研究紹介

光量子工学研究領域

エクストリームフォトニクス研究グループ

グループディレクター 緑川 克美 (D.Eng.)
緑川 克美 (D.Eng.)

「新しい光は新しい科学・技術を創造する」という概念のもと、地球環境から生体細胞そして原子や電子の動きまで、今まで見ることのできなかった様々な現象を観測するための新しい光源や手法の開拓が強く期待されています。当グループでは、これまで理化学研究所が独自に開発を進めてきたアト秒パルスレーザーや近接場ナノ光源、生体イメージング等に関する技術ポテンシャルを極限まで追求することにより、誰も見れなかったものを見ることを目指しています。それと同時に、理化学研究所の総合性を活かして様々な光に関する応用研究との強力な連携により、新しい光技術の使い方や応用を提案し、次世代の産業を支える基盤技術の確立を図ります。また、本研究では国内外の先端光科学研究拠点との有機的な連携を通じて、若い研究者の育成と我が国の光科学の発展に貢献します。

研究主分野

総合理工

研究関連分野

情報学 / 化学 / 工学 / 生物学

キーワード

  • アト秒科学
  • 超短パルスレーザー
  • 高強度レーザー科学
  • レーザー加工
  • 多光子顕微鏡

組織