1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 脳神経科学研究センター

脳神経科学研究センター 言語発達研究チーム

チームリーダー 馬塚 れい子(Ph.D.)

研究概要

馬塚 れい子 (Ph.D.)

人はどのように言語を獲得するのか?当チームでは、乳幼児がどのようにして周りの大人の話している言葉に興味をもち、言語を獲得していくかを研究しています。言語にはイントネーションやリズムなど、その言語特有のプロソディ(韻律)があります。当チームでは言語のプロソディに注目し、個々の言語特有のプロソディを子供がどのように獲得していくか、またプロソディが言語発達の他の分野、特に子供の言語理解にどのような役割をはたしているかを研究しています。

キーワード

  • 言語心理学
  • 発達心理学
  • 乳幼児音声発達
  • 言語獲得

主要論文

  • 1.Guevara-Rukoz, A., Cristia, A., Ludusan, B., Thiollière, R., Martin, A., Mazuka, R., and Dupoux, E.:
    “Are words easier to learn from Infant- Than Adult-Directed Speech? A quantitative corpus-based investigation.”
    Cognitive Science, 42(5), pp.1586-1617. (2018)
  • 2.Ota, M., Yamane, N., and Mazuka, R.:
    “The Effects of lexical pitch accent on infant word recognition in Japanese.”
    Frontiers in Psychology: Language Sciences, 8, pp.2354. (2018)
  • 3.Akimoto, Y., Takahashi, H., Gunji, A., Kaneko, Y., Asano, M., Matsuo, J., Ota, M., Kunugi, H., Hanakawa, T., Mazuka, R., and Kamio, Y.:
    “Alpha band event-related desynchronization underlying social situational context processing during irony comprehension: a magnetoencephalography source localization study.”
    Brain and Language, 175, pp.42-46. (2017)
  • 4.Ludusan, B., Mazuka, R., Bernard, M., Cristia, A., and Dupoux, E.:
    “The role of prosody and speech register in word segmentation: A computational modelling perspective.”
    Proceedings of the 55th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (Short Papers), pp.178-183. (2017)
  • 5.Mazuka, R., Hayashi, A., and Kondo, T.:
    “Sounds of infant-directed vocabulary: Learned from infants’ speech or part of linguistic knowledge?”
    Journal of the Phonetic Society of Japan, 21(1), pp.45-58 (2017)
  • 6.Miyazawa, K., Shinya, T., Martin, A., Kikuchi, H., and Mazuka, R.:
    “Vowels in Infant-directed speech: More breathy and more variable, but not clearer.”
    Cognition, 166, pp.84-93.(2017)
  • 7.Hirose, Y, and Mazuka, R.:
    “Exploiting pitch accent information in compound processing: A comparison between adults and 6- to 7-year-old children.”
    Language Learning and Development, 13(4), pp.375-394. (2017)
  • 8.Sugiura, L., Toyota, T., Matsuba-Kurita, H., Iwayama, Y., Mazuka, R., Yoshikawa, T., and Hagiwara, H.:
    “Age-dependent effects of Catechol-O-Methyltransferase(COMT) Gene Val158Met Polymorphism on language function in developing children.”
    Cerebral Cortex, 27(1), pp.104-116. (2017)
  • 9.Hayashi, A., and Mazuka, R.:
    “Emergence of Japanese Infants’ Prosodic Preferences in Infant-Directed Vocabulary.”
    Developmental Psychology, 53(1), pp.28-37. (2017)
  • 10.Martin, A., Igarashi, Y., Jincho, N., and Mazuka, R.:
    “Utterances in infant-directed speech are shorter, not slower.”
    Cognition, 156, pp.52-59. (2016)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

馬塚 れい子
チームリーダー

メンバー

山根 直人
専門職研究員
HWANG Hyun Kyung
研究員
柴田 奈津美
研究員
西林 レオ 竜起
研究員
LUDUSAN Ioan Bogdan
研究員
高橋 美樹
訪問研究員
幡野 由理
テクニカルスタッフⅡ
CHEN Tzu-Yin
テクニカルスタッフⅡ
竹内 雅樹
テクニカルスタッフⅡ
木島 直子
テクニカルスタッフⅡ
岩本 教慈
大学院生リサーチ・アソシエイト

採用情報

募集職種 応募締切
研究員募集 (W20106) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
Email: reiko.mazuka [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top