研究紹介

共生生物学プロジェクト (iSYM)

白須 賢 (Ph.D.)
CSRS 植物免疫研究グループ グループディレクター
白須 賢
(Ph.D.)
*CSRS: 環境資源科学研究センター(RIKEN Center for Sustainable Resource Science)

ほとんどの生物は複雑に相互作用し合い、その結果として存在する「共生」関係にあることが知られています。共生生物学プロジェクト(iSYM)は、その共生関係を研究する理研の学際的研究プログラムです。生物多様性は生物間の共生関係を土台に構築されており、私たちを含むあらゆる生命活動の持続可能性を支えています。私たちは、生物が分子レベルでどのように相互作用しているかを理解し、生物間の豊かなコミュニケーションツールを明らかにするとともに、生物が生き残るために生み出した多様な戦略を制御・利用することを目指しています。

主分野

分子生物 / 遺伝学

研究関連分野

物理学 / 生物学 / 生化学 / 免疫学 / 薬学 / 毒物学 / 農学 / 植物 動物学 / 微生物学 / 神経科学 / 行動科学 / 環境 / エコロジー(生態) / 学際研究

研究テーマ

  • 微生物-宿主共生系の総合的な理解
  • 共生研究の推進に資する技術開発と基盤整備
  • バイオ産業の振興に向けた共生系活用手法に関する研究開発

主要論文

  1. Atarashi, K., Suda, W., Luo, C., Kawaguchi, T., Motoo, I., Narushima, S., Kiguchi, Y., Yasuma, K., Watanabe, E., Tanoue, T., Thaiss, C.A., Sato, M., Toyooka, K., Said, H.S., Yamagami, H., Rice, S.A., Gevers, D., Johnson, R.C., Segre, J.A., Chen, K., Kolls, J.K., Elinav, E., Morita, H., Xavier, R.J., Hattori, M., Honda, K.:
    “Ectopic colonization of oral bacteria in the intestine drives TH1 cell induction and inflammation.”
    Science, 358, 359-365. (2017) doi:10.1126/science.aan4526
  2. Ogawa, T., Kryukov, K., Imanishi, T., Shiroguchi, K.:
    “The efficacy and further functional advantages of random-base molecular barcodes for absolute and digital quantification of nucleic acid molecules.”
    Scientific Reports, 7, 13576. (2017) doi:10.1038/s41598-017-13529-3
  3. Yun, C.S., Motoyama, T., Osada, H.:
    “Regulatory Mechanism of Mycotoxin Tenuazonic Acid Production in Pyricularia oryzae.”
    ACS Chemical Biology, 12, 2270-2274. (2017) doi: 10.1021/acschembio.7b00353
  4. Piotrowski, J. S., Li, S. C., Deshpande, R., Simpkins, S. W., Nelson, J., Yashiroda, Y., Barber, J. M., Safizadeh, H., Wilson, E., Okada, H., Gebre, A. A., Kubo, K., Torres, N. P., LeBlanc, M. A., Andrusiak, K., Okamoto, R., Yoshimura, M., van Leeuwen, J., Shirahige, K., Baryshnikova, A., Brown, G. W., Hirano, H., Costanzo, M., Andrews, B., Ohya, Y., Osada, H., Yoshida, M., Myers, C. L., Boone, C.:
    “Functional Annotation of Chemical Libraries across Diverse Biological Processes.”
    Nature Chemical Biology, 13, 982-993.(2017) doi:10.1038/nchembio.2436
  5. Germond, A., Kumar, V., Ichimura, T., Moreau, J., Furusawa, C., Fujita, H., Watanabe, T.M.:
    “Raman spectroscopy as a tool for ecology and evolution. ”
    Journal of the Royal Society Interface,14, 20170174. (2017) doi:10.1098/rsif.2017.0174

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 東研究棟 E618

ken.shirasu [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

イベント・シンポジウムなど

  • 理研国際シンポジウム「Frontiers in Integrated Symbiology」
    2018年6月4日(船堀ホール5F)