研究紹介

仁科加速器研究センター

生物照射チーム

チームリーダー 阿部 知子 (D.Agr.)

生物照射チームでは、仁科加速器研究センターの重イオン加速器で、高速重イオンが生物に与えるさまざまな効果の研究およびその応用として植物の育種を行っています。高速の重イオンは同じ線量のX線ガンマ線にくらべて局在化した高密度の電離を起こします。このため生体に対しては修復の困難なDNA二重鎖切断による変異を引き起こしやすいです。特に、理研リングサイクロトロンの重イオンビームはエネルギーが高いので飛程が長く、空気中・容器中の生きた試料に照射ができるという特長を持ちます。当チームでは、リングサイクロトロンの生物照射ビームラインで培養細胞、植物、微生物、動物細胞などさまざまな生物試料に炭素から鉄までのイオンビームを照射して、DNA修復の細胞生理学的な研究、植物の育種技術の開発と変異のゲノム解析、グリーンイノベーション創出に向けた研究などを行っています。イオンビーム育種による新品種のいくつかはすでに市場に出回っています。

研究主分野

農学

研究関連分野

生物学 & 生化学 / 分子生物 & 遺伝学 / 植物 & 動物学 / 微生物学

研究テーマ

  • 重イオンビーム照射の変異誘発に関する研究
  • 重イオンビーム照射の変異領域に関する研究
  • 重イオンビーム育種によるグリーンイノベーションの創出

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. Kazama Y., Hirano T., Saito H., Liu Y., Ohbu S., Hayashi Y. and Abe T.:
    "Characterization of highly efficient heavy-ion mutagenesis in Arabidopsis thaliana"
    BMC Plant Biol., 11, 161 (2011)
  2. Cabanos C.S., Katamaya H., Urabe H., Kuwata C., Murota Y., Abe T., Okumoto Y. and Maruyama N.:
    "Heavy-ion beam irradiation is an effective technique for reducing magor allergens in peanut seeds"
    Mol. Breeding 30, 1037-1044 (2012)
  3. Abe T., Ryuto H. and Fukunishi N.:
    "Ion beam radiation mutagenesis"
    in Plant Mutation Breeding and Biotechnology (Shu, Q.Y., ed.), The Joint FAO/IAEA Programme, pp. 95-102 (2012)
  4. Ota S., Matsuda T., Yamazaki T., Kazama Y., Abe T., and Kawano S.:
    "Phenotypic spectrum of Parachlorella kessleri (Chlorophyta) mutants produced by heavy-ion irradiation"
    Bioresour. Technol. 149: 432-438 (2013)
  5. *Yamatani H., Sato Y., Masuda Y., Kato Y., Morita R., Fukunaga K., Nagamura Y., Nishimura M., Sakamoto W., Tanaka A. and Kusaba M.:
    "NYC4, the rice ortholog of Arabidopsis THF1, is involved in the degradation of chlorophyll – protein complexes during leaf senescence"
    Plant J. 74: 652-662 (2013)
  6. Nishiura K, Kazama Y, Abe T, Mizuno N, Nasuda S, and Murai K.:
    “Level of VERNALIZATION 1 expression is correlated with earliness in extra early-flowering mutant wheat lines”
    Breed. Sci. 64: 213-221 (2014).
  7. *Ichida H., Sun X., Imanaga S., Ito Y., Yoneyama K., Kuwata S. and Ohsato S.:
    "Construction and characterization of a copy number-inducible fosmid library of Xanthomonas oryzae pathovar oryzae MAFF311018"
    Gene, 546: 68-72 (2014)
  8. *Shibata, T., Izumi, M., Enomoto, A, Sugiura N., Tauchi,H., and Matsumoto, Y.:
    "Effects of Radiation on Human Body"
    (Japan Radioisotope Association, DVD) (2015)
  9. Hirano T, Kazama Y, Ishii K, Ohbu S, Shirakawa Y, and Abe T.:
    "Comprehensive identification of mutations induced by heavy‐ion beam irradiation in Arabidopsis thaliana"
    Plant J. 82: 93-104 (2015)
  10. Kazama Y, Ishii K*, Aonuma W, Ikeda T, Kawamoto H, Koizumi A, Filatov D, Chibalina M, Bergero R, Charlesworth D, Abe T, Kawano S.:
    "A new physical mapping approach refines the sex-determining gene positions on the Silene latifolia Y-chromosome"
    Scientific Rep. doi: 10.1038/srep18917(2015)

メンバーリスト

主宰者

阿部 知子
チームリーダー

メンバー

風間 裕介
協力研究員
市田 裕之
協力研究員
石井 公太郎
特別研究員
一瀬 勝紀
専任技師
安部 弘
先任技師
森田 竜平
技師
林 依子
テクニカルスタッフⅠ
白川 侑希
テクニカルスタッフⅠ
大部 澄江
テクニカルスタッフⅡ
常泉 和秀
専任研究員
泉 雅子
専任研究員
塚田 晃代
先任研究員
池田 時浩
専任研究員

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1

tomoabe [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2016年9月27日: 報道発表資料
低速多価イオンビームの太さを髪の毛の1/100に
2016年1月8日: 報道発表資料
植物Y染色体遺伝子地図を作成