1. Home
  2. 採用情報
  3. 採用情報検索

上級研究員、研究員、特別研究員もしくはリサーチアソシエイト募集(IMS202-2101)

募集研究室

生命医科学研究センター ゲノム解析応用研究チーム
(チームリーダー: 寺尾 知可史)

研究室の概要

当研究チームは臨床応用を目標に自己免疫性疾患、血液疾患、悪性腫瘍を代表に幅広い疾患や形質を対象として、遺伝統計学・ゲノム疫学・機械学習(主に深層学習)のアプローチを用いてゲノム解析を行っています。 定性的・定量的に決定されたDNA・RNA配列、SNP/SNVや構造多型を代表とした遺伝多型、エピゲノムなどのゲノム情報とそれらの解析から得られる膨大かつ多層的な情報をゲノム以外の情報と統合し、疾病や形質のメカニズムの解明・マネジメントの改善・治療法の開発へとつなげ、患者さんや社会に還元することを目指します。

募集職種、募集人数及び職務内容

募集職種・人数

上級研究員、研究員、特別研究員もしくはリサーチアソシエイト 1名

職務内容

全ゲノムシーケンスデータ、RNAシーケンスデータを含んだ大規模遺伝的データを用いた関連解析を行うことにより、ヒトゲノムと疾患やヒト形質に関する研究を行う。

職種としての職務内容は以下の通りです。

  • 上級研究員:チームリーダーを補佐し、チームに所属する研究員等を指導するとともに研究課題等を実施する。
  • 研究員:チームの研究課題等を実施する。
  • 特別研究員:上位職者の育成指導を受けてチームの研究課題等を実施する。
  • リサーチアソシエイト:上位職者の指導を受けてチームの研究課題等を実施する。

応募資格

全職種共通

  • 大規模データ解析のために必要なプログラミングスキルを所有すること。
  • 全ゲノムSNPアレイや次世代シーケンサーの配列データの解析経験があること。
  • ゲノムデータを含むオミクスデータの機械学習手法を用いた解析経験があることが望ましい。
  • シーケンスやアレイの遺伝子発現データの解析経験があることが望ましい。
  • 構造多型の知識や解析経験があることが望ましい。
  • これらに限らず幅広い学際的な大規模データ解析の経験があることが望ましい。
  • 遺伝学を基にした疾患研究に熱意・理解があり、社会人としての常識・協調性を備え、周囲との友好関係を築けること。

上級研究員

[職務内容]に関連する分野での博士号取得者で、専門分野での職務経験が5年以上あり、研究室のメンバーの指導も行える方。

研究員

[職務内容]に関連する分野での博士号取得者で、博士号取得後3年以上経過している方。

特別研究員

[職務内容]に関連する分野での博士号取得者で、博士号取得後3年以内の方。

リサーチアソシエイト

[職務内容]に関連する分野での修士号取得者。もしくは同等の能力を有すると認められる方。また、将来的に博士号取得を積極的に目指す方。

勤務地

事業所名及び住所

理化学研究所 生命医科学研究センター
神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22

待遇

契約期間

  • 1.単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。ただし、 特別研究員として採用された場合は評価により採用日から3年を迎えた年度末を上限として再契約可能。
  • 2.ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。また、原則として65歳を超えての再契約は行いません。
  • 3.また、2013年4月1日以降、研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。

試用期間・給与等

原則として2ヶ月の試用期間有り。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住居手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に要入会。
専門業務型裁量労働制適用で、1日7時間30分就業したものとみなされます。

休日

休日は、土日、祝日、年末年始(12月29日-1月3日)、当研究所設立記念日。

その他

理化学研究所では、新型コロナウイルス感染拡大防止措置のため、時限的・特例的な対応として、在宅勤務を導入しています。研究所の指示により在宅勤務とすることがあり得ます。また、所属長の許可のもと、在宅勤務を選択することが可能です。
喫煙場所以外では敷地内禁煙。
当研究所規程による。

  • 理化学研究所は、男女共同参画及びダイバーシティ推進に積極的に取り組み、多様性豊かで活気ある研究環境の整備を進めています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。
  • 日本学生支援機構奨学金(2003年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象となります。また、科学研究費補助金等の外部資金の申請資格があります。

応募方法及び締切日

以下の提出書類をPDFにて、下記の[書類送付先]までメールに添付してお送りください。

  • ※1PDFは内容の分かるファイル名としてください。(例:1履歴書(応募者名).pdf)
  • ※2メールの件名欄には、「応募書類の提出:(IMS202-2101)-ゲノム解析応用研究チーム-(希望職名)(例:研究員)」を記載。
  • ※3提出書類に不備がある場合は選考を行いませんので、ご了承ください。

提出書類

  • 1.履歴書
    • 履歴書は、上記の「履歴書」の文字をクリックしてダウンロードした書式をご使用ください。
    • 履歴書1枚目、右上に、公募番号(IMS202-2101)と希望職名(例:研究員)を明記ください。
  • 2.研究業績一覧(原著論文、総説、特許、などに分けて記載。)
  • 3.これまでの研究概要および成果、着任した場合の研究抱負(A4用紙2ページ以内)
  • 4.現職の所属長からの推薦書 1通
    • 推薦する者のサインもしくは署名捺印したもの以外に、画像化したサインを張り付けたものやメールも可(ただし、その場合は連絡先の記載必須)。
    • 宛名は「生命医科学研究センター センター長」としてください。
    • 現職の所属長から推薦書をもらうのが困難な場合は、第三者による推薦書も可。
    • 推薦する方から直接送付する場合は、下記の[書類送付先]までメールでお送りください。
  • 5.最終学校修了証明書(学位記・卒業証書の写し等も可)
  • 6.科学研究費補助金などの競争的外部資金の取得状況(代表・分担を記載)
  • 7.EU一般データ保護規則(GDPR)に基づく個人情報の取扱に関する同意書

    欧州経済領域(EEA)に居住されている方のみ、上記の同意書をご提出ください。
    EU一般データ保護規則(GDPR)の詳細は、下記をご参照ください。
    European Commission(英語サイト)

締切日

候補者決定次第締切

  • ※1提出いただいた書類は返却いたしませんので、ご了承ください。
  • ※2書類選考結果は、合格者にのみメールで通知いたします。

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、弊所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類選考後、選考通過者のみ、面接選考を実施します。(対面またはリモート面接)

※面接選考に際して発生する旅費・宿泊費等は応募者負担となります。

着任時期

候補者決定後できるだけ早い時期

お問い合わせ先・書類送付先

書類送付先

理化学研究所 横浜事業所 研究支援部
生命医科学研究センター採用担当
Email: IMS-recruit [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

研究に関するお問い合わせ先

理化学研究所 生命医科学研究センター
ゲノム解析応用研究チーム 寺尾知可史
Email: chikashi.terao [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top