1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 環境資源科学研究センター

環境資源科学研究センター 機能開発研究グループ

グループディレクター 篠崎 一雄(D.Sci.)

研究概要

篠崎 一雄 (D.Sci.)

植物の生産性向上に関わるシロイヌナズナや作物での重要な機能を持つ遺伝子の探索(ジーンディスカバリー)を進めています。とくに植物の量的な向上に関わる生理機能を持つ遺伝子の探索、栽培環境の影響を最小限にして最大限の生産性を発揮できるような新機能を付与した作物を作成するための研究技術開発を行います。さらに環境応答や環境適応、さらに光合成機能に関与する遺伝子、それらの発現を調節する制御因子、シグナル伝達因子などの探索と解析を進めます。これらを利用して、効率の良い遺伝子発現法や遺伝子導入法の開発をすすめ、植物の環境耐性や水利用効率の向上、さらには光合成機能の向上を目指します。これらの研究成果を基に環境の影響を最小限にして最大の収量が得られる作物の開発に関与する基盤技術を開発します。

研究主分野

  • 生物学

研究関連分野

  • 農学

キーワード

  • 環境ストレス
  • バイオマス
  • 逆遺伝学
  • 比較ゲノム科学

主要論文

  • 1.Kuromori, T., Seo, M.and Shinozaki, K.:
    "(2018) ABA Transport and Plant Water Stress Responses,"
    Trends Plant Sci,
  • 2.Takahashi, F., Suzuki, T., Osakabe, Y., Betsuyaku, S., Kondo, Y., Dohmae, N., Fukuda, H., Yamaguchi-Shinozaki, K.and Shinozaki, K.:
    "(2018) A small peptide modulates stomatal control via abscisic acid in long-distance signalling,"
    Nature,
  • 3.Myouga, F., Takahashi, K., Tanaka, R., Nagata, N., Kiss, A. Z., Funk, C., Nomura, Y., Nakagami, H., Jansson, S. and Shinozaki, K.:
    "(2018) Stable accumulation of photosystem II requires ONE-HELIX PROTEIN1 (OHP1) of the light harvesting-like family."
    Plant Physiol,
  • 4.Kim, J. S., Yamaguchi-Shinozaki, K. and Shinozaki, K.:
    "(2018) ER-Anchored Transcription Factors bZIP17 and bZIP28 Regulate Root Elongation."
    Plant Physiol,
  • 5.Selvaraj, M. G., Ishizaki, T., Valencia, M., Ogawa, S., Dedicova, B., Ogata, T., Yoshiwara, K., Maruyama, K., Kusano, M., Saito, K., Takahashi, F., Shinozaki, K., Nakashima, K. and Ishitani, M.:
    "(2017) Overexpression of an Arabidopsis thaliana galactinol synthase gene improves drought tolerance in transgenic rice and increased grain yield in the field."
    Plant Biotechnol J, 15, 1465-1477.
  • 6.Urano, K., Maruyama, K., Jikumaru, Y., Kamiya, Y., Yamaguchi-Shinozaki, K. and Shinozaki, K.:
    "(2017) Analysis of plant hormone profiles in response to moderate dehydration stress."
    The Plant journal, 90, 17-36.
  • 7.Takasaki, H., Maruyama, K., Takahashi, F., Fujita, M., Yoshida, T., Nakashima, K., Myouga, F., Toyooka, K., Yamaguchi-Shinozaki, K. and Shinozaki, K.:
    "(2015) SNAC-As, stress-responsive NAC transcription factors, mediate ABA-inducible leaf senescence."
    The Plant journal, 84, 1114-1123.
  • 8.Umezawa, T., Sugiyama, N., Takahashi, F., Anderson, J. C., Ishihama, Y., Peck, S. C. and Shinozaki, K.:
    "(2013) Genetics and phosphoproteomics reveal a protein phosphorylation network in the abscisic acid signaling pathway in Arabidopsis thaliana."
    Science signaling, 6, rs8.
  • 9.Myouga, F., Akiyama, K., Tomonaga, Y., Kato, A., Sato, Y., Kobayashi, M., Nagata, N., Sakurai, T. and Shinozaki, K.:
    "(2013) The chloroplast function database II: a comprehensive collection of homozygous mutants and their phenotypic/genotypic traits for nuclear-encoded chloroplast proteins."
    Plant Cell Physiol., 54, e2.
  • 10.Fujita, M., Fujita, Y., Iuchi, S., Yamada, K., Kobayashi, Y., Urano, K., Kobayashi, M., Yamaguchi-Shinozaki, K. and Shinozaki, K.:
    "(2012) Natural variation in a polyamine transporter determines paraquat tolerance in Arabidopsis."
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 109, 6343-6347.

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

篠崎 一雄
グループディレクター

メンバー

黒森 崇
上級研究員
藤田 美紀
研究員
明賀 史純
研究員
高橋 史憲
研究員
浦野 薫
研究員
KIM June-Sik
研究員
上出 由希子
テクニカルスタッフⅠ
水門 佐保
テクニカルスタッフⅡ
杉本 絵理子
テクニカルスタッフⅡ
菊池 沙安
テクニカルスタッフⅡ
下田 芙裕子
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1 研究棟(第二期) 3階314室

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 環境資源科学研究棟 2階S201

Tel:
筑波 029-836-4359
和光 048-467-9449

Fax:
筑波 029-836-9060
和光 048-462-4617
Email: kazuo.shinozaki [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top