1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 医科学イノベーションハブ推進プログラム
  4. 健康医療データ多層統合プラットフォーム推進グループ

医科学イノベーションハブ推進プログラム 発達障害データ多層統合ユニット

ユニットリーダー 桜田 一洋(Ph.D.)

研究概要

桜田 一洋 (Ph.D.)

自閉症スペクトラム障害(ASD)にはさまざまな生体機能リズムの異常が見られます。
これまでの研究で、胎児の生体機能リズムの発生や協働の混乱を生じさせている原因に妊婦の睡眠とビタミンDなどの栄養の障害が関係していることが示唆されていることを受け、本研究では生体機能リズムの発生メカニズムに胎児期から迫ろうと考えています。
そのメカニズムを明らかにするために、採血やウェアラブルセンサーによる生理指標の計測、質問票や行動観察などによる医療・非医療データの統合と解析を行います。

本ユニットは小西行郎が立ち上げ、2019年9月より桜田が担当しています。

研究主分野

  • 医歯薬学

研究関連分野

  • 複合領域

キーワード

  • 小児科学
  • 発達神経科学
  • 発達障害

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.*小西行郎
    Konishi, Y.:
    "協調モデルに基づく発達科学の新たな展開"
    実験医学 35. 21-25 (2017).
  • 2.*小西行郎
    Konishi, Y.:
    "発達障害の発生メカニズムを考える―リズム障害としての自閉症"
    実験医学 33. 122-127 (2015).
  • 3.*Tanaka M, Tajima S, Mizuno K, Ishii A, Konishi Y, Miike T,and Watanabe Y.:
    "Frontier studies on fatigue,autonomic nerve dysfunction,and sleep-rhythm disorder."
    The Journal of Physiological Sciences 65. 483-498 (2015).
  • 4.*Kanemaru N, Watanabe H, Kihara H, Nakano H, Nakamura T, Nakano J, Taga G, and Konishi Y.:
    "Jerky spontaneous movements at term age in preterm infants who later developed cerebral palsy. "
    Early Human Development 90. 387-392 (2014).
  • 5.*Kanemaru N, Watanabe H, Kihara H, Nakano H, Takaya R, Nakamura T, Nakano J, Taga G, and Konishi Y.:
    "Specific characteristics of spontaneous movements in preterm infants at term age sre associated with developmental delays at age 3 years."
    Developmental Medicine & Child Neurology 55. 713-721 (2013).
  • 6.*Yukihiko Konishi , Kensuke Okubo, Ikuko Kato, Sonoko Ijichi, Tomoko Nishida, Takashi Kusaka, Kenichi Isobe, Susumu Itoh, Masaharu Kato, and Yukuo Konishi.:
    "A developmental change of the visual behavior of the face recognition in the early infancy."
    Brain & Development 34. 719-722 (2012).
  • 7.*Sato H, Hirabayashi Y, Tsubokura H, Kanai M, Ashida T, Konishi I, Uchida-Ota M, Konishi Y, and Maki A.:
    "Cerebral Hemodynamics in Newborn Infants Exposed to Speech Sounds: A Whole-Head Optical Topography Study."
    Human Brain Mapping 33. 2092-2103 (2011).
  • 8.*Homae F, Watanabe H, Otobe T, Nakano T, Go T, Konishi Y and Taga G.:
    "Development of Global Cortical Networks in Early Infancy."
    The Journal of Neuroscience 30. 4877-4882 (2010).
  • 9.*Kato M, Konishi Y.:
    "Auditory dominance in the error correction process:A synchronized tapping study."
    Brain Research 1084. 115-122 (2006).
  • 10.*Taga G, Asakawa K, Maki A,, Konishi Y, and Koizumi H.:
    "Brain imaging in awake infants by near-infrared optical topography."
    PNAS 100. 10722-10727 (2003).

イベント・シンポジウムなど

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

桜田 一洋
ユニットリーダー

お問い合わせ先

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング15階
Tel: 03-6225-2246
Email: yukuo.konishi [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top