1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター 個体パターニング研究チーム

チームリーダー 濱田 博司(M.D., Ph.D.)

研究概要

濱田 博司 (M.D., Ph.D.)

マウスを用いて、体の左右非対称性が生じる仕組みを研究します。とくに、左右対称性を破るために必要な2種類の繊毛(水流を作り出す回転する繊毛と、水流を感知する動かない繊毛)の機能に注目します。また、卵細胞や精子でのエピジェネテイックを制御する因子の役割、とくに着床する前の早い時期でおこる細胞分化や出生後の発達における役割、老化のよる影響にも注目しています。これらの問題を、遺伝学をベースにしつつ、ライブイメージング・構造生物学・流体工学・数理生物学を取り入れながら、解き明かしたいと思います。

研究主分野

  • 総合生物

研究関連分野

  • 医歯薬学

キーワード

  • 左右非対称性
  • 胚発生
  • 繊毛
  • 生殖細胞のエピジェネテイックス
  • 生殖細胞の老化

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.Takaoka, K., et al.:
    "Both Nodal signaling and stochasticity select for prospective distal visceral endoderm in mouse embryos"
    Nat Commun. Accepted.
  • 2.Minegishi K., et al.:
    "A Wnt5 activity asymmetry and intercellular signaling polarize node cells for breaking left-right symmetry in the mouse embryo"
    Dev. Cell 40:439-452 (2017)
  • 3.*Shinohara K., et al.:
    "Absence of radial spokes in mouse node cilia is required for rotational movement but confers ultrastructural instability as a trade-off."
    Dev Cell 35.236-246 (2015)
  • 4.*Dong, F., et al.:
    "Pih1d3 is required for cytoplasmic preassembly of axonemal dynein in mouse sperm."
    J. Cell. Biol. 204:203-213 (2014)
  • 5.*Takamatsu, A., et al.:
    "Hydrodynamic phase synchronization in mouse node cilia"
    Physical Review Letters.110:248107 (2014)
  • 6.*Nakamura T., et al.:
    "Fluid flow and interlinked feedback loops establish left-right asymmetric decay of Cerl2 mRNA in the mouse embryo."
    Nat Commun. 3.1322 (2012)
  • 7.*Yoshiba S., et al.:
    "Cilia at the node of mouse embryos sense fluid flow for left-right determination via Pkd2."
    Science 338.226-231 (2012)
  • 8.*Shinohara K., et al.:
    "Two rotating cilia in the node cavity are sufficient to break left-right symmetry in the mouse embryo."
    Nat Commun. 3.622 (2012)
  • 9.*Takaoka K., et al.:
    "Origin and role of distal visceral endoderm, a group of cells that determines anterior-posterior polarity of the mouse embryo."
    Nat Cell Biol 13. 743-752 (2011)
  • 10.*Hashimoto M., et al.:
    "Planar polarization of the node cells determines the rotation axis of the node cilia."
    Nat Cell Biol 12.170-176 (2010)

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

濱田 博司
チームリーダー

メンバー

水野 克俊
研究員
井手 隆広
研究員
峰岸 かつら
研究員
清水 なつみ
研究員
宮西 正憲
研究員
TWAN Wang Kyaw
国際プログラム・アソシエイト
CAI XiaoRui
テクニカルスタッフⅠ
梶川 絵理子
テクニカルスタッフⅠ
井川 弥生
テクニカルスタッフⅠ
西村 博美
テクニカルスタッフⅠ

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3 理研BDR 発生・再生研究棟C 3階

Top