研究紹介

統合生命医科学研究センター

免疫細胞治療研究チーム

チームリーダー 藤井 眞一郎 (M.D., Ph.D)

がんワクチン開発を目指した基礎研究を行い、その成果を応用展開し、臨床現場での実用化を目指したトランスレーショナルリサーチ研究(橋渡し研究)を推進しております。
がん、感染症に罹患しますと、がん細胞や病原微生物など異物に対する自然免疫応答が開始します。特にがんに対しては、自然に排除することは容易ではありませんので、生体防御によりこれらを異物として認識、排除するためには効率の良い自然免疫、獲得免疫の誘導が必要です。我々は、この両者の免疫システムを誘導しうる方法としてナチュラルキラーT(NKT)細胞リガンドとがん抗原から構成される「人工アジュバントベクター細胞」を開発してきました。これは、人工細胞を投与すると、まず自然免疫リンパ球の活性が惹起され、次に樹状細胞の成熟化が促され、最終的に獲得免疫誘導の免疫カスケードが働く新規ドラッグデリバリーシステムです。現在、本研究は文部科学省の橋渡し研究加速ネットワークプログラム(シーズB)に採択され、臨床応用に向けて医薬品機構と薬事戦略相談を進めつつ、非臨床試験を行っております。
理研・IMSは、再生医療実現拠点ネットワークプログラム「疾患・組織別実用化研究拠点」に採択されており、NKT細胞再生によるがん治療を目指しております。我々のチームは、この中でヒトiPS細胞由来NKT細胞の機能を評価し、非臨床試験における抗腫瘍評価の為のマウスモデルの樹立に取り組んでおります。また我々は、国立病院機構との包括協定のもと、がんに対するNKT細胞活性化療法の共同臨床研究を進めております。この臨床研究は、術後再発予防を目的として肺がん患者を対象としてα-ガラクトシルセラミド付加樹状細胞療法の第II相2重盲検試験です。我々のチームは、国立病院で治療を受けた患者の免疫学的解析を進めております。このように基礎研究の成果を迅速に臨床への開発研究に展開するトランスレーショナルリサーチ研究の促進化と実際に第I/II相試験臨床研究を行うことにより、両者からのフィードバックを見据えた研究を推進しております。

研究主分野

免疫学

研究関連分野

生物学 & 生化学 / 臨床医学

研究テーマ

  • 多機能性がんワクチン人工アジュバントベクター細胞の開発
  • 自然免疫と獲得免疫を連結させる樹状細胞機構の解明
  • 坦癌微小環境における免疫抑制機構の解明
  • ヒトiPS細胞由来ナチュラルキラーT細胞の作製とトランスレーショナルリサーチ研究の促進
  • 術後再発予防を目的として非小細胞肺がんを対象としたα-ガルセル付加樹状細胞療法の第II相臨床試験

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. Fujii S, Shinga J, Yamsaki S, Sato Y, Asakura M, Shimizu K.:
    "In vivo targeting of dendritic cells with artificial adjuvant vector cells (aAVC) as a novel cancer immunotherapy."
    Inflammation and Immunity in Cancer, Springer Japan KK, Tokyo (in press)
  2. *Sato Y, Shimizu K, Shinga J, Hidaka M, Kawano F, Kakimi K, Yamasaki S, Asakura M, Fujii S.:
    "Characterization of the myeloid-derived suppressor cell subset regulated by NK cells in malignant lymphoma."
    OncoImmunol (in press)
  3. Shimizu K, Sato Y, Shinga J, Watanabe T, Endo T, Asakura M, Yamasaki S, Kawahara K, Kinjo Y, Kitamura H, Watarai H, Ishii Y, Tsuji M, Taniguchi M, Ohara O, Fujii S.:
    "KLRG+ invariant natural killer T cells are long-lived effectors."
    Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 111:12474-9.
  4. *Hosoi A, Matsushita H, Shimizu K, Fujii S, Ueha S, Abe J, Kurachi M, Maekawa R, Matsushima K, Kakimi K:
    "Adoptive cytotoxic T lymphocyte therapy triggers a counter-regulatory immunosuppressive mechanism via recruitment of myeloid-derived suppressor cells."
    Int. J. Cancer 2014, 134:1810-1822.
  5. Shimizu, K., Asakura, M., Shinga, J., Sato, Y., Kitahara, S., Hoshino, K., Kaisho, T., Schoenberger, SP., Ezaki, T., and Fujii, S.:
    "Invariant NKT cells induce plasmacytoid DC cross-talk with conventional DCs for efficient memory CD8+ T cell induction."
    J Immunol. 2013, 190(11):5609-19.
  6. Fujii S and Shimizu K.:
    "Immunotherapy with artificial adjuvant vector cells (aAVCs): harnessing both arms of the immune response."
    OncoImmunol 2013, 2(4):e23432.
  7. Vizcardo R, Masuda K, Yamada D, Ikawa T, Shimizu K, Fujii S, Koseki H, Kawamoto H.:
    "Regeneration of antigen-specific T cells from iPS cells derived from human CD8+ mature T cells."
    Cell Stem Cell 2012, 12:31-36.
  8. Shimizu K, Mizuno T, Shinga J, Asakura M, Kakimi K, Ishii Y, Masuda K, Maeda T, Sugahara H, Sato Y, Matsushita H, Nishida K, Hanada KI, Dörrie J, Schaft N, Bickham K, Koike H, Ando T, Nagai R, Fujii S.:
    "Vaccination with antigen-transfected, NKT cell ligand-loaded, human cells elicits robust in situ immune responses by dendritic cells."
    Cancer Res. 2013, 73:62-73.
  9. Shimizu K, Asakura M, Fujii S.:
    "Prolonged antitumor NK cell reactivity elicited by CXCL-10-expressing dendritic cells licensed by CD40L+CD4+ memory T cells."
    J. Immunol. 2011:186:5927-37.a
  10. Asano K, Nabeyama A, Miyake Y, Qiu CH, Kurita A, Tomura M, Kanagawa O, Fujii S, Tanaka M.:
    "CD169-Positive Macrophages Dominate Antitumor Immunity by Crosspresenting Dead Cell-Associated Antigens."
    Immunity 2011, 34:85-95.

メンバーリスト

主宰者

藤井 眞一郎
チームリーダー

メンバー

伊豫田 智典
研究員
佐藤 悠輔
特別研究員
本間 真樹
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel: 045-503-7062
Fax: 045-503-7061

fujiis [at] rcai.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2016年2月: 理研ニュース
PDF(5,898KB)
2014年8月19日: 報道発表資料
記憶免疫機能を持つナチュラルキラーT(NKT)細胞を発見