研究紹介

統合生命医科学研究センター

炎症制御研究チーム

チームリーダー 田中 貴志 (M.D., Ph.D)
田中 貴志 (M.D., Ph.D)

炎症反応とは、病原微生物などの外敵から生体を守る防御機構の1つで、病原体の排除に重要な役割を果たしています。ところが、本来は生体を守るはずの炎症反応が、炎症反応が何らかの原因で過剰にしかも無制限に起こると、自己免疫疾患やアレルギー疾患を引き起こします。本研究室では、生体がこの炎症反応が過剰にならないように制御するメカニズムを解明するとともに、これを担う分子を同定します。最近私たちは、LIM蛋白ファミリーに属する因子群が炎症反応を負に制御していることを見出し、現在はこのLIM蛋白を中心に研究を進めています。将来的には、このような分子を標的にした炎症性疾患の新たな治療法の開発を目指します。

研究主分野

免疫学

研究関連分野

生物学 & 生化学 / 分子生物 & 遺伝学 / 臨床医学 / 神経科学 & 行動科学

研究テーマ

  • 炎症反応制御におけるLIM蛋白の役割の解明
  • 炎症反応を負に制御する分子機構の解明

主要論文

  1. Ono, R., Kaisho, T., Tanaka, T.:
    “PDLIM1 inhibits NF-κB-mediated inflammatory signaling by sequestering the p65 subunit of NF-κB in the cytoplasm”
    Sci. Rep. 5, 18327 (2015)
  2. Tanaka, T., Shibazki, A., Ono, R., Kaisho, T.:
    “HSP70 mediates degradation of the p65 subunit ofnuclear factor κB to inhibit inflammatory signaling”
    Sci. Signal. 7(356), ra119 (2014)
  3. Tanaka, T., Yamamoto, Y., Muromoto, R., Ikeda, O., Sekine, Y., Grusby, M.J., Kaisho, T., Matsuda, T.:
    “PDLIM2 inhibits T Helper 17 cell development and granulomatous inflammation through degradation of STAT3.”
    Sci. Signal. 4(202), ra85 (2011)
  4. Kaisho, T. and Tanaka, T.:
    “Turning NF-κB and IRFs on and off in DCs.”
    Trends Immunol., 29, 329-336 (2008)
  5. Tanaka, T. Grusby, M.J. and Kaisho, T.:
    “PDLIM2-mediated termination of transcription factor NF-κB activation by intranuclear sequestration and degradation of the p65 subunit.”
    Nat. Immunol. 8, 584-591 (2007)
  6. Nakahira, M., Tanaka, T., Robson, B.E., Mizgerd, J.P. and Grusby, M.J.:
    “Regulation of Signal Transducer and Activator of Transcription Signaling by the Tyrosine Phosphatase PTP-BL.”
    Immunity 26, 163-176 (2007)
  7. Tanaka, T., Soriano, M.A. and Grusby, M.J.:
    “SLIM is a nuclear ubiquitin ligase that negatively regulates STAT signaling.”
    Immunity, 22, 729-736 (2005)

メンバーリスト

主宰者

田中 貴志
チームリーダー

メンバー

芝崎 あずさ
特別研究員

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel: 045-503-9283
Fax: 045-503-7064

takashi.tanaka [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2015年12月18日: 報道発表資料
炎症反応を制御する新たな分子を発見