研究紹介

計算科学研究センター

総合防災・減災研究チーム

チームリーダー 大石 哲 (D.Eng.)
大石 哲 (D.Eng.)

総合防災・減災研究ユニットは、神戸市や兵庫県内の実際の都市を対象に地震・津波と集中豪雨といった災害の大規模数値シミュレーションを目的としています。先端的な都市モデルを作り、新しい解析手法を開発することは勿論ですが、数値シミュレーションの成果が防災・減災に役立つよう、「行政と科学」の橋渡しとなることを目指しています。

研究主分野

複合領域

研究関連分野

数物系科学 / 工学

キーワード

  • 都市構造モデル自動化手法
  • 液状化シミュレーション
  • 気象学の工学への応用(予測伝達,被害予測,保険)
  • 水文・河川流出・土砂輸送シミュレーション

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. Chen, J., Supprasert, S., O-tani, H., Fujita, K., Wijerathne, L. and Hori, M.:
    "On elastic waves in granular assemblies: from a continuumnization viewpoint"
    Mechanics of Materials, 109, 101–113, (2017).
  2. Hori, M., Wijerathne, L., Chen, J. and Ichimura, T.:
    "Continuumnization Of Regularly Arranged Rigid Bodies"
    Journal of JSCE, 4(1), 38-45, (2016).
  3. Chen, J., Takeyama, T., O-tani, H., Fujita, K. and Hori, M.:
    "A Framework for Assessing Liquefaction Hazard for Urban Areas Based on Soil Dynamics"
    International Journal of Computational Methods, 13, 1641011, (2016).
  4. Isshiki, M., Asai, M., Eguchi, S. and O-tani, H.:
    "3D Tsunami Run-Up Simulation and Visualization Using Particle Method With GIS-Based Geography Model"
    Journal of Earthquake and Tsunami, 10, 1640020, (2016).
  5. *Syarifuddin, M., Oishi, S., Legono, D.:
    "Lahar Flow Simulation in Merapi Volcanic Area by HyperKANAKO Model"
    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering), 72(4), I_865-I_870 , (2016).
  6. Chen, J., O-tani, H. and Hori, M.:
    "Stability analysis of soil liquefaction using a finite element method based on particle discretization scheme"
    Computers and Geotechnics, 67, 64–72, (2015).
  7. *Oishi, S., Masuda, H.:
    "Study on Optimization of the Integrated Operation of Dams using Ensemble Prediction"
    International Conference on Hydroinformatics, (2014).
  8. Ichimura, T., Fujita, K., Tanaka, S., Hori, M., Lalith, M., Shizawa, Y., Kobayashi, H.:
    "Physics-Based Urban Earthquake Simulation Enhanced by 10.7 BlnDOF x 30 K Time-Step Unstructured FE Non-Linear Seismic Wave Simulation"
    Proceedings of SC’14 (Gordon Bell Finalist), p.15-26, doi:10.1109/SC.2014.7, (2014).
  9. *Hapsari, R.I., Oishi, S., Sunada, K., Sano, T., Sisinggih, D.:
    "Ensemble short-term rainfall-runoff prediction and its application in urban flood risk mapping"
    IAHR Red Book, (2013).
  10. Otani, H., Chen, J. and Hori, M.:
    "Smart Visualization of Urban Earthquake Simulation"
    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1, 69(4), I_95-I_101, (2013).

メンバーリスト

主宰者

大石 哲
チームリーダー

メンバー

堀 宗朗
客員主管研究員
大谷 英之
研究員
永野 康行
客員主管研究員
矢部 正明
客員主管研究員
竹山 智英
客員研究員
市村 強
客員研究員
MADDEGEDARA Lalith
客員研究員
藤田 航平
客員研究員
本山 紘希
客員研究員
CHEN Jian
客員研究員
山野井 一輝
客員研究員