1. Home
  2. 研究室紹介
  3. バトンゾーン研究推進プログラム

バトンゾーン研究推進プログラム 衛星姿勢軌道制御用レーザー開発研究チーム

チームリーダー 福島 忠徳(M.A.E./M.S.A.E.)
副チームリーダー 小川 貴代(Ph.D.)

研究概要

福島 忠徳 (Ph.D.) 小川 貴代 (Ph.D.)

宇宙空間で制御不能になった人工衛星等の宇宙ごみが増えていることは世界的に重要な課題です。本チームはこの解決に向け、パルスレーザー照射によるアブレーション(物質にレーザー光を高エネルギーで照射した際に、物質がプラズマ化や気化することにより、物質が表面から放出される現象)により発生する推力により、制御不能になった人工衛星等を非接触で回転・移動させて除去する衛星に搭載するレーザーアブレーションサブシステムの研究開発を進めます。

[連携先: スカパーJSAT株式会社]

研究主分野

  • 工学

キーワード

  • 宇宙
  • レーザー
  • 宇宙ゴミ
  • アブレーション
  • 推進

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. Katsuhiko Tsuno, Satoshi Wada, Takayo Ogawa, Toshikazu Ebisuzaki, Tadanori Fukushima, Daisuke Hirata, Jun Yamada, and Yuki Itaya.:
    "Impulse measurement of laser induced ablation in a vacuum"
    Optics Express. Vol. 28, Issue 18, pp. 25723-25729 (2020)

刊行物

  • 電気評論2020年8月
    『高輝度レーザーによる宇宙デブリの脱軌道』
    戎崎俊一、福島忠徳、津野克彦、小川貴代、和田智之

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

福島 忠徳
チームリーダー

メンバー

小川 貴代
副チームリーダー
戎崎 俊一
上級研究員
丸山 真幸
研究員
津野 克彦
テクニカルスタッフⅠ
河合 嘉治
テクニカルスタッフⅠ
足立 数馬
客員研究員
板谷 優輝
客員研究員
平田 大輔
客員研究員

採用情報

募集職種 応募締切
テクニカルスタッフⅠ(裁量労働制)またはテクニカルスタッフⅡ(非裁量労働制)募集(W20054) ポストが決まり次第
研究員または特別研究員募集(W20053) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
研究交流棟W416
Email: tadanori.fukushima [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top