1. Home
  2. 広報活動
  3. お知らせ
  4. お知らせ 2019

2019年3月14日

理化学研究所

理研IMS-JSI国際シンポジウム「RIKEN IMS-JSI International Symposium on Immunology 2019」の開催のお知らせ

理研IMS-JSI国際シンポジウム2019ポスター

2019年6月24日(月)から25日(火)の2日間にわたり、理研IMS-JSI国際シンポジウム「Genetic Craft -Immunity and Biology Networks-」を開催いたします。

本シンポジウムは若手研究者の育成も視野に入れた免疫学の発展をめざし、理化学研究所生命医科学研究センター(IMS)と日本免疫学会(JSI)の合同開催にて、2005年に第1回が開催されて以来、10年以上にわたり毎回約400名の参加者のもと開催しています。

今年度のシンポジウムでは、“Genetic Craft -Immunity and Biology Networks-”をテーマに掲げ(1)炎症、収束、修復、(2)ヒト遺伝学―免疫疾患、(3)神経系と免疫系のクロストーク、(4)最新の医科学研究のツールの4つのトピックスをもとに、国内外の19名の研究者が最先端の研究成果を紹介します。

多くの皆様のお越しをお待ち申し上げております。
理研IMS-JSI国際シンポジウム2019事務局

開催概要

開催日 2019年6月24日(月)~25日(火)
会場 東京大学 伊藤謝恩ホール(本郷キャンパス)
言語 英語
参加費 無料(要:参加申込み)、懇親会(2,000円[予定])
詳細・参加登録 RIKEN IMS-JSI Symposium 2019 Registration Form
※参加登録〆切:2019年6月5日
プログラム等、シンポジウムの詳細は下記ホームページをご覧ください:
RIKEN IMS-JSI Symposium 2019 開催概要|生命医科学研究センター
講演者
  • Hilde CHEROUTRE (理研IMS / La Jolla Institute for Immunology, アメリカ)
  • Paul MARTIN (University of Bristol, イギリス)
  • 三宅 幸子 (順天堂大学)
  • 長田 重一 (大阪大学免疫学フロンティア研究センター)
  • Mauro PERRETTI (Queen Mary University of London, イギリス)
  • 上野 英樹 (Icahn School of Medicine at Mount Sinai, アメリカ)
  • Alain FISCHER (Assistance Publique - Hopitaux de Paris, フランス)
  • Cheng-Lung KU (Chang Gung University, 台湾)
  • 森尾 友宏 (東京医科歯科大学)
  • Federica SALLUSTO (ETH Zurich / IRB-USI Bellinzona, スイス)
  • Stuart TANGYE (Garvan Institute of Medical Research, オーストラリア)
  • Jennifer GOMMERMAN (University of Toronto, カナダ)
  • Martin KERSCHENSTEINER (LMU Munich, ドイツ)
  • 村上 正晃 (北海道大学遺伝子病制御研究所)
  • 鈴木 一博 (大阪大学微生物病研究所)
  • Judi ALLEN (University of Manchester, イギリス)
  • 蓑田 亜希子 (理研IMS)
  • 宮脇 敦史 (理研CBS)
  • Mihai G NETEA (Radboud University Medical Center, オランダ)
問合せ 理研IMS-JSI国際シンポジウム2019事務局
ims-jsi2019[at]ml.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top