1. Home
  2. 採用情報
  3. 採用情報検索

ユニットリーダー(無期雇用職)募集(M22W02)

募集研究室

脳神経科学研究センター 研究基盤開発部門 動物資源開発支援ユニット

募集の概要

国立研究開発法人理化学研究所では、その総合性や学際性を根幹とし、自由な発想を基本理念として従来の研究分野を超えた研究を進める一方、社会の要請に応えるべく戦略的な観点からの研究を推進しています。今回、このような研究活動の中核を担い、中長期的な視点で、下記分野を担うユニットリーダー(無期雇用職)を公募します。

分野:脳神経科学研究における動物資源開発
脳神経科学研究センター(CBS)では、多様な脳機能(感覚の受容と認知、情動の発現、記憶の形成・想起・忘却、意志決定、運動の制御など)を分子・細胞・回路・システムレベルで明らかにするための動物実験、ならびに精神神経疾患の仕組みを解明して診断・予防・治療法開発に向けた知見を得るための病態モデル動物の作製と解析などを、精力的に展開しています。脳神経科学分野における動物実験の特徴としては、マウスやラットなどの齧歯類に加えて、ヒトに近い脳高次機能を研究するためにマカクサルやマーモセットといった霊長類が有効に利用されていることが挙げられます。

CBS 研究基盤開発部門の動物資源開発支援ユニットでは、大規模な動物飼育・実験施設の維持管理、研究者への実験動物の提供および動物に係る技術支援を、総勢60名ほど(獣医3名、CBSスタッフ7名、飼育スタッフ約50名)で行っています。動物飼育においては、現在は主に、マウス、ラット、マカクサル、マーモセットを飼育しており、これらの実験動物の健康を維持し効率的に繁殖させています。技術支援としては、発生工学を熟知した専門の技術者による、遺伝子改変マウスの作製、マウス胚操作、抗体作製、マーモセットの帝王切開など、ライフサイエンス研究で広く用いられている各種技術の支援業務などがあります。さらに実験動物の健康管理モニタリング、搬入・搬出手続き、動物実験レンタルスペースの提供など、動物実験に関わる様々な支援業務も行っています。
この公募では、これらの大規模な動物飼育・実験施設の維持管理業務、研究者への実験動物の提供業務および動物に係る技術支援及びその高度化業務を行い、部門長の監督の下で当ユニットを統括する人材を求めます。

CBSの組織概要については、脳神経科学研究センターの紹介ページをご参照ください。

募集職種、募集人数

ユニットリーダー(無期雇用職)1名

応募資格

動物資源開発分野において国際的に牽引するレベルの実力があり、脳神経科学関連であるなしに関わらず、動物資源開発において優れた研究開発実績を有する者。国籍は問わない。日本国内で有効な獣医師免許を保有していることが望ましい。齧歯類および霊長類の飼育経験ならびに大型動物飼育施設の維持管理の経験があること。

勤務地

事業所名及び住所

理化学研究所 和光地区(埼玉県和光市広沢2-1)

待遇

無期雇用職員(60歳定年)。65歳までの再雇用制度あり。

原則として2ヶ月の試用期間有り。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、固定給596,500円(月額)と変動給により構成されます。固定給月額は所内規程の改正等により変更となる場合があります。変動給は経験、能力、実績に応じて毎年度決定されます。
通勤手当、住宅手当の支給有り。社会保険の適用有り。賞与ならびに退職金の支給はありません。
(採用時の年俸額の目安について)
博士課程終了後10年程度の経験、能力、実績を有する場合の採用時の年俸額は910万円程度になります。

理研共済会(互助組織)に要入会。

就業時間は、9:00-17:20(休憩12:00-12:50)を原則とし、業務遂行の妨げにならない場合、各自の判断により始業時刻及び終業時刻を変更することができます。

休日は、土日、祝日、年末年始(12月29日-1月3日)、当研究所設立記念日。
理化学研究所では、新型コロナウイルス感染拡大防止措置のため、時限的・特例的な対応として、在宅勤務を導入しています。研究所の指示により在宅勤務とすることがあり得ます。また、所属長の許可のもと、在宅勤務を選択することが可能です。
喫煙場所以外では敷地内禁煙。
その他、当研究所規程による。

