研究紹介

統合生命医科学研究センター

免疫転写制御研究グループ

グループディレクター 谷内 一郎 (M.D., Ph.D)
谷内 一郎 (M.D., Ph.D)

多細胞生物の全ての体細胞はゲノムと呼ばれる同じ遺伝情報を持っていることを鑑みれば、特定の細胞に分化し特定の機能を獲得する為には、ゲノムから必要な遺伝情報を読み出すプログラムを発動する必要があります。転写因子は遺伝子の発現を制御することで、発生・分化プログラムの制御において中心的な役割を担います。当研究グループは、ヒトの健康の維持に必須の免疫システムを構成する種々の免疫細胞がどの様に分化するかを、遺伝子発現制御の側面から研究しています。特に胸腺細胞の細胞運命決定機構とサイレンサーを介した遺伝子発現抑制機構に焦点をあてて研究し、新しい免疫細胞分化制御法の開発基盤技術を提供し、アレルギー、自己免疫疾患等の制御法の開発を目指します。

研究主分野

医歯薬学

研究関連分野

複合領域 / 生物学

研究テーマ

  • 転写因子ネットワークによる免疫細胞分化制御機構
  • サイレンサーによる遺伝子発現の分子機構
  • Runx転写因子ファミリーによる免疫システム機能調節機構

主要論文

  1. Tanaka H, Naito T, Muroi S, Seo W, Chihara R, et.al.:
    "Epigenetic Thpok silencing limits the time window to choose CD4+ helper-lineage fate in the thymus."
    EMBO J. doi:10.1038/emboj.2013.47 (2013).
  2. Reis B, Rogoz A, Costa-Pinto F, Taniuchi I and Mucida D.:
    "Mutual expression of Runx3 and ThPOK regulates intestinal CD4 T cell immunity."
    Nat. Immunol. 14:271-80 (2013).
  3. Mucida D, Husain M.M, Muroi S, van Wijk F, Shinnakasu R, et al.:
    "Transcriptional Reprogramming of Mature CD4 T helper Cells generates distinct MHC class II restricted Cytotoxic T Lymphocytes."
    Nat. Immunol. 14: 281-9 (2013).
  4. Seo W, Ikawa T, Kawamoto H, and Taniuchi I.:
    "Runx1/Cbfb is essential for early B lymphocyte development through regulation of Ebf1 expression."
    J.Exp.Med. 209:1255-62 (2012).
  5. Sakaguchi S, Hombauer M, Bilic I Naoe Y, Schebesta A et al.:
    "The zinc finger protein MAZR is part of the transcription factor network controlling CD4/CD8 cell fate decision of DP thymocytes."
    Nat. Immunol. 11:442-448 (2010).
  6. Collins A, Littman D.R and Taniuchi I.:
    "RUNX proteins in transcription factor networks that regulate T-cell lineage choice."
    Nat. Rev. Immunol. 9:106-15 (2009).
  7. Muroi S, Naoe Y, Miyamoto C, Akiyama K, Ikawa T et al.:
    "Cascading suppression of transcriptional silencers by ThPOK seals helper T cell fate."
    Nat. Immunol. 9:1113-21 (2008).
  8. Setoguchi R, Tachibana M, Naoe Y, Muroi S, Akiyama K et al.:
    "Repression of the Transcription Factor Th-POK by Runx Complexes in Cytotoxic T Cell Development."
    Science 319:816-819 (2008).
  9. Naoe Y, Setoguchi R, Akiyama K, Muroi S, Kuroda M et al.:
    "Repression of interleukin-4 in T helper type 1 cells by Runx/Cbfb binding to the Il4 silencer."
    J.Exp.Med. 204:1749-1755 (2007)
  10. Taniuchi I Osato M, Egawa T, Sunshine M.J, Bae S.-C, et al.:
    "Differential requirements for Runx proteins in CD4 repression and epigenetic silencing during T lymphocyte development."
    Cell 111: 621-33 (2002).

メンバーリスト

主宰者

谷内 一郎
グループディレクター

メンバー

香城 諭
上級研究員
海老原 敬
上級研究員
大石 路子
研究員

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 北研究棟 5F

ichiro.taniuchi [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年9月26日: 報道発表資料
T細胞分化を管理する転写制御機構を解明
2017年8月28日: 報道発表資料
ランゲルハンス細胞の分化機構を解明
2017年5月18日: 報道発表資料
T細胞の分化を制御する転写制御機構を解明