研究紹介

光量子工学研究領域

光量子技術基盤開発グループ

グループディレクター 和田 智之 (Ph.D.)
和田 智之 (Ph.D.)

光や量子は、素粒子、宇宙科学、生物学、物性研究など基礎科学の領域ばかりでなく、先端の農業、地球規模の環境計測のためのリモートセンシング、超高齢化社会に対応する医療、低炭素化を実現する新エネルギー分野などの幅広い分野において応用が期待されています。特に、産業におけるイノベーションの実現や、我が国が抱える社会問題にブレークスルーを与えるためには、光学素子、光源、光検出技術、量子ビーム、光量子制御にかかわる技術基盤の確立が急務です。当グループでは、具体的な用途に特化した特殊レーザーおよびレーザーを利用したミューオン・中性子等の量子の発生制御技術の開発(光量子制御技術開発チーム)、実用化が期待される小型中性子源の開発と応用(中性子ビーム技術開発チーム)、これらを支える精密光学素子の開発(先端光学素子開発チーム)、さらに工学の総合支援(技術基盤支援チーム)を推進します。

研究主分野

工学

研究関連分野

数物系科学 / 生物学 / 農学 / 医歯薬学

キーワード

  • 素粒子制御・計測
  • 医療・農業計測
  • 微量ガス計測
  • 自然エネルギー利用
  • 宇宙利用

組織