研究所の経営状況、予算状況、事業見直し等により、将来、当研究所規程に基づき、職務、職位、職名、勤務地の変更を命じる場合があります。

  • 理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。
  • 日本学生支援機構奨学金(2003年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り

権利、責任

  • ユニットリーダーとして、動物資源開発分野を推進いただく他、種々の活動を通して理化学研究所の運営に参画していただきます。
  • 所内、所外の様々な競争的資金への応募が可能です。
  • 定年制職員、無期雇用職員、任期制職員、基礎科学特別研究員、大学院生リサーチ・アソシエイトを受け入れることができます。
  • 物品購入、研究スペース申請等の権利があります。
  • 研究室員の服務管理、予算執行管理、物品使用管理等に対する責任があります。

応募方法及び締切日

提出書類

全ての書類は日本語もしくは英語で作成のこと

  • 1.履歴書(連絡先メールアドレスを記載のこと)
  • 2.研究・開発業績目録(論文リスト、特許リスト、学会等発表リスト等)
  • 3.外部資金獲得実績、受賞歴、その他の実績(大学や機関等での運営貢献実績、学会活動等の社会貢献実績、共同研究契約実績、技術移転実績など)
  • 4.これまでの動物資源開発・研究および動物実験施設運営の概要(A4用紙2ページ程度)
  • 5.採用された場合の動物資源開発・研究の計画(A4用紙2ページ程度)
  • 6.ユニット運営・人材育成に対する考え方(A4用紙1ページ程度)
  • 7.主要論文5編以内の写し
  • 8.応募者本人を評価できる方2名からの推薦書
    2通の内最低1通は、理化学研究所に所属しない方からのものとします。
    推薦書の様式の指定は特にありませんが、以下の条件をみたすものとします。
    • PDF形式であること
    • 推薦書内に日付の記載、推薦者の捺印もしくは署名があること
    • 推薦書内の宛名書きが「国立研究開発法人理化学研究所 理事長 松本 紘 殿」であること
  • 9.EU一般データ保護規則(GDPR)に基づく個人情報の取扱に関する同意書

    欧州経済領域(EEA)に居住されている方のみ、上記の同意書をご提出ください。
    EU一般データ保護規則(GDPR)の詳細は、下記をご参照ください。
    European Commission(英語サイト)

応募方法

  • 推薦書以外の提出書類を単一のPDFファイルにまとめ、下記リンク先へアップロードしてください。
    For Unit Leader position, Support Unit for Animal Resources Development, RRD, CBS, RIKEN
  • PDFファイルの名前には、連絡先メールアドレスを必ず含めてください。
  • アップロード完了後、アップロードしたファイル名を kjk-desk [at] riken.jp まで、必ずお知らせください。
  • 推薦書は、推薦者より直接ご提出いただきます。件名を「脳神経科学研究センター ユニットリーダー公募(応募者氏名)の推薦書」とした上で、本文に応募者氏名と推薦者氏名・連絡先を明記の上、2021年8月31日正午 (日本時間)までに kjk-desk [at] riken.jp までメール添付にて送付してください。
  • 7日以内に受領確認のメール返信がない場合は、応募書類が届いていない可能性がありますので、kjk-desk [at] riken.jp までご連絡ください。 ※[at]は@に置き換えてください。

応募書類は返却できませんので予めご了承ください。

締切日

2021年8月31日正午(日本時間)必着

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、国立研究開発法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類審査後、選考通過者のみ面接審査を2021年10月中旬に実施します。また、採用にあたっては役員面接を実施します。

着任時期

2022年4月1日以降なるべく早い時期

備考

  • 審査内容、選考結果に関する個別の問い合わせはお受けできませんので予めご了承ください。
  • 本募集及び当研究所の研究活動については、理研ホームページに掲載しています。

お問い合わせ先

業務内容に関するお問い合わせ先

選考作業部会長 下郡智美(脳神経科学研究センター チームリーダー)
Email: tomomi.shimogori [at] riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

その他のお問い合わせ先

理化学研究所 人事部 研究人事課
Email: kjk-desk [at] riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

Top