1. Home
  2. 採用情報
  3. 採用情報検索

特別研究員募集(W20203)

募集研究室

革新知能統合研究センター 目的指向技術研究グループ 認知行動支援技術チーム
(チームリーダー: 大武 美保子)

研究室の概要

革新知能統合研究センターは、文部科学省が推進する「人工知能/ビッグデータ/IoT等の統合プロジェクト」を理化学研究所として実施するため、2016年度から10年のプロジェクトとして設置された研究開発拠点です。高度なコミュニケーションを支える革新的な人工知能技術を中核とし、IoTやビッグデータ解析など情報科学技術分野における最先端技術の研究開発を推進します。 認知行動支援技術チームでは、人工知能が人間の知能を育んだり、人間の知能と人工知能が相互に補完し合ってより高度な知能を実現したりする方法を明らかにすることを目指して、認知行動支援技術を開発しています。特に、社会生活を送る上で必要な人間の知能が損なわれる高齢者の認知機能低下と認知症を予防するために、認知予備力を高める認知行動支援技術を重点的に開発しています。写真を用いた会話支援技術、共想法に立脚した会話支援AI を開発し、認知行動支援システムに実装し、人間の認知面、心理面に与える影響を評価しています。この中で、機械学習に基づいて、課題遂行中の脳波や脳血流データから、高齢者の認知機能低下を予測する技術を開発しています。脳波、脳血流データの機械学習により得られるデータを、認知症のデジタルバイオマーカーとすることを目指しています。

研究チームについては、下記Webページをご参照ください。
認知行動支援技術チーム | 革新知能統合研究センター

募集職種、募集人数及び職務内容

募集職種・人数

特別研究員(裁量労働制)1名

職種としての職務内容は以下の通りです。

特別研究員: 上位職者の育成指導を受けて、チーム等の研究業務を実施する。
原則、博士号取得5年以内の者を特別研究員として採用します。

職務内容

  • (1)JST戦略的創造研究推進事業 AIPネットワークラボ「日独仏AI研究」研究課題「高齢社会のためのAI:AIにより促進される認知機能訓練のための基礎研究と実用的なツールの開発」
  • (2)「認知行動支援システムの開発」

上記(1)(2)プロジェクトのために以下の研究開発に従事していただきます。

  • チームが開発した認知機能介入手法、共想法の介入試験の実施
  • 高齢者の認知機能を判別可能な心理実験課題の設計と実施
  • 共想法に立脚した認知的介入に関するランダム化対照群付比較試験の実施を通じた100名以上の被験者の行動データの収集
  • 介入試験実施前後の脳活動データの収集
  • フランス、ドイツの共同研究者が開発する機械学習ツール(Python’s MNE and BrainDecode frameworks)の収集したデータへの適用
  • 脳波、脳血流データから高齢者の認知機能を予測する機械学習技術の開発
  • 上記実験、手法、開発技術に関する論文、マニュアル、報告執筆
  • その他、上記研究開発に必要な業務の実施

応募資格

  • 博士の学位を有する、あるいは採用日までに取得見込みであること。
  • 機械学習、深層学習、信号処理、パターン認識、計算神経科学、認知神経科学、神経工学、実験心理学、もしくは関連分野で博士号を取得した方、あるいは採用日までに取得見込みの方。
  • 職務内容に書かれた分野に関する能力、すなわち、実証実験、データ収集、データ解析、論文等執筆の能力が十分認められること。
  • 人を対象とする実験の設計と実施、データ収集の経験があること。脳波、脳血流計測の経験があることが望ましい。
  • プロジェクト共同研究者が開発する機械学習技術の実装と評価を行えること。すなわち、Pythonのプログラミング経験があり、Pythonで実装された深層学習プログラムのデータへの適用経験があることが望ましい。
  • 日本側の研究チームに所属する外国人研究者、ならびに、フランス、ドイツの研究者との共同研究に必要な英語によるコミュニケーション能力を有すること。
  • 積極性、協調性、柔軟性があり、臨機応変に対応できること。
  • コミュニケーション能力があり、研究室内外の関係者と連携、協調して業務に従事できる方。

勤務地

事業所名及び住所

理化学研究所 東京地区(東京都中央区日本橋1-4-1)

待遇

  • 1.単年度契約の任期制職員で、評価により「職務内容」(1)に記載のプロジェクト課題 “JST戦略的創造研究推進事業 AIPネットワークラボ「日独仏AI研究」” 終了の2024年3月31日を上限として再契約可能。
  • 2.ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。また、原則として65歳を超えての再契約は行いません。
  • 3.2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。

原則として2ヶ月の試用期間有り。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住居手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に要入会。
専門業務型裁量労働制適用で、1日7時間30分就業したものとみなされます。
休日は、土日、祝日、年末年始(12月29日-1月3日)、当研究所設立記念日。
喫煙場所以外では敷地内禁煙。
その他、当研究所規程による。

  • 理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。
  • 日本学生支援機構奨学金(2003年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り

応募方法及び締切日

提出書類

(日本語または英語)

  • 1.履歴書(写真貼付、Emailアドレスは必須)
    • 履歴書右上の「公募番号」欄には、公募タイトルに記載されているW20203を記載してください。
  • 2.研究業績一覧(主要論文等3報に○印を付ける)
  • 3.主要論文等3報のコピー
  • 4.現職の所属長を含む推薦書2通
    • 現職の所属長から推薦書をもらうのが困難な場合は、第3者による推薦書。
    • 推薦書の宛名は、「革新知能統合研究センター センター長(英語:Director of RIKEN Center for Advanced Intelligence Project)」宛とし、推薦者の捺印もしくは署名が必要です。
    • 推薦者本人から、1)厳封の上、下記“書類送付先”へ郵送、もしくは 2) PDF化した捺印・署名済み推薦書を添付にて“書類送付先”へメールにて送付してください。
  • 5.これまでの研究内容および研究計画提案(あわせてA4用紙3枚程度)
  • 6.EU一般データ保護規則(GDPR)に基づく個人情報の取扱に関する同意書

    欧州経済領域(EEA)に居住されている方のみ、上記の同意書をご提出ください。
    EU一般データ保護規則(GDPR)の詳細は、下記をご参照ください。
    European Commission(英語サイト)

応募方法

応募する方は、必ず事前にお問い合わせ先に照会した上で、提出書類をPDFファイルにて、お問い合わせ先アドレスまで送付してください。
メールのサブジェクトは「W20203_氏名_応募する職制」としてください。(例:W20203_理研花子_特別研究員)
また、推薦状を依頼するときには、「推薦状_応募者氏名」とするように依頼してください。(例:推薦状_理研花子)

  • 応募書類は返却できませんので予めご了承ください。
  • 審査内容、選考結果に関する個別の問い合わせはお受けできませんので、予めご了承ください。

締切日

候補者決定次第、締め切り

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、国立研究開発法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類審査後、選考通過者のみ面接を実施します。

着任時期

2021年4月1日以降(応相談)

お問い合わせ先・書類送付先

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1
日本橋一丁目三井ビルディング 15階
理化学研究所 革新知能統合研究センター
Email: aip-saiyo [at] ml.riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。
お問い合わせはメールでお願い致します。

Top