研究紹介

放射光科学総合研究センター

SACLA利用技術開拓グループ

グループディレクター 岩田 想 (Ph.D.)
岩田 想 (Ph.D.)

我々のグループは医・薬学に重要でるにもかかわらず、構造解析の難度の高い蛋白質を XFEL を用いて迅速に且つ高分解能で構造決定する技術を確立することを目指しています。測定装置開発を放射光科学総合研究センターの他グループと協力して行うと同時に、主要な創薬ターゲット蛋白質の結晶を作製することにより、蛋白質生産、データ収集、構造解析及び機能解析までを連続して行うことを目指します。ナノ結晶から出発し、将来的には一分子回折実験を行い、シミュレーションと組みあわせて蛋白質のダイナミックス研究を行うことのできる装置及び体制を築く創薬ターゲット膜タンパク質のナノ結晶を用いた構造解析を主分野としますが一分子X線回折実験とスパコン解析を融合させたダイナミクス研究や超分子複合体の一分子構造解析にも寄与することを目標とします。我々の研究により生命科学分野における、XFEL の利用研究が加速され、創薬研究、先端医療および計算機科学などにも重要な影響を与える事を目指しています。

研究テーマ

  • 創薬ターゲットタンパク質のSACLAを用いた迅速構造解析

メンバーリスト

主宰者

岩田 想
グループディレクター

メンバー

菅原 道泰
特別研究員
田中 智之
リサーチアソシエイト