1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 革新知能統合研究センター
  4. 汎用基盤技術研究グループ

革新知能統合研究センター マルチエージェント最適化チーム

チームリーダー 岩崎 敦(Ph.D.)

研究概要

岩崎 敦 (Ph.D.)

当チームは、利害が異なる複数の戦略的主体(人工知能/エージェント)からなるマルチエージェントシステムにおいて、最適な資源やサービスを配分する手続き(制度/ルール)の分析や設計を対象としています。伝統的に、資源配分問題は組合せ最適化問題の一つですが、その意思決定を行うエージェントはただ一人であることが前提となっており、自己の利益を増加させるために嘘をつくかもしれない戦略的主体の存在は考慮されていませんでした。そこで、ミクロ経済学におけるゲーム理論の視点から、エージェント達が正直にふるまうインセンティブをもつような制度やルールのあり方を考えます。

研究主分野

  • コンピューター科学

研究関連分野

  • 経済 & 経営学

研究テーマ

  • ゲーム理論
  • マーケットデザイン
  • 最適化

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.Yasushi Kawase and Atsushi Iwasaki.:
    "Near-feasible stable matchings with budget constraints,"
    The proceedings of the 26th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI-2017), to appear
  • 2.*Fuuki Shigenaka, Tadashi Sekiguchi, Atsushi Iwasaki, and Makoto Yokoo.:
    "Achieving Sustainable Cooperation in Generalized Prisoner's Dilemma with Observation Errors,"
    The proceedings of the 31th AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-2017), 677-683
  • 3.*Ryoji Kurata, Naoto Hamada, Atsushi Iwasaki and Makoto Yokoo.:
    "Controlled School Choice with Soft Bounds and Overlapping Types,"
    Journal of Artificial Intelligence Research, 58, 153-184, (2017)
  • 4.*Masahiro Goto, Atsushi Iwasaki, Yujiro Kawasaki, Ryoji Kurata, Yosuke Yasuda, Makoto Yokoo.:
    "Strategyproof matching with regional minimum and maximum quotas,"
    Artificial Intelligence, 235, 40-57, (2016)
  • 5.*Hiroaki Iwashita, Kotaro Ohori, Hirokazu Anai, and Atsushi Iwasaki.:
    "Simplifying Urban Network Security Games with Cut-Based Graph Contraction,"
    The proceedings of the 14th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS-2016), 205-213
  • 6.*Daniel Fragiadakis, Atsushi Iwasaki, Peter Troyan, Suguru Ueda, Makoto Yokoo.:
    "Strategyproof Matching with Minimum Quotas,"
    Transactions on Economics and Computation, 4(1), Article 6, (2015)
  • 7.*Atsushi Iwasaki, Suguru Ueda, Naoyuki Hashimoto, Makoto Yokoo.:
    "Finding core for coalition structure utilizing dual solution,"
    Artificial Intelligence, 222, 49-66, (2015)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

岩崎 敦
チームリーダー

メンバー

BARROTL Nathanael Jules
特別研究員

お問い合わせ先

〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
国立大学法人電気通信大学
Email: iwasaki [at] is.uec.ac.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top