1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 脳神経科学研究センター

脳神経科学研究センター 親和性社会行動研究チーム

チームリーダー 黒田 公美(M.D., Ph.D.)

研究概要

黒田 公美 (M.D., Ph.D.)

親和性社会行動の神経機構
動物の社会は、群れの協同関係や上下関係、家族内の親子・つがい関係などから成り立っています。メンバーの間には利害をめぐる対立もありますが、基本的には仲間と一緒にいたい、なかよくやりたいと感じ、そのために自分から相手に近づいたり、コミュニケーションをとったりすることでお互いの利益になる社会関係を築いていきます。このように、社会の誰かと自分を結びつける働きをするさまざまな活動をまとめて親和性社会行動と呼びます。
社会関係の中でも親子関係は哺乳類にとってとくに重要です。哺乳類の子は未熟に生まれるため、親が哺乳や保護などの子育てをしなければ成長することができません。そのため、子どもには親を慕う「愛着行動」、親には子どもを守り世話をする「養育行動」に必要な神経回路が備わっています。その上に、実際にこうした行動が上手にできるようになるためには、生まれてからの経験や学習も必要です。私たちは父母ともよく子の世話をするハツカネズミ(マウス)やコモンマーモセットなどを用い、養育行動と愛着行動に必要な神経機構を調べています。

詳細は、下記研究室Webサイトをご参照ください
親和性社会行動研究チーム

研究主分野

  • 複合領域

研究関連分野

  • 総合生物
  • 生物学
  • 医歯薬学

キーワード

  • 哺乳類の親子関係
  • 愛着
  • 子育て
  • 親和性社会行動
  • 内側視索前野

主要論文

  • 1.Esposito G, Truzzi A, Yoshida S, Ohnishi R, Miyazawa E, Kuroda KO.:
    "Using maternal rescue of pups in a cup to investigate mother-infant interactions in mice/rodents"
    Behav Brain Res., 374:112081 (2019)
  • 2.Yoshida S, Ohnishi R, Tsuneoka Y, Yamamoto-Mimura Y, Muramatsu R, Kato T, Funato H, Kuroda KO.:
    "Corticotropin-Releasing Factor Receptor 1 in the Anterior Cingulate Cortex Mediates Maternal Absence-Induced Attenuation of Transport Response in Mouse Pups"
    Front. Cell. Neurosci., 12:204 (2018)
  • 3.Amano T, Shindo S, Yoshihara C, Tsuneoka Y, Uki H, Minami M, Kuroda KO:
    "Development-dependent behavioral change toward pups and synaptic transmission in the rhomboid nucleus of the bed nucleus of the stria terminalis",
    Behav Brain Res. 325 Part B, 131-137 (2016)
  • 4.Tsuneoka Y, Tokita K, Yoshihara C, Amano T, Esposito G, Huang AJ, Yu LM, Odaka Y, Shinozuka K, McHugh TJ, Kuroda KO.:
    "Distinct preoptic‐BST nuclei dissociate paternal and infanticidal behavior in mice"
    EMBO Journal, 34(21), 2652-70 (2015)
  • 5.Yoshida S, Esposito G, Ohnishi R, Tsuneoka Y, Okabe S, Kikusui T, Kato T, and Kuroda KO.:
    "Transport Response is a filial-specific behavioral response to maternal carrying in C57BL/6 mice"
    Front Zool, 10(1), 50 (2013)
  • 6.Esposito G*, Yoshida S*, Ohnishi R, Tsuneoka Y, Rostagno MC, Yokota S, Okabe S, Kamiya K, Hoshino M, Shimizu M, Venuti P, Kikusui T, Kato T and Kuroda KO.:
    "Infant calming responses during maternal carrying in humans and mice"
    Current Biology, 23(9), 739-745 (2013) *These two authors contributed equally to this study.
  • 7.Tachikawa K, Yoshihara Y, and Kuroda KO.:
    "Behavioral Transition from Attack to Parenting in Male Mice: a Crucial Role of the Vomeronasal System"
    J Neurosci, 33(12), 5120-6 (2013)
  • 8.Tsuneoka Y, Maruyama T, Yoshida S, Nishimori K, Kato T, Numan M, and Kuroda KO.:
    "Functional, anatomical, and neurochemical differentiation of medial preoptic area subregions in relation to maternal behavior in the mouse"
    J Comp Neurol, 521(7), 1633-63 (2013) (e-pub 2012)
  • 9.Kuroda KO, and Tsuneoka Y.:
    "Assessing postpartum maternal care, alloparental behavior, and infanticide in mice: with notes on chemosensory influences"
    Methods Mol Biol, 1068, 331-47 (2013)
  • 10.Kuroda KO, Tachikawa K, Yoshida S, Tsuneoka Y, and Numan N.:
    "Neuromolecular basis of parental behavior in laboratory mice and rats: with special emphasis on technical issues of using mouse genetics"
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry, 35(5), 1205-1231 (2011)

刊行物

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

黒田 公美
チームリーダー

メンバー

根本 千尋
研究員
篠塚 一貴
研究員
大村 菜美
研究員
矢野 沙織
研究員
白石 優子
研究員
福光 甘斎
訪問研究員

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
Email: oyako [at] brain.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top