1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター 高機能生体分子開発ユニット

ユニットリーダー 田上 俊輔(Ph.D.)

研究概要

田上 俊輔 (Ph.D.)

当研究室では合成生物学・構造生物学的手法を用いて機能的生体高分子の開発に取り組んでいます。試験管内でのタンパク質複合体の再構成、タンパク質・RNAの試験管内進化、X線結晶構造解析、立体構造をもとにしたタンパク質の改変などにより細胞の動態を制御する分子を作成し、医療や基礎生物学への応用を目指します。

キーワード

  • タンパク質進化
  • タンパク質構造
  • 機能性ペプチド

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. Sumida T, Dubiley S, Wilcox B, Severinov K, Tagami S.:
    "Structural Basis of Leader Peptide Recognition in Lasso Peptide Biosynthesis Pathway"
    ACS Chem. Biol., 14(7), 1619-1627 (2019)
  • 2. *Tagami S, Attwater J, Holliger P.:
    "Simple peptides derived from the ribosomal core potentiate RNA polymerase ribozyme function"
    Nature Chemistry, 9, 325-332 (2017).
  • 3. Tagami S, Sekine S, Minakhin L, Esyunina D, Akasaka R, Shirouzu M, Kulbachinskiy A, Severinov K, Yokoyama S.:
    "Structural basis for promoter specificity switching of RNA polymerase by a phage factor"
    Genes Dev, 28(5), 521-531 (2014)
  • 4. Tagami S, Sekine S, Kumarevel T, Hino N, Murayama Y, Kamegamori S, Yamamoto M, Sakamoto K, Yokoyama S.:
    "Crystal structure of bacterial RNA polymerase bound with a transcription inhibitor protein."
    Nature, 468(7326), 978-982 (2010)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

田上 俊輔
ユニットリーダー

メンバー

八木 創太
研究員
李 佩瑩
研究員
小菅 多美
アシスタント

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町 1-7-22 中央研究棟 5F C516号室
Tel: 045-503-9205

Top