研究紹介

仁科加速器研究センター

櫻井RI物理研究室

主任研究員 櫻井 博儀 (D.Sci.)
櫻井 博儀 (D.Sci.)

安定核に比べ陽子、中性子が極端に多い不安定核を生成し、そのエキゾチックな核構造とダイナミクスを次々と明らかにすることが当研究室のテーマです。高速不安定核ビームの特徴を活かした新実験手法をゲリラ的に開発し、アイソスピン非対称に由来する殻構造やダイナミクスの変化などを調べあげます。元素の起源や中性子星の内部構造にも関連する、非対称核物質の状態方程式の解明にも挑戦します。中性子過剰なフッ素同位体での安定性異常、魔法数N~20での34Mgの変形状態、16Cの集団性異常などをより深く探求するとともに、RIビームファクトリーでの実験装置・検出器開発と実験手法の開拓により、中重核領域へと研究対象を拡大し、新領域での新奇現象の発見に挑む。元素合成や超新星爆発の数値シミュレーション、南極氷柱を用いた超新星爆発の歴史と太陽活動の履歴に関する研究も推進しています。

研究主分野

数物系科学

研究関連分野

総合理工

研究テーマ

  • 高速RIビームに適した新手法の開発による不安定核の核構造、ダイナミクスの研究
  • 原子核の安定性と核存在限界の探索
  • 重イオン核反応による非対称核物質状態方程式の研究
  • 学際的宇宙核物理学の推進

主要論文

  1. Nishimura S., Li Z, Watanabe H., Yoshinaga K, et al.:
    "Beta-Decay Half-Lives of Very Neutron-Rich Kr to Tc Isotopes on the Boundary of the r-Process Path: An Indication of Fast r-Matter Flow"
    Phys. Rev. Lett. 106, 052502 (2011)
  2. Doornenbal P, Scheit H, Aoi N, Takeuchi S, et al.:
    "Spectroscopy of Ne-32 and the "Island of Inversion""
    Phys. Rev. Lett. 103, 152503 (2009)
  3. Suzuki D., Iwasaki H., Otsu H., et al.:
    "Breakdown of the Z=8 Shell Closure in Unbound O-12 and its Mirror Symmetry"
    Phys. Rev. Lett. 103, 152503 (2009)
  4. Suzuki D., Iwasaki H., Ong HJ., Imai N., Sakurai H., Nakao T., Aoi N., Baba H., et al.:
    "Lifetime measurements of excited states in C-17:Possible interplay between collectivity and halo effects"
    Physics Letters B 666, 222-227 (2008)
  5. Ong, H. J., Imai, N., Suzuki D., Iwasaki H., Sakurai H., Onishi T.K., Suzuki M.K., Ota S., Takeuchi S., Nakao T., et al.:
    "Lifetime measurements of first excited states in C-16, C-18"
    Physical Review C 78, 014308 (2008)
  6. Madokoro, H., Shimizu, T., and Motizuki, Y.:
    "Importance of prolate neutrino radiation in core-collapse supernovae: the reason for the prolate geometry of SN1987A?"
    Pub. Astron. Soc. Japan, 56, 663-669 (2004)
  7. T.K. Onishi, A. Gelberg, H. Sakurai et al.:
    "Gamow-Teller decay of the T=1 nucleus 46Cr"
    Phys. Rev. C 72, 024308 (2005)
  8. Notani, M., Sakurai, H., Aoi, N., Yanagisawa, Y., Saito, A., Imai, N., Gomi, T., Miura, M., Michimasa, S., Iwasaki, H., Fukuda, N., Ishihara, M., Kubo, T., Kubono, S., Kumagai, H., Lukyanov, S.M., Motobayashi, T., Onishi, T.K., Penionzhkevich, Yu.E., Shim.:
    "New neutron-rich isotopes, 34Ne, 37Na and 43Si, produced by fragmentation of a 64A MeV 48Ca beam"
    Physics Letters B 542, 49-54 (2002).
  9. Yoneda, K., Sakurai, H., Gomi, T., Motobayashi, T., Aoi, N., Fukuda, N., Futakami, U., Gacsi, Z., Higurashi, Y., Imai, N., Iwasa, N., Iwasaki, H., Kubo, T., Kunibu, M., Kurokawa, M., Liu, Z., Minemura, T., Saito, A., Serata, M., Shimoura, S., Takeuchi, S.:
    "Deformation of 34Mg studied via in-beam -ray spectroscopy using RI beam fragmentation"
    Physics Letters B 499, 233-237 (2001).
  10. Sakurai, H., Lukyanov, S.M., Notani, M., Aoi, N., Beaumel, D., Fukuda, N., Hirai, M., Ideguchi, E., Imai, N., Ishihara, M., Iwasaki, H., Kubo, T., Kusaka, K., Kumagai, H., Nakamura, T., Ogawa, H., Penionzhkevich, Yu.E., Teranishi, T., Watanabe, Y.X., Yone.:
    "Evidence for particle stability of 31F and particle instability of 25N and 28O"
    Physics Letters B 448, 180-184 (1999).

メンバーリスト

主宰者

櫻井 博儀
主任研究員

メンバー

市原 卓
副主任研究員
西村 俊二
先任研究員
中井 陽一
専任研究員
小濱 洋央
専任研究員
磯部 忠昭
専任研究員
鈴木 大介
研究員
DOORNENBAL Pieter Christiaan
研究員
WANG He
国際特別研究員
SOEDERSTROEM Paer-Anders
国際特別研究員
西村 美月
協力研究員
STEPPENBECK David
協力研究員

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1

sakurai [at] ribf.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

最新の研究成果

2017年6月14日: 報道発表資料
二つの形が共存している原子核の発見
2017年5月19日: 報道発表資料
ガンマ線を放出する非束縛状態の発見
2017年2月21日: 報道発表資料
ジルコニウム-110原子核の形と魔法数
2017年2月17日: 報道発表資料
中性子過剰核94種の寿命測定に成功
2017年2月13日: 報道発表資料
パラジウム-107の核変換