1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター 体軸動態研究チーム

チームリーダー 猪股 秀彦(Ph.D.)

研究概要

猪股 秀彦 (Ph.D.)

発生過程は、複数の細胞が胚という限られた空間の中で互いに情報を交換しながら進行します。このような細胞間のコミュニケーションは、モルフォゲン濃度勾配が中心的な役割を担っています。単純な濃度勾配から再現性の高い発生を保証するためには、発生システムが多少乱れてもモルフォゲンを介して細胞同士がコミュニケーションし柔軟に対応する必要があります(頑強性)。当研究室は、このような頑強性を保証する発生システムを理解するために、モルフォゲン動態の解析、体液動態の解析、濃度勾配を人為的に制御する系の開発を行います。

研究主分野

  • 生物学

研究関連分野

  • 数物系科学
  • 生物学

キーワード

  • 胚発生
  • 濃度勾配
  • 体液動態
  • パターン形成

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.H. Inomata, T. Shibata, T. Haraguchi and Y. Sasai:
    "Scaling of dorsal-ventral patterning by embryo size-dependent degradation of Spemann's organizer signals."
    Cell 153.1296-311 (2013)
  • 2.D. Kamiya, S. Banno, N.Sasai, M. Ohgushi, H. Inomata, K. Watanabe, M. Kawada, R. Yakura, H. Kiyonari, K. Nakao, LM. Jakt, S. Nishikawa and Y. Sasai:
    "Intrinsic transition of embryonic stem-cell differentiation into neural progenitors."
    Nature 470.503-9 (2011)
  • 3.A. Takai, H. Inomata, A. Arakawa, R. Yakura, M. Matsuo-Takasaki and Y. Sasai:
    "Anterior neural development requires Del1, a matrix-associated protein that attenuates canonical Wnt signaling via the Ror2 pathway."
    Development 137.3293-302 (2010)
  • 4.H. Inomata, T. Haraguchi and Y. Sasai:
    "Robust stability of the embryonic axial pattern requires a secreted scaffold for chordin degradation."
    Cell 134.854-65 (2008)
  • 5.A.Arakawa, M. Matsuo-Takasaki, A. Takai, H. Inomata, M. Matsumura, M. Ikeya, K. Takahashi, Y. Miyachi, N. Sasai and Y. Sasai:
    "The secreted EGF-Discoidin factor xDel1 is essential for dorsal development of the Xenopus embryo."
    Dev Biol 306.160-9 (2007)
  • 6.T. Onai, M. Matsuo-Takasaki, H. Inomata, T. Aramaki, M. Matsumura, R. Yakura, N. Sasai and Y. Sasai:
    "XTsh3 is an essential enhancing factor of canonical Wnt signaling in Xenopus axial determination."
    EMBO J 26.2350-60 (2007)
  • 7.*H. Inomata, Y. Nakamura, A. Hayakawa, H. Takata, T. Suzuki, K. Miyazawa and N. Kitamura:
    "A scaffold protein JIP-1b enhances amyloid precursor protein phosphorylation by JNK and its association with kinesin light chain 1."
    J Biol Chem 278.22946-55 (2003)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

猪股 秀彦
チームリーダー

メンバー

松川 晋也
研究員
新實 香緒里
テクニカルスタッフⅠ
金村 節子
テクニカルスタッフⅠ

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3 理研BDR 発生・再生研究棟C 4階
Email: hideino [at] cdb.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top