1. Home
  2. 採用情報
  3. 採用情報検索

研究員もしくは上級研究員(無期雇用職)募集(22T24)

募集研究室

バイオリソース研究センター マウス表現型解析開発チーム
(チームリーダー: 田村 勝)

研究室の概要

マウス表現型解析開発チームは、国際マウス表現型解析コンソーシアム(IMPC)に参加し、国際標準の表現型解析を通してマウスゲノム上の全遺伝子の機能解明を行うことで国際貢献を果たしています。また、マウス表現型解析の新規技術の研究開発を行なっています。この他、理研BRCが収集したマウスリソースを対象に国際標準のマウス表現型解析プラットフォームを用いた表現型解析を行うことで、マウスリソースの高付加価値化を図っています。さらに、日本マウスクリニック(JMC)として、マウス表現型解析プラットフォームを国内研究コミュニティに提供して、マウス表現型解析に関する研究支援を実施しています。

詳細は、マウス表現型解析開発チームのホームページをご参照ください。

2023年4月以降、マウス表現型解析開発チームは、国際貢献と国内研究支援をさらに強化するため組織改編を実施する予定です。

募集職種、募集人数及び職務内容

募集職種

研究員もしくは上級研究員
なお、採用時の職種は選考を通じて決定します。

募集人数

1名

職務内容

マウス行動解析は、脳機能や精神疾患を調べる上で最も重要なマウス表現型解析の一つです。採用する研究員もしくは上級研究員は、マウス行動解析の専門家として、以下の行動表現型解析技術に関する研究開発とそれらを用いた研究支援業務に従事するとともに、事業運営においても中心的役割を担います。

  • 社会ニーズ・研究ニーズに応じた新規マウス行動表現型解析技術の研究開発を実施します。特に深層学習とイメージング技術を用いた精神疾患に関連する行動表現型の解析技術や行動解析の自動化に関する研究開発を実施します。
  • 国際マウス表現型解析コンソーシアム(International Mouse Phenotyping Consortium: IMPC)に参加し、新規開発したマウス行動表現型解析技術の国際標準化等により国際貢献を果たします。
  • 実験動物開発室と連携して理研BRCのマウスソースの行動表現型解析を行い、それらの系統の高付加価値化を図ります。
  • 研究動向や研究コミュニティの要望を反映して、日本マウスクリニック(Japan Mouse Clinic: JMC)の行動解析パイプラインをアップデートし、最新のJMC行動解析パイプラインにより、国内研究者のマウス行動表現型解析の研究支援を実施します。
  • マウス行動表現型解析業務に従事するテクニカルスタッフに新しい解析技術の習得指導を実施します。
  • 研究コミュニティからの問い合わせに応じて、マウス行動学およびマウス遺伝学の専門的立場から助言と対応を行います。また、国内外の関連学会の活動へ積極的に参加して主導します。

上記、配属先チームの研究開発課題遂行に加え、配属先チームでの各種業務を行います。
上級研究員で採用された場合は、所属長の補佐業務も担います。

応募資格

関連分野の博士号を有すること。もしくはそれに相応する経験を有すること。

採用後の当初勤務地

事業所名及び住所

理化学研究所 筑波地区(茨城県つくば市高野台3-1-1)

待遇

職制

無期雇用職員(60歳定年)。65歳までの再雇用制度(特別嘱託職員制度)あり。
但し、採用時の審査結果によっては任期5年以内の任期制職員として採用され、原則として3年終了後に無期雇用転換審査を実施します。なお、任期制職員として採用された場合の年収・勤務条件は無期雇用職員に準じます。

勤務形態

常勤。専門業務型裁量労働制適用で、1日7時間30分就業したものとみなされます。

待遇

原則として2ヶ月の試用期間有り。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、固定給と変動給により構成されます。変動給額は経験、能力、実績に応じて毎年度決定されます。固定給月額(2022年度実績)は上級研究員の場合440,600円、研究員の場合417,300円ですが、固定給額ならびに変動給額は、所内規程の改正によって変更となる場合があります。
裁量労働手当、通勤手当、住居手当の支給有り。社会保険の適用有り。賞与ならびに退職金の支給はありません。
(採用時の給与額の目安について)
上級研究員として採用の場合:博士課程終了後10年程度の経験、能力、実績を有する場合、採用時の裁量労働手当を含めた月額給与は71万円程度になります。
研究員として採用の場合:博士課程終了後5年程度の経験、能力、実績を有する場合、採用時の裁量労働手当を含めた月額給与は56万円程度になります。

