1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 医科学イノベーションハブ推進プログラム
  4. 健康医療データ多層統合プラットフォーム推進グループ

医科学イノベーションハブ推進プログラム 免疫データ多層統合ユニット

ユニットリーダー 古関 明彦(M.D., Ph.D)

研究概要

古関 明彦(M.D., Ph.D.)

私たちは、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、肥満関連疾患を対象に、患者さんの臨床マルチモーダルデータをもとに各患者病態を層別化し、個人ごとに最適な発症・増悪を予防する手法や治療法を考案し、実臨床に応用することを目指しています。その際に、ヒト臨床知見を動物モデルにリバーストランスレーションすることで、疾患に関連する因子の意義を理解し複雑な疾患病態の解明を進めています。このようなヒト臨床データの計時的な収集と統合解析、動物モデルデータとのシームレスな融合解析を基盤として、個別化予測医療を実現する新しい診療システムを構築することが私たちの目標です。

研究主分野

  • 生物学

研究関連分野

  • 総合生物
  • 医歯薬学
  • 基礎医学
  • 臨床医学

キーワード

  • 疾患モデル
  • バイオインフォマティクス

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. JP Thyssen, I Jakasa, C Riethmu¨ ller, MP Scho¨n, A Braun, M Haftek, PG Fallon, J Wro´blewski, H Jakubowski, L Eckhart, W Declercq, S Koppes, KA Engebretsen, C Bonefeld, AD Irvine, S Keita-Alassane, M Simon, H Kawasaki, A Kubo, M Amagai, T Matsui and S Kezic.:
    "Filaggrin Expression and Processing Deficiencies Impair Corneocyte Surface Texture and Stiffness in Mice"
    J Invest Dermatol 140 (3):615-623, 2020.
  • 2. Takahashi S, Ishida A, Kubo A, Kawasaki H, Ochiai S, Nakayama M, Koseki H, Amagai M, Okada T.:
    "Homeostatic pruning and activity of epidermal nerves are dysregulated in barrier-impaired skin during chronic itch development."
    Sci Rep. 2019 Jun 13;9(1):8625. doi: 10.1038/s41598-019-44866-0.
  • 3. Usui K, Kadono N, Furuichi Y, Shiraga K, Saitou T, Kawasaki H, Toyooka K, Tamura H, Kubo A, Amagai M, Matsui T.:
    "3D in vivo imaging of the keratin filament network in the mouse stratum granulosum reveals profilaggrin-dependent regulation of keratin bundling."
    J Dermatol Sci. 2019 Apr 30. pii: S0923-1811(19)30099-4. doi: 10.1016/j.jdermsci.2019.04.006. [Epub ahead of print]
  • 4. Miyai T, Takano J,, Endo TA, Kawakami E, Agata Y, Motomura Y, Kubo M, Kashima Y, Suzuki Y, Kawamoto H, Ikawa T.:
    "Three-step transcriptional priming that drives the commitment of multipotent progenitors toward B cells."
    Genes Dev. 15;32(2):112-126. (2018)
  • 5. Miyamoto A, Lee S, Cooray NF, Lee S, Mori M, Matsuhisa N, Jin H, Yoda L, Yokota T, Itoh A, Sekino M, Kawasaki H, Ebihara T, Amagai M, Someya T.:
    "Inflammation-free, gas-permeable, lightweight, stretchable on-skin electronics with nanomeshes."
    Nat nanotechnol. 12(9):907-913, 2017
  • 6. Yasuda T, Fukada T, Nishida K, Nakayama M, Matsuda M, Miura I, Dainichi T, Fukuda S, Kabashima K, Nakaoka S, Bin BH, Kubo M, Ohno H, Hasegawa T, Ohara O, Koseki H, Wakana S, Yoshida H.:
    "Hyperactivation of JAK1 tyrosine kinase induces stepwise, progressive pruritic dermatitis."
    J Clin Invest. 2016 Jun 1;126(6):2064-76. doi: 10.1172/JCI82887. Epub 2016 Apr 25.
  • 7. *Kobayashi T, Glatz M, Horiuchi K, Kawasaki H, Akiyama H, Kaplan DH, Kong HH, Amagai M, Nagao K.:
    "Dysbiosis and Staphyloccus aureus Colonization Drives Inflammation in Atopic Dermatitis."
    Immunity 42 (4):756-766, 2015.
  • 8. *Yokouchi M, Kubo A, Kawasaki H, Yoshida K, Ishii K, Furuse M, Amagai M.:
    "Epidermal tight junction barrier function is altered by skin inflammation, but not by filaggrin-deficient stratum corneum."
    J Dermatol Sci 77 (1):28-36, 2015.

メンバーリスト

主宰者

古関 明彦
ユニットリーダー

メンバー

川崎 洋
上級研究員
関田 愛子
特別研究員
宮井 智浩
特別研究員
桒原 玲子
テクニカルスタッフⅠ
古関 庸子
テクニカルスタッフⅡ
花之枝 彩香
研究パートタイマーⅠ
福島 彩乃
研究パートタイマーⅠ

お問い合わせ先

神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 北研究棟 N604Ca
Tel: 045-503-9691
Fax: 045-503-9278
Email: haruhiko.koseki [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top