研究紹介

計算科学研究センター

チューニング技術ユニット

ユニットリーダー 南 一生 (Ph.D.)
南 一生 (Ph.D.)

チューニング技術チームは、スーパーコンピュータ「京」の能力を最大限発揮する優れたアプリケーションの開発基盤の整備を目指しています。R-CCS研究チームで開発されているアプリケーション(R-CCSソフトウェア)の性能評価および高度化を実施します。性能解析手法を確立しアプリケーションの高度化を行うため以下の業務を実施します。

  1. R-CCS研究チームで開発されているアプリケーションの性能情報・機能・利用状況等の分析
  2. アプリケーションのチューニング・高並列化
  3. アプリケーションのチューニング・高並列化による計算資源・電力等運用の効率化

これらの業務を通してアプリケーション性能最適化技術の体系化の研究を行います。

研究主分野

情報学

研究関連分野

工学

キーワード

  • 並列処理
  • 高性能アプリケーション
  • 数値解析
  • 分散処理

主要論文

  1. K.Minami et al.:
    "Performance Estimation of Programs by an Extension of the RoofLine Model Considering Cache Effects"
    IPSJ Transactions on Advanced Computing System (ACS) Vol.9 No.2, 1–14 (2016)
  2. Akiyoshi Kuroda et al.:
    "Analysis of the Correlation between Application Performance and Power Consumption on the K Computer (in Japanese)"
    IPSJ Transactions on Advanced Computing System (ACS) Vol.8, No.4, 1-12 (2015).
  3. Kiyoshi Kumahata, Kazuo Minami, Naoya Maruyama.:
    "High-performance conjugate gradient performance improvement on the K computer"
    International Journal of High Performance Computing Applications Vol.30, No.1, 55-70 (2016).
  4. Hasegawa, Y., Iwata, J.I., Tsuji, M., Takahashi, D., Oshiyama, A.,Minami, K., Boku, T., Inoue, H., Kitazawa,Y.,Miyoshi, I., Yokokawa,M.:
    "Performance evaluation of ultra-large-scale first-principles electronic structure calculation code on the K computer"
    The International journal of High Performance Computing Applications Vol.28(3), 335-355 (2014)
  5. Y.Hasegawa,K.Minami et al.:
    "First-principles calculations of electron states of a silicon nanowire with 100,000 atoms on the K computer"
    Proc. of 2011 Int. Conf. for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC’11), November 12-18, Seattle, USA, 1-11 (2011)

メンバーリスト

主宰者

南 一生
ユニットリーダー

メンバー

黒田 明義
開発研究員
熊畑 清
開発研究員
安藤 和人
テクニカルスタッフⅠ