理研共済会(互助組織)に要入会。
休日は、土日、祝日、年末年始(12月29日-1月3日)、当研究所設立記念日。
休暇は、年次有給休暇(採用月に応じて最大年20日)、特別有給休暇(看護、介護など)、ワークライフバランス休暇(採用月に応じて最大年7日)など。
その他、産前産後休業、育児休業、介護休業制度等あり。
理化学研究所では、新型コロナウイルス感染拡大防止措置のため、時限的・特例的な対応として、在宅勤務を導入しています。研究所の指示により在宅勤務とすることがあり得ます。また、所属長の許可のもと、在宅勤務を選択することが可能です。
喫煙場所以外では敷地内禁煙(2024年4月より敷地内全面禁煙となります)。
その他、当研究所規程による。

その他

科学研究費補助金の申請資格有り。日本学生支援機構奨学金(2003年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象。なお、研究室改廃等、経営判断に応じ、転勤・配置転換等の転居を伴う異動を命じる場合があります。

応募方法及び締切日

応募方法

  • 登録後の基本情報の修正、申請書類の再アップロードもできます。また、アップロードされた書類はダウンロードできますので、締切までに必ずご自身でダウンロードいただき、きちんと書類がアップロードできたかをご確認ください。
  • Wordで作成いただいた場合も必ずPDFにしてアップロードしてください。Wordファイルではアップロードできません。

申請書類

  • (1) 研究開発業績目録(論文リスト、特許リスト、講演リスト等)
  • (2) 外部資金獲得実績、受賞歴、その他の実績(学会活動等の社会貢献実績、共同研究契約実績、技術移転実績など)
  • (3)これまでの研究開発概要(A4用紙3ページ程度)
  • (4)採用された場合の研究開発計画と展望(合わせてA4用紙3ページ程度)
  • (5)主要論文 (5編以内)
  • (6)EU一般データ保護規則(GDPR)に基づく個人情報の取扱に関する同意書

    欧州経済領域(EEA)に居住されている方のみ、上記の同意書をご提出ください。
    EU一般データ保護規則(GDPR)の詳細は、下記をご参照ください。
    European Commission(英語サイト)

  • (7) 推薦書2通
    現職の所属長または指導教員からの推薦書1通および、その方以外で理化学研究所に所属しない方からの推薦書1通

注意事項

推薦書を含む全ての申請書類は、日本語または英語で作成の上、PDF形式にてアップロードしてください。白黒/カラーどちらでも構いません。

推薦書について

  • 推薦書は応募者からではなく、推薦者から直接、ご提出頂きます。上記の基本情報登録にて入力いただいた推薦者のEmailアドレスに、推薦書の提出を依頼するメールがkjk-desk [at] spdr-fpr.comより自動送信されますので、誤入力の無いようお願いします。基本情報登録後、推薦者にkjk-desk [at] spdr-fpr.comからのメールが届いているかどうか、必ずご自身でご確認ください。なお、推薦書の提出状況は申請システムからご確認頂けます。
    ※ [at] は@に置き換えてください。
  • 現職の所属長または指導教員から推薦書をもらうのが困難な場合は、第三者による推薦書をご手配ください。
  • 推薦書の様式の指定は特にありませんが、以下の条件をみたすものとします
    • 推薦者の連絡先(名前、所属、職名、電話番号、メールアドレス)、記載日の記載があること
    • 推薦書内の宛名書きが「国立研究開発法人理化学研究所 理事長 五神 真 殿」であること

基本情報登録締切

2022年9月14日 正午(日本時間)

推薦書を含む申請書類の提出期限

2022年9月20日 正午(日本時間)

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、国立研究開発法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類審査後、選考通過者のみ面接審査を実施します。また、採用にあたっては役員面接を実施します。

着任時期

2023年4月1日以降なるべく早い時期

備考

  • 審査内容、選考結果に関する個別の問い合わせはお受けできませんので、予めご了承ください。
  • 提出書類は原則として返却しません。
  • 本募集及び当研究所の研究活動については、理研ウェブサイトに掲載しています。
  • 理化学研究所は、男女共同参画及びダイバーシティ推進に積極的に取り組み、多様性豊かで活気ある研究環境の整備を進めています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。

お問い合わせ先

職務内容に関するお問い合わせ先

バイオリソース研究センター マウス表現型解析開発チーム
チームリーダー 田村 勝
Email: masaru.tamura [at] riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

その他のお問い合わせ先

理化学研究所 人事部 研究人事課
Email: kjk-desk [at] riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

Top