1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター 細胞機能評価研究チーム

チームリーダー 片岡 洋祐(M.D., Ph.D.)

研究概要

片岡 洋祐 (M.D., Ph.D.)

がんや認知症など多くの病は、身体の中の細胞が正常な機能を失ってしまうことで生じます。当チームは、PET、MRI、蛍光・発光イメージング法・顕微内視鏡・電子顕微鏡などのイメージング技術やオミックス解析技術を駆使し、体を構成する細胞が実際の組織内でどのように機能し、その異常が病態とどのように関わるかを研究しています。特に中枢神経組織幹細胞や前駆細胞、がん組織のイメージング法を確立し、これらの細胞の増殖・分化メカニズムの解明、中枢神経疾患および悪性腫瘍の新しい治療法の開発を目指します。また、疲労病態などの代謝動態の異常を解析し、細胞機能を制御・治療する技術を開発します。

研究主分野

  • 医歯薬学

研究関連分野

  • 総合生物
  • 生物学

キーワード

  • 神経科学
  • 疲労
  • 神経炎症
  • 老化
  • 幹細胞

主要論文

  • 1.Kume S, Nishimura Y, Mizuno K, Sakimoto N, Hori H, Tamura Y, Yamato M, Mitsuhashi R, Akiba K, Koizumi J, Watanabe Y, Kataoka Y.:
    "Music improves subjective feelings leading to cardiac autonomic nervous modulation: A pilot study."
    Front Neurosci, 11: Article 108 (2017).
  • 2.Nakano M, Tamura Y, Yamato M, Kume S, Eguchi A, Takata K, Watanabe Y, Kataoka Y.:
    "NG2 glial cells regulate neuroimmunological responses to maintain neuronal function and survival."
    Sci Rep, 7: 42041 (2017).
  • 3.Tamura Y, Kataoka Y.:
    "PET imaging of neurogenic activity in the adult brain: Toward in vivo imaging of human neurogenesis."
    Neurogenesis, 4: e1281861 (2017).
  • 4.Yamano E, Sugimoto M, Hirayama A, Kume S, Yamato M, Jin G, Tajima S, Goda N, Iwai K, Fukuda S, Yamaguti K, Kuratsune H, Soga T, Watanabe Y, Kataoka Y.:
    "Index markers of chronic fatigue syndrome with dysfunction of TCA and urea cycles."
    Sci Rep, 6: 34990 (2016).
  • 5.Tamura Y, Takahashi K, Takata K, Eguchi A, Yamato M, Kume S, Nakano M, Watanabe Y, Kataoka, Y.:
    "Noninvasive evaluation of cellular proliferative activity in brain neurogenic regions in rats under depression and the treatment by enhanced [18F]FLT PET imaging."
    J Neurosci, 36: 8123-8131 (2016).
  • 6.Iwawaki T, Akai R, Oikawa D, Toyoshima T, Yoshino M, Suzuki M, Takeda N, Ishikawa T, Kataoka Y, Yamamura K.
    "Transgenic mouse model for imaging of interleukin-1β-related inflammation in vivo."
    Sci Rep, 5: 17205 (2015).
  • 7.Kume, S., Yamato, M., Tamura, Y., Jin, G., Nakano, M., Miyashige, Y., Eguchi, A., Ogata, Y., Goda, N., Iwai, K., Yamano, E., Watanabe, Y., Soga, T., and Kataoka, Y.:
    "Potential biomarkers of fatigue identified by plasma metabolome analysis in rats."
    PLOS ONE, 10: e0120106 (2015).
  • 8.Cui Y, Toyoda H, Sako T, Onoe K, Hayashinaka E, Wada Y, Yokoyama C, Onoe H, Kataoka Y, Watanabe Y.:
    "A voxel-based analysis of brain activity in high-order trigeminal pathway in the rat induced by cortical spreading depression."
    Neuroimage, 108: 17-22 (2015).
  • 9.Nakatomi Y, Mizuno K, Ishii A, Wada Y, Tanaka M, Tazawa S, Onoe K, Fukuda S, Kawabe J, Takahashi K, Kataoka Y, Shiomi S, Yamaguti K, Inaba M, Kuratsune H, Watanabe Y.:
    "Neuroinflammation in patients with chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: an 11C-(R)-PK11195 PET study."
    J Nucl Med, 108: 17-22 (2015).
  • 10.Yamato M, Kataoka Y.:
    "Fatigue sensation following peripheral viral infection is triggered by neuroinflammation: who will answer these questions?"
    Neural Regen Res, 10: 203-204 (2015).

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

片岡 洋祐
チームリーダー

メンバー

田村 泰久
副チームリーダー
大和 正典
研究員
久米 慧嗣
研究員
高田 孔美
テクニカルスタッフⅠ
團野 紗莉
テクニカルスタッフⅠ
江口 麻美
テクニカルスタッフⅠ
岡本 麻也子
アシスタント
船曳 和雄
客員主管研究員
前田 光代
客員主管研究員
陳 桂花
研究パートタイマーⅠ
後藤 俊志
大学院生リサーチ・アソシエイト
真柴 里歩
研究パートタイマーⅡ
綿引 優花
研究パートタイマーⅡ
川勝 薫平
研究パートタイマーⅡ

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-3
Email: kataokay [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top