1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 仁科加速器科学研究センター
  4. RI応用研究開発室

仁科加速器科学研究センター 核化学研究チーム

チームリーダー 羽場 宏光(D.Sci.)

研究概要

羽場 宏光 (D.Sci.)

核化学研究チームでは、理研RIビームファクトリー(RIBF)の重イオン加速器を用いて、物理学、化学、生物学、医学、薬学、環境科学などの様々な研究分野で利用できるラジオアイソトープ(RI)の製造技術の高度化研究を行っています。RIBFで製造されたRIを用いて、主に核・放射化学分野における応用研究を展開しています。また、RI応用チームで開発されたZn-65やCd-109などの精製RIは、日本アイソトープ協会を通じて国内の大学や研究所に頒布されています。さらに、重イオンリニアックのECRイオン源と加速器を利用した極微量元素分析技術を開発するとともに、ECRイオン源技術を応用して、高感度分析が可能な汎用型の質量分析装置を開発し、環境、宇宙地球化学、考古学などの分野に応用しています。また、既存の同位体分析技術を高度化し、硫黄や鉛の多元素同位体分析を地球科学、考古学に応用しています。さらに、RIBFのECRイオン源に導入するイオン源試料の開発研究を行っています。

研究主分野

  • 化学

研究関連分野

  • 環境学
  • 複合領域
  • 社会科学
  • 総合理工
  • 数物系科学
  • 工学

キーワード

  • 核化学
  • 放射化学
  • RI製造応用
  • 超重元素
  • 微量元素分析

主要論文

  • 1. H. Haba, F. Fan, D. Kaji, Y. Kasamatsu, H. Kikunaga, Y. Komori, N. Kondo, H. Kudo, K. Morimoto, K. Morita, M. Murakami, K. Nishio, J. P. Omtvedt, K. Ooe, Z. Qin, D. Sato, N. Sato, T. K. Sato, Y. Shigekawa, A. Shinohara, M. Takeyama, T. Tanaka, A. Toyoshima, K. Tsukada, Y. Wakabayashi, Y. Wang, S. Wulff, S. Yamaki, S. Yano, Y. Yasuda, and T. Yokokita:
    "Production of 266Bh in the 248Cm(23Na,5n)266Bh reaction and its decay properties"
    Phys. Rev. C 102, 024625 (2020).
  • 2. S. Takács, M. Aikawa, H. Haba, Y. Komori, F. Ditrói, Z. Szűcs, M. Saito, T. Murata, M. Sakaguchi, and N. Ukon:
    "Cross sections of alpha-particle induced reactions on natNi: Production of 67Cu"
    Nucl. Instr. and Meth. B 479, 125 (2020).
  • 3. A. Yamaguchi, H. Muramatsu, T. Hayashi, N. Yuasa, K. Nakamura, M. Takimoto, H. Haba, K. Konashi, M. Watanabe, H. Kikunaga, K. Maehata, N. Y. Yamasaki, and K. Mitsuda:
    "Energy of the 229Th nuclear clock isomer determined by absolute γ-ray energy difference"
    Phys. Rev. Lett. 123, 222501 (2019).
  • 4. H. Haba:
    "A new period in superheavy-element hunting"
    Nat. Chem. 11, 10 (2019).
  • 5. T. Masuda, A. Yoshimi, A. Fujieda, H. Fujimoto, H. Haba, H. Hara, T. Hiraki, H. Kaino, Y. Kasamatsu, S. Kitao, K. Konashi, Y. Miyamoto, K. Okai, S. Okubo, N. Sasao, M. Seto, T. Schumm, Y. Shigekawa, K. Suzuki, S. Stellmer, K. Tamasaku, S. Uetake, M. Watanabe, T. Watanabe, Y. Yasuda, A. Yamaguchi, Y. Yoda, T. Yokokita, M. Yoshimura, and K. Yoshimura:
    "X-ray pumping of the 229Th nuclear clock isomer"
    Nature 573, 238 (2019).
  • 6. Y. Wang, S. Cao, J. Zhang, F. Fan, J. Yang, H. Haba, Y. Komori, T. Yokokita, K. Morimoto, D. Kaji, Y. J. Wittwer, R. Eichler, A. Türler, and Z. Qin:
    "The study of rhenium pentacarbonyl complexes using single-atom chemistry in gas phase"
    Phys. Chem. Chem. Phys. 21, 7147 (2019).
  • 7