血・免疫の生理的状態を再現するヒト化マウスを作製しています。ヒト化マウスを用いて、造血・免疫組織中に存在するヒト細胞の分化・成熟過程を解析しており、疾患に対するヒト免疫応答の評価も行っています。これまで高率なヒト造血幹細胞の生着と多様なヒト免疫細胞の分化と成熟の実現を目指してきましたが、さらに、免疫環境のヒト化を通してヒトに近い免疫系の再構築を目指しています。また、正常なヒト免疫系を構築したマウスの作製だけでなく、遺伝的に免疫の欠損した原発性免疫不全症や造血器悪性疾患である白血病の患者病態を再現する白血病のヒト化モデルマウスを作製しています。このような疾患モデルシステムを用いて、あらたな遺伝子細胞治療の開発、白血病の再発の原因の解明や、白血病幹細胞を標的とした治療法の開発など、免疫学・血液学におけるトランスレーショナルリサーチを行っています。

研究主分野

免疫学

研究テーマ

  • 免疫系ヒト化マウス(humanized mouse)を用いたヒト造血・免疫細胞分化の解析
  • 急性骨髄性白血病幹細胞の同定と白血病再発の原因解明
  • 原発性免疫不全症を再現するヒト疾患モデルマウスの作製

主要論文

  1. Najima Y, Tomizawa- Murasawa M, Saito Y, Watanabe T, Ono R, Ochi T, Suzuki N, Fujiwara H, Ohara O, Shultz LD, Yasukawa M, Ishikawa F.:
    "Induction of WT1-specific human CD8+ T cells from human HSCs in HLA class I Tg NOD/SCID/IL2rgKO mice"
    Blood 127 , 722-34, 2016
  2. Aoki Y, Watanabe T, Saito Y, Kuroki Y, Hijikata A, Takagi M, Tomizawa D, Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Kaneko A, Ono R, Sato K, Suzuki N, Fujiki S, Koh K, Ishii E, Shultz LD, OharaO, Mizutani S, Ishikawa F.:
    "Identification of CD34+ and CD34- leukemia-initiating cells in MLL-rearranged human acute lymphoblastic leukemia"
    Blood 125, 967-80, 2015.
  3. Saito Y, Yuki H, Kuratani M, Hashizume Y, Takagi S, Honma T, Tanaka A, Shirouzu M, Mikuni J, Handa N, Ogahara I, Sone A, Najima Y, Tomabechi Y, Wakiyama M, Uchida N, Tomizawa-Murasawa M, Kaneko A, Tanaka S, Suzuki N, Kajita H, Aoki Y, Ohara O, Shultz LD, Fukami T, Goto T, Taniguchi S, Yokoyama S and Ishikawa F.:
    "A Pyrrolo-Pyrimidine Derivative Targets Human Primary AML Stem Cells in Vivor"
    Sci Transl Med 5, 181ra52, 2013.
  4. Takagi S, Saito Y, Hijikata A, Tanaka S, Watanabe T, Hasegawa T, Mochizuki S, Kunisawa J, Kiyono H, Koseki H, Ohara O, Saito T, Taniguchi S, Shultz LD, Ishikawa F.:
    "Membrane-bound human SCF/KL promotes in vivo human hematopoietic engraftment and myeloid differentiation."
    Blood 119, 2768-2777, 2012.
  5. Tanaka S, Saito Y, Kunisawa J, Kurashima Y, Wake T, Sazuki N, Shultz LD, Kiyono H, Ishikawa F.:
    "Development of mature and functional human myeloid subsets in hematopoietic stem cell-engrafted NOD/SCID/IL2rγKO mice"
    J Immunol 188, 6145-55, 2012.
  6. Shultz LD, Saito Y, Najima Y, Tanaka S, Ochi T, Tomizawa-Murasawa M, Doi T, Sone A, Suzuki N, Fujiwara H, Yasukawa M, Ishikawa F.:
    "Generation of functional human T-cell subsets with HLA-restricted immune responses in HLA class I exprtessing NOD/SCID/IL2rγnull humanized mice."
    Proc Natl Acad of Sci U S A 107, 13022-7, 2010.
  7. Saito Y, Uchida N, Tanaka S, Suzuki N, Tomizawa-Murasawa M, Sone A, Najima Y, Takagi S, Aoki Y, Wake A, Taniguchi S, Shultz LD, Ishikawa F.:
    "Induction of cell cycle entry eliminates human leukemia stem cells in a mouse model of AML"
    Nat Biotechnol 28, 275-80, 2010.
  8. Saito Y, KitamuraH, Hijikata A, Tomizawa-Murasawa M, Tanaka S, Takagi S, Uchida N, Suzuki N, Sone A, Najima Y, Ozawa H, Wake A, Taniguchi S, Shultz LD, Ohara O, Ishikawa F.:
    "Identification for therapeutic targets for quiescent chemotherapy-resistant human AML stem cells"
    Sci Transl Med 2, 17ra9, 2010.
  9. Ishikawa F, Yoshika S, Saito Y, Hijikata A, Kitamura H, Tanaka S, Nakamura R, Tanaka T, Tomiyama H, Saito N, Fukata M, Miyamoto T, Lyons B, Ohshima K, Uchida N, Taniguchi S, Ohara O, Akashi K, Harada M, Shultz LD.:
    "Chemotherapy-resistant human AML stem cells home to and engraft within the bone marrow endosteal region"
    Nat Biotechnol 25, 1315-21, 2007.
  10. Shultz LD, Ishikawa F, Greiner DL.:
    "Humanized mice in translational biomedical research"
    Nat Rev Immunol 7, 118-30, 2007.

メンバーリスト

主宰者

石川 文彦
グループディレクター

メンバー

齊藤 頼子
上級研究員
小野 林太郎
大学院生リサーチ・アソシエイト
佐藤 馨
テクニカルスタッフⅠ
小河原 郁子
テクニカルスタッフⅠ
梶田 博志
テクニカルスタッフⅡ
鈴木 那穂子
テクニカルスタッフⅡ
藤木 さえら
テクニカルスタッフⅡ
金子 晃子
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel: 045-503-9448
Fax: 045-503-7068

fumihiko.ishikawa [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク