1. Home
  2. 研究室紹介

共生生物学プロジェクト (iSYM)

白須 賢 (Ph.D.) CSRS 植物免疫研究グループ グループディレクター 白須 賢 (Ph.D.)

*CSRS: 環境資源科学研究センター(RIKEN Center for Sustainable Resource Science)

ほとんどの生物は複雑に相互作用し合い、その結果として存在する「共生」関係にあることが知られています。共生生物学プロジェクト(iSYM)は、その共生関係を研究する理研の学際的研究プロジェクトです。生物多様性は生物間の共生関係を土台に構築されており、私たちを含むあらゆる生命活動の持続可能性を支えています。私たちは、生物が分子レベルでどのように相互作用しているかを理解し、生物間の豊かなコミュニケーションツールを明らかにするとともに、生物が生き残るために生み出した多様な戦略を制御・利用することを目指しています。

研究主分野

  • 分子生物 & 遺伝学

研究関連分野

  • 物理学
  • 生物学 & 生化学
  • 免疫学
  • 薬学 & 毒物学
  • 農学
  • 植物 & 動物学
  • 微生物学
  • 神経科学 & 行動科学
  • 環境 & エコロジー(生態)
  • 学際研究

研究テーマ

  • 微生物-宿主共生系の総合的な理解
  • 共生研究の推進に資する技術開発と基盤整備
  • バイオ産業の振興に向けた共生系活用手法に関する研究開発

主要論文

  • 1.Atarashi, K., Suda, W., Luo, C., Kawaguchi, T., Motoo, I., Narushima, S., Kiguchi, Y., Yasuma, K., Watanabe, E., Tanoue, T., Thaiss, C.A., Sato, M., Toyooka, K., Said, H.S., Yamagami, H., Rice, S.A., Gevers, D., Johnson, R.C., Segre, J.A., Chen, K., Kolls, J.K., Elinav, E., Morita, H., Xavier, R.J., Hattori, M., Honda, K.:
    “Ectopic colonization of oral bacteria in the intestine drives TH1 cell induction and inflammation.”
    Science, 358, 359-365. (2017) doi:10.1126/science.aan4526
  • 2.Ogawa, T., Kryukov, K., Imanishi, T., Shiroguchi, K.:
    “The efficacy and further functional advantages of random-base molecular barcodes for absolute and digital quantification of nucleic acid molecules.”
    Scientific Reports, 7, 13576. (2017) doi:10.1038/s41598-017-13529-3
  • 3.Yun, C.S., Motoyama, T., Osada, H.:
    “Regulatory Mechanism of Mycotoxin Tenuazonic Acid Production in Pyricularia oryzae.”
    ACS Chemical Biology, 12, 2270-2274. (2017) doi: 10.1021/acschembio.7b00353
  • 4.Piotrowski, J. S., Li, S. C., Deshpande, R., Simpkins, S. W., Nelson, J., Yashiroda, Y., Barber, J. M., Safizadeh, H., Wilson, E., Okada, H., Gebre, A. A., Kubo, K., Torres, N. P., LeBlanc, M. A., Andrusiak, K., Okamoto, R., Yoshimura, M., van Leeuwen, J., Shirahige, K., Baryshnikova, A., Brown, G. W., Hirano, H., Costanzo, M., Andrews, B., Ohya, Y., Osada, H., Yoshida, M., Myers, C. L., Boone, C.:
    “Functional Annotation of Chemical Libraries across Diverse Biological Processes.”
    Nature Chemical Biology, 13, 982-993.(2017) doi:10.1038/nchembio.2436
  • 5.Germond, A., Kumar, V., Ichimura, T., Moreau, J., Furusawa, C., Fujita, H., Watanabe, T.M.:
    “Raman spectroscopy as a tool for ecology and evolution. ”
    Journal of the Royal Society Interface,14, 20170174. (2017) doi:10.1098/rsif.2017.0174

イベント・シンポジウムなど

  • 理研国際シンポジウム「Frontiers in Integrated Symbiology」
    2018年6月4日(船堀ホール5F)

関連リンク

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 東研究棟 E618
Email: ken.shirasu [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top