研究紹介

予防医療・診断技術開発プログラム (PMI)

林崎 良英 (M.D., Ph.D.)
プログラムディレクター
林崎 良英
(M.D., Ph.D.)
本プログラムでは、理研の各研究センターや企業で行われているさまざまな研究活動から見出される技術シーズを複合的に用いて、医療ニーズの解決を目指します。このため、医療関係者からの医療ニーズの直接聞き取り調査を行うとともに、理研内のシーズの把握、企業との面談を積極的に行っています。現在、疾患のバイオマーカーの探索、感染症を簡便に検知できる診断・検出キット等の分野で製品化を視野に入れた国内外との共同研究開発を実施しています。

研究主分野

分子生物 & 遺伝学

研究関連分野

臨床医学 / 学際研究

研究テーマ

  • 医療ニーズの探索と理研シーズとのマッチング
  • CAGE (Cap Analysis of Gene Expression) 法による疾患バイオマーカーの探索
  • 感染症の迅速検出キットの開発

主要論文

  1. Kawai J., et al.:
    "Functional annotation of a full-length mouse cDNA collection"
    Nature 409, 685-690 (2001)
  2. Okazaki Y, et al.:
    "Analysis of the mouse transcriptome based on functional annotation of 60,770 full-length cDNAs"
    Nature 420, 563-73 (2002)
  3. Carninci P, et al.:
    "The transcriptional landscape of the mammalian genome"
    Science 309, 1559-1563 (2005)
  4. Katayama S, et al.:
    "Antisense transcription in the mammalian transcriptome"
    Science 309, 1564-1566 (2005)
  5. Carninci P. et al.:
    "Genome-wide analysis of mammalian promoter architecture and evolution"
    Nature Genetics 38, 626-635 (2006)
  6. Suzuki H, et al.:
    "The transcriptional network that controls growth arrest and differentiation in a human myeloid leukemia cell line"
    Nature Genetics, 41, 553-62 (2009)
  7. Ravasi T, et al.:
    "An atlas of combinatorial transcriptional regulation in mouse and man"
    Cell 140, 744-752 (2010)
  8. Forrest AR, et al.:
    "A promoter-level mammalian expression atlas"
    Nature 507, 462-470 (2014)
  9. Andersson R, et al.:
    "An atlas of active enhancers across human cell types and tissues"
    Nature 507, 455-461 (2014)
  10. Arner, et al.:
    "Transcribed enhancers lead waves of coordinated transcription in transitioning mammalian cells"
    Science 347, 1010-1014 (2015)

予防医療開発ユニット(各研究センター等に設置)

  • 予防医療迅速診断システム開発ユニット(CLST)
    臼井 健悟 (Ph.D.)