研究紹介

イノベーション推進センター

ガラス成形・光学シミュレーション研究チーム

チームリーダー 石山 英二
副チームリーダー 山形 豊 (D.Eng.)
石山 英二 山形 豊

ガラスのプレス成形技術は、複雑な形状を持つ光学製品の製造に必要な技術ですが、成形条件探索のために行われる試行錯誤が生産現場で問題とされています。本研究チームでは、シミュレーションによる解決を目指し、理研で開発された弾塑性構造解析ソルバーを元に、粘弾性、構造緩和などガラス特有の物性を計算できる成形シミュレーションコードの開発、様々な光学ガラス材料の物性値の測定とデータベース化、光線追跡シミュレーションとの連携を行い、ガラスに特化した成形シミュレーション・光学シミュレーションの実用化を目指します。

研究主分野

コンピューター科学

研究関連分野

物理学 / 工学 / 材料科学

研究テーマ

  • ガラス成形シミュレーションコードの開発
  • 光学シミュレーションコードの開発

主要論文

  1. Morita, S., Nishidate, Y., Nagata, T., Yamagata, Y., Teodosiu, C.:
    "Ray-tracing simulation method using piecewise quadratic interpolant for aspheric optical systems"
    Applied Optics 49(18), 3442-3451 (2010).
  2. 森田晋也, 山形豊:
    "異方性圧縮SLIM法による精密非球面光学素子測定点群の近似曲面生成"
    砥粒加工学会誌 55(1), 30-34 (2011).
  3. 石山英二, 福田達也, 相澤龍彦, 山形豊:
    "ガラスモールドシミュレーションコード「V-Glace」の研究開発"
    ガラス討論会講演要旨集 55, 37 (2014).