1. Home
  2. 研究室紹介
  3. バトンゾーン研究推進プログラム

バトンゾーン研究推進プログラム 糖鎖ターゲティング研究チーム

チームリーダー 下田 泰治
副チームリーダー 田中 克典 (Ph.D.)

研究概要

下田 泰治 田中 克典副チームリーダーの写真

生体に備わっている糖鎖は、細胞表面上や生体高分子中でタンパク質や脂質に付加した状態で存在し、構造の安定化や他との分子認識に寄与しています。理化学研究所 田中克典主任研究員らは、タンパク質の動態や臓器集積性に糖鎖の「クラスター不均一性効果」や「パターン認識」という、生体内での選択的な認識を可能とする分子認識機構が存在することを明らかとし、糖鎖クラスターによる新しいドラッグデリバリーシステム(DDS)の設計を提唱されています。
本チームでは、田中副チームリーダーの研究実績と、株式会社糖鎖工学研究所の高純度大量調製など糖鎖関連技術の融合連携により、革新的な創薬支援ツールや生体分子を用いた糖鎖ターゲッティング技術の構築と産業応用を目指します。

[連携先: 株式会社糖鎖工学研究所]

研究主分野

  • 化学

研究関連分野

  • 生物学

キーワード

  • 糖鎖クラスター
  • アスパラギン結合型糖タンパク質糖鎖(N-結合型糖鎖)
  • パターン認識
  • 分子イメージング
  • 診断と治療

主要論文

  • 1.R. Sibgatullina, K. Fujiki, T. Murase, T. Yamamoto, T. Shimoda, A. Kurbangalieva, K. Tanaka.:
    "Highly reactive “RIKEN click” probe for glycoconjugation on lysines"
    Tetrahedron Lett. 58, 1929-1933 (2017).
  • 2.K. Tsubokura, K. K. H. Vong, A. R. Pradipta, A. Ogura, S. Urano, T. Tahara, S. Nozaki, H. Onoe, Y. Nakao, R. Sibgatullina, A. Kurbangalieva, Y. Watanabe, K. Tanaka.:
    "In vivo gold complex catalysis within live mice"
    Angew Chem. Int. Ed., 56, 3579-3584 (2017).
  • 3.L. Latypova, R. Sibgatullina, A. Ogura, K. Fujiki, A. Khabibrakhmanova, T. Tahara, S. Nozaki, S. Urano, K, Tsubokura, H. Onoe, Y. Watanabe, A. Kurbangalieva, K. Tanaka.:
    "Sequential double “clicks” toward structurally well-defined heterogeneous N-glycoclusters: The importance of cluster heterogeneity on pattern recognition in vivo"
    Adv. Sci., 4, 1600394 (2017).
  • 4.K. Tanaka.:
    "Chemically synthesized glycoconjugates on proteins: Effects of multivalency and glycoform in vivo"
    Org. Biomol. Chem., 14, 7610-7621 (2016).
  • 5.A. Ogura, T. Tahara, S. Nozaki, H. Onoe, A. Kurbangalieva, Y. Watanabe, K. Tanaka.:
    “Glycan multivalency effects toward albumin enable N-glycan-dependent tumor targeting,”
    Bioorg. Med. Chem. Lett., 26, 2251-2254 (2016).
  • 6.A. Ogura, A. Kurbangalieva, K. Tanaka.:
    “Exploring the glycan interaction in vivo: Future prospects of neo-glycoproteins for diagnostics”
    Glycobiology, 26, 804-812 (2016).
  • 7.A. Ogura, T. Tahara, S. Nozaki, K. Morimoto, Y. Kizuka, S. Kitazume, M. Hara, S. Kojima, H. Onoe, A. Kurbangalieva, N. Taniguchi, Y. Watanabe, K. Tanaka.:
    "Visualizing trimming dependence of biodistribution and kinetics with homo- and heterogeneous N-glycoclusters on fluorescent albumin"
    Sci. Rep., 6, 21797 (2016).
  • 8.M. Taichi, S. Kitazume, K. K. H. Vong, R. Imamaki, A. Kurbangalieva, N. Taniguchi, K. Tanaka.:
    "Cell surface and in vivo interaction of dendrimeric N-glycoclusters"
    Glycoconj. J., 32, 497-503 (2015).
  • 9.A. Ogura, A. Kurbangalieva, K. Tanaka.:
    "Chemical glycan conjugation controls the biodistribution and kinetics of proteins in live animals"
    Mini Rev. Med. Chem., 14, 1072-1077 (2014).
  • 10.S. Kitazume, R. Imamaki, A. Kurimoto, K. Ogawa, M. Kato, Y. Yamaguchi, K. Tanaka, H. Ishida, H. Ando, M. Kiso, N. Hashii, N. Kawasaki, N. Taniguchi.:
    "Interaction of platelet endothelial cell adhesion molecule (PECAM) with α 2,6-sialylated glycan regulates its cell surface residency and anti-apoptotic role"
    J. Biol. Chem., 289, 27604-27613 (2014).

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

下田 泰治
チームリーダー

メンバー

田中 克典
副チームリーダー
藤木 勝将
特別研究員
野村 昌吾
特別研究員
AHMADI Peni
特別研究員
中村 佳代
特別研究員
村瀬 健文
客員研究員
小原 雅代
アシスタント
松葉 ゆかり
アシスタント

採用情報

募集職種 応募締切
特別研究員募集(W18067) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 研究交流棟W201, 203, 205
Tel: 048-467-9146
Fax: 048-467-9378

taiji.shimoda [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top