研究紹介

仁科加速器研究センター

生物照射チーム

チームリーダー 阿部 知子 (D.Agr.)

重イオンビーム品種改良技術として、イオンの種類・スピード・数などを調整し変異率を高める技術と破壊したい遺伝子サイズなどに合わせるオンデマンド照射技術を開発しています。同時に重イオンビームが変異を誘発する機構を解明するMutagenesis研究と変異体を用いて遺伝子機能を決定する新領域Mutagenomics研究を展開しています。本技術で育成した黄色い桜、色鮮やかなペチュニア、不稔となり花持ちが良くなったバーベナなどいくつかの新品種はすでに販売を開始しています。

研究主分野

複合領域

研究関連分野

環境学 / 総合理工 / 総合生物 / 生物学 / 農学

キーワード

  • 品種改良
  • 重イオンビーム
  • 変異誘発
  • ミュータゲノミクス
  • DNA修復

主要論文

  1. Izumi M, Mizuno T, Yanagi K, Sugimura K, Okumura K, Imamoto N, Abe T, and Hanaoka F.:
    "The Mcm2-7-interacting domain of human mini-chromosome maintenance 10 (Mcm10) protein is important for stable chromatin association and origin firing"
    J. Biol. Chem. doi: 10.1074/jbc.M117.779371 (2017)
  2. Ishii K., Kazama Y., Morita R., Hirano T., Ikeda T., Usuda S., Hayashi Y., Ohbu S., Ikeda R., Nakamura Y., Abe T.:
    "Linear Energy Transfer-Dependent Change in Rice Gene Expression Profile after Heavy-Ion Beam Irradiation"
    PLOS ONE 11(7), e0160061 (2016)
  3. Ikeda T., Kojima T., Natsume Y., Kimura J., Abe T.:
    "Stable transmission of slow highly charged ions through tapered glass capillary with active discharging method for sub-micron sized beams"
    Applied Physics Letters 109, Article No. 133501 (2016)
  4. Yamada K., Suzuki H., Takeuchi T., Kazama Y., Mitra S., Abe T., Goda K., Suzuki K., Iwata O.:
    "Efficient selective breeding of live oil-rich Euglena gracilis with fliorescence-actived cell sorting"
    Sci.Rep.6, Article No. 26327 (2016)
  5. Kato M., Masamura N., Shono J., Okamoto D., Abe T., Imai S.:
    "Production and characterization of tearless and non-pungent onion"
    Sci.Rep.6, Article No. 23779 (2016)
  6. Kazama Y., Ishii K., Aonuma W., Ikeda T., Kawamoto H., Koizumi A., D. A. Filatov, M. Chibalina, R. Bergero, D. Charlesworth, Abe T., Kawano S.:
    "A new physical mapping approach refines the sex-determining gene positions on the Silene latifolia Y-chromosome"
    Sci.Rep. 6, Article No.18917 (2016)
  7. Katano M., Takahashi K., Hirano T., Kazama Y., Abe T., Tsukaya H., Ferjani A.:
    "Suppressor Screen and Phenotype Analyses Revealed an Emerging Role of the Monofunctional Peroxisomal Enoyl-CoA Hydratase 2 in Compensated Cell Enlargement"
    Front. Plant Sci. 7, Article 132 (2016)
  8. Morita R., Nakagawa M., Takehisa H., Hayashi Y., Ichida H., Usuda S., Ichinose K., Abe H., Shirakawa Y., Sato T., Fujiwara T. M., Itoh D.R., Abe T.:
    "Heavy-ion beam mutagenesis identified an essential gene for chloroplast development under cold stress conditions during both early growth and tillering stages in rice"
    Biosci. Biotechnol. Biochem. 81(2), .271-282 (2016)
  9. Hirano T, Kazama Y, Ishii K, Ohbu S, Shirakawa Y, and Abe T.:
    "Comprehensive identification of mutations induced by heavy‐ion beam irradiation in Arabidopsis thaliana"
    Plant J. 82: 93-104 (2015)
  10. Abe T., Kazama Y., Hirano T.:
    "Ion beam breeding and gene discovery for function analyses using mutants"
    Nuclear Physics News 25, 30-35 (2015)

メンバーリスト

主宰者

阿部 知子
チームリーダー

メンバー

風間 裕介
協力研究員
市田 裕之
協力研究員
石井 公太郎
特別研究員
一瀬 勝紀
専任技師
安部 弘
先任技師
森田 竜平
技師
林 依子
テクニカルスタッフⅠ
白川 侑希
テクニカルスタッフⅠ
大部 澄江
テクニカルスタッフⅡ
常泉 和秀
専任研究員
泉 雅子
専任研究員
塚田 晃代
先任研究員
池田 時浩
専任研究員

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 生物科学研究棟

tomoabe [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2016年9月27日: 報道発表資料
低速多価イオンビームの太さを髪の毛の1/100に
2016年1月8日: 報道発表資料
植物Y染色体遺伝子地図を作成