1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 脳神経科学研究センター

脳神経科学研究センター 高次認知機能動態研究チーム

チームリーダー 宮下 保司(Ph.D.)

研究概要

宮下 保司 (Ph.D.)

記銘/想起を実現する実行機能である「狭義の記憶システム」の研究は、過去10年間に飛躍的な進歩を遂げました。しかし、記憶研究の究極の目標である「個人の意識体験の連続性」や「自己意識の起源」の解明には記憶プロセスを内省的にモニタする「メタ記憶システム」の解明が必須です。私達は、従来ヒトを被験者としてのみ研究されてきた精神の内省的側面を、動物(サル)を被験者としつつ厳密な精神物理学的方法によって実験課題を統制し、光遺伝学や磁気共鳴画像法等の多様なアプローチを駆使して解明することをめざします。

研究主分野

  • 複合領域

研究関連分野

  • 総合生物
  • 生物学
  • 医歯薬学

キーワード

  • メタ認知
  • 記憶
  • 神経回路
  • 磁気共鳴イメージング
  • 光遺伝学

Selected Publications

  • 1. Miyashita, Y.:
    "Perirhinal circuits for memory processing."
    Nature Reviews Neuroscience 20, 577-592, 2019
  • 2. Tamura, K., Takeda, M., Setsuie, R., Tsubota, T., Hirabayashi, T., Miyamoto, K. and Miyashita, Y.:
    "Conversion of object identity to object-general semantic value in the primate temporal cortex."
    Science 357, 687-692, 2017
  • 3. Miyamoto, K., Osada, T., Setsuie, R., Takeda, M., Tamura, K., Adachi, Y., and Miyashita, Y.:
    "Causal neural network of metamemory for retrospection in primates."
    Science 355, 188-193, 2017
  • 4. Hirabayashi, T., Takeuchi, D., Tamura, K., and Miyashita, Y.:
    "Microcircuits for Hierarchical Elaboration of Object Coding Across Primate Temporal Areas."
    Science 341, 191-195, 2013
  • 5. Takeuchi, D., Hirabayashi, T., Tamura, K., and Miyashita, Y.:
    "Reversal of interlaminar signal between sensory and memory processing in monkey temporal cortex."
    Science 331, 1443-1447, 2011.
  • 6. Miyashita, Y.:
    "Cognitive memory: cellular and network machineries and their top-down control."
    Science 306, 435-440, 2004.
  • 7. Nakahara, K., Hayashi, T., Konishi, S. and Miyashita, Y.:
    "Functional MRI of macaque monkeys performing a cognitive set-shifting task."
    Science 295, 1532-1536, 2002.
  • 8. Naya, Y., Yoshida, M.and Miyashita, Y.:
    "Backward spreading of memory retrieval signal in the primate temporal cortex."
    Science 291 ,661-664 ,2001.
  • 9. Tomita, H., Ohbayashi, M., Nakahara, K., Hasegawa, I. and Miyashita, Y.:
    "Top-down signal originating from the prefrontal cortex for memory retrieval."
    Nature 401,699-703, 1999.
  • 10. Hasegawa, I., Fukushima, T., Ihara, T. and Miyashita, Y.:
    "Callosal window between prefrontal cortices : cognitive interaction to retrieve long-term memory."
    Science 281, 814-818, 1998.

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

宮下 保司
チームリーダー

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
脳科学中央研究棟

yasushi.miyashita [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top