研究紹介

計算科学研究センター

プログラミング環境研究チーム

チームリーダー 佐藤 三久 (Ph.D.)
佐藤 三久 (Ph.D.)

計算科学研究機構で運用されるスーパーコンピュータ「京」は、数十万のプロセッサ(1つのコンピュータの単位)が結合された大規模計算システムです。このような大規模な並列システムを使いこなして計算科学の研究を行うためには、それぞれのプロセッサを協調させて計算を行うためのプログラミングが必要となります。プログラミング環境研究チームでは、このような多数のプロセッサからなる大規模並列システムのためのプログラミングの方法やプログラミング言語と、性能をチューニングするためのツールの研究を行います。プログラミングのモデルおよび言語はシステムとプログラマをつなぐ要であり、「京」の数十万を超える並列性を使いこなすための現実的な言語およびツールを研究開発し、高並列なアプリケーションプログラムの生産性の向上に寄与するとともに、これからのエクサスケールに向かう高性能計算システム実現の基礎となるモデル・言語の研究を推進します。

研究主分野

情報学

キーワード

  • 並列プログラミング言語
  • 並列処理
  • 高性能計算

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. Masahiro Nakao, Hitoshi Murai, Hidetoshi Iwashita, Taisuke Boku, Mitsuhisa Sato.:
    “Implementation and evaluation of the HPC Challenge benchmark in the XcalableMP PGAS language,”
    International Journal of High Performance Computing Applications, Mar. 2017.
  2. Jinpil Lee, Keisuke Tsugane, Hitoshi Murai, Mitsuhisa Sato.:
    “OpenMP Extension for Explicit Task Allocation on NUMA Architecture,”
    12th International Workshop on OpenMP, Nara, Japan, Oct. 2016.
  3. Hitoshi Murai, Taisuke Boku, Matthias S. Müller, Christian Terboven, Joachim Protze, Pablo Reble, Serge G. Petiton, Nahid Emad.:
    “MYX: MUST Correctness Checking for YML & XMP Programs,”
    ISC16/HPCAsia Poster, Frankfurt, Germany, Jun. 2016.
  4. Miwako Tsuji, Jinpil Lee, Taisuke Boku, Mitsuhisa Sato.:
    “SCAMP: A "Pseudo"-Trace Driven Simulation toward Scalable Network Evaluation,”
    ISC16/HPCAsia Poster, Frankfurt, Germany, Jun. 2016.
  5. Jinpil Lee, Tsugane Keisuke, Daisuke Sugiyama, Murai Hitoshi, Mitsuhisa Sato.:
    “XMP-Tasklet: Multitasking in a PGAS Language for Many-Core Clusters,”
    ISC16/HPCAsia Poster, Frankfurt, Germany, Jun. 2016.
  6. Mitsuhisa Sato, Hitoshi Murai, Masahiro Nakao, Hidetoshi Iwashita, Jinpil Lee, Akihiro Tabuchi.:
    “Omni Compiler and XcodeML: An Infrastructure for Source-to-Source Transformation,”
    Platform for Advanced Scientific Computing Conference (PASC16), Lausanne, Switzerland, Jun. 2016.
  7. Miwako Tsuji, Mitsuhisa Sato.:
    “Fault Tolerance Features of a New Multi-SPMD Programming/Execution Environment,”
    Proceedings of First International Workshop on Extreme Scale Programming Models and Middleware, Texas, USA, Nov., 2015.
  8. Hidetoshi Iwashita, Masahiro Nakao, Mitsuhisa Sato.:
    “Preliminary Implementation of Coarray Fortran Translator Based on Omni XcalableMP,”
    The 9th International Conference on Partitioned Global Address Space Programming Models (PGAS2015), Washington, D.C. USA, Sep., 2015.
  9. Hitoshi Sakagami, Hitoshi Murai.:
    “Performance of Three-dimensional Fluid Simulation with XcalableMP on the K computer,”
    ISC 2015, Frankfurt, Germany, Jul. 2015.
  10. *Masahiro Nakao, Hitoshi Murai, Takenori Shimosaka, Akihiro Tabuchi, Toshihiro Hanawa, Yuetsu Kodama, Taisuke Boku, Mitsuhisa Sato.:
    “XcalableACC: Extension of XcalableMP PGAS Language using OpenACC for Accelerator Clusters,”
    Workshop on accelerator programming using directives (WACCPD), New Orleans, LA, USA, Nov., 2014.

メンバーリスト

主宰者

佐藤 三久
チームリーダー

メンバー

村井 均
研究員
辻 美和子
研究員
中尾 昌広
研究員
児玉 祐悦
研究員
LEE Jinpil
特別研究員
小田嶋 哲哉
特別研究員
八木 学
特別研究員
來山 至
テクニカルスタッフⅠ
中島 研吾
客員主管研究員
八杉 昌宏
客員主管研究員
坂上 仁志
客員主管研究員
WYLIE Brian
客員研究員
FELD Christian
客員研究員
岩下 英俊
客員研究員
GIMENEZ LUCAS Judit
客員研究員
SHENDE Sameer
客員研究員
下司 雅章
客員研究員