1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 革新知能統合研究センター
  4. 社会における人工知能研究グループ

革新知能統合研究センター 創造活動支援における人工知能倫理チーム

チームリーダー 堀 浩一(D.Eng.)

研究概要

堀 浩一 (D.Eng.)

創造活動支援のような領域においては、人工知能は、人間の代わりをするのではなく、人間の活動を知的に支援するためのintelligence amplifierの役割を果たします。従来は、intelligence amplifierは道具に過ぎないので、人間代替型のシステムほどには倫理的問題を引き起こさないであろうと考えられてきました。が、これらの道具も思わぬ問題を引き起こす可能性があります。当チームでは、創造活動支援の研究成果を人工知能倫理の問題に自己適用することにより、倫理的な人工知能の設計を支援する方法を探求し、その成果を倫理的設計支援システムの形で世の中に提供することを目指します。

研究主分野

  • 工学

研究関連分野

  • コンピューター科学
  • 心理学 & 精神医学
  • 社会科学 一般
  • 学際研究

研究テーマ

  • 人工知能倫理
  • 創造活動支援
  • 人工知能と社会

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.*R. Konomura and K. Hori.:
    "FPGA-based 6-dof pose estimation with a monocular camera using non co-planer marker and application on micro quadcopter"
    in Proceedings of the 2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS), pp. 4250–4257, (2016).
  • 2.*R. Konomura and K. Hori.:
    "Phenox: Zynq 7000 based quadcopter robot"
    in ReConFigurable Computing and FPGAs (ReConFig), 2014 International Conference on, pp. 1–6, IEEE, (2014).
  • 3.*R. Konomura and K. Hori.:
    "Visual 3d self localization with 8 gram circuit board for very compact and fully autonomous unmanned aerial vehicles"
    in IEEE International Conference on Robotics and Automation, (2014).
  • 4.*S. Aoki and K. Hori.:
    "Rapid prototyping spiral for creative problem solving in developing countries"
    in The Seventh International Conference on Advances in Computer-Human Interactions (ACHI2014), pp. 172–177, (2014).
  • 5.*K. Miyoshi, R. Konomura, and K. Hori.:
    "Above your hand: direct and natural interaction with aerial robot"
    in ACM SIGGRAPH 2014 Emerging Technologies, p. 8, ACM, (2014).
  • 6.*K. Miyoshi, R. Konomura, and K. Hori.:
    "Entertainment multi-rotor robot that realises direct and multimodal interaction"
    in Proceedings of the 28th International BCS Human Computer Interaction Conference on HCI 2014-Sand, Sea and Sky-Holiday HCI, pp. 218–221, BCS, (2014).
  • 7.*R. Konomura and K. Hori.:
    "Designing hardware and software systems toward very compact and fully autonomous quadrotors"
    in Proc. IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, July (2013).
  • 8.*M. Akaishi, M. Sato, K. Hori, and T. Ishikawa.:
    "A visual analysis tool for finding embedded relations in chronicles"
    in Information Visualisation (IV), 2012 16th International Conference on, pp. 302–307, IEEE, (2012).
  • 9.*M. Sato, M. Akaishi, and K. Hori.:
    "Topic bridging by identifying the dynamics of the spreading topic model"
    Intelligent Interactive Multimedia: Systems and Services, vol. 14, pp. 619–627, (2012).
  • 10.*K. Numa, K. Tanaka, M. Akaishi, and K. Hori.:
    "Reuse and remix: Content recomposition system based on automatic draft generation"
    Journal of Emerging Technologies in Web Intelligence, vol. 2, no. 3, pp. 191–196, (2010).

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

堀 浩一
チームリーダー

お問い合わせ先

〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学工学系研究科 工学部7号館
Email: hori [at] computer.org
※[at]は@に置き換えてください。

Top