1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 脳神経科学研究センター

脳神経科学研究センター 認知機能表現研究チーム

チームリーダー 田中 啓治(Ph.D.)

研究概要

田中 啓治 (Ph.D.)

認識、意志決定などの高次脳機能の脳内メカニズムを明らかにするため、霊長類実験動物にいろいろな認知的行動課題を訓練し、特定の脳部位あるいは結合の機能ブロックの影響を見たり、課題遂行中に単一神経細胞活動記録を行う実験と、MRI装置でヒト被験者の脳活動を非侵襲的に記録する実験を行っています。側頭連合野における物体の視覚的認識のメカニズムと前頭連合野における目的指向的行動のメカニズムが中心テーマです。ヒトでの研究結果と実験動物における研究結果を結びつけるために、機能的MRI測定の空間分解能を高める技術開発にも力を注いでいます。

キーワード

  • 高次脳機能のメカニズムの研究
  • 機能的磁気共鳴画像法
  • 神経細胞活動記録
  • 行動観察と機能的ブロックの影響観察

主要論文

  • 1.Cheng, K., Waggoner, R. A., Tanaka, K.:
    "Human ocular dominance columns as revealed by high-field functional magnetic resonance imaging."
    Neuron, 32, 359-374 (2001).
  • 2.Matsumoto, K., Suzuki, W., Tanaka, K.:
    "Neuronal correlates of goal-based motor selection in the prefrontal cortex."
    Science, 301, 229-232 (2003).
  • 3.Gardner, J.L., Sun, P., Waggoner, R.A., Ueno, K., Tanaka, K., Cheng, K.:
    "Contrast adaptation and representation in human early visual cortex."
    Neuron, 47, 1-14 (2005).
  • 4.Wang, G., Obama, S., Yamashita, W., Sugihara, T., Tanaka, K.:
    "View-invariant object recognition without experience of object rotations."
    Nature Neuroscience, 8, 1568-1575 (2005).
  • 5.Matsumoto, M. Matsumoto, K, Abe, H., Tanaka, K.:
    "Medial Prefrontal Cell Activity Signaling Prediction Errors of Action Values."
    Nature Neuroscience, 10, 647-656 (2007)
  • 6.Mansouri, F.A., Buckley, M.J., Tanaka, K.:
    "Mnemonic function of lateral prefrontal cortex in conflict-induced behavioral adjustment."
    Science 318: 987-990 (2007)
  • 7.Buckley, M.J., Mansouri, F.A., Hoda, H., Mahboubi, M., Browning, P.G.F., Kwok, S.C., Phillips, A., Tanaka, K.:
    "Dissociable Components of Rule-Guided Behavior Depend on Distinct Medial and Prefrontal Regions."
    Science 325: 52-58 (2009)
  • 8.Wan, X., Nakatani, H., Ueno, K., Asamizuya, T., Cheng, K., Tanaka, K.:
    "The neural basis of intuitive best next-move generation in board game experts."
    Science 331: 341-346 (2011)
  • 9.Wan, X., Cheng, K., Tanaka, K.:
    "Neural Encoding of Opposing Strategy Values in Anterior and Posterior Cingulate Cortex."
    Nature Neuroscience 18: 752-759 (2015)
  • 10.Mansouri, F. A., Buckley, M. J., Mahboubi, M., Tanaka, K.:
    "Behavioral consequences of selective damage to frontal pole and posterior cingulate cortices."
    Proceeding of National Academy of Science U. S. A. 112: E3940-E3949 (2015).

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

田中 啓治
チームリーダー

メンバー

WAGGONER R Allen
専門職研究員
横尾 征一郎
研究員
TANSKANEN Topi Tapani
研究員
LI Nan
研究員
GUPTA Shubham
テクニカルスタッフⅠ
春花 健児
テクニカルスタッフⅠ

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
Email: keiji [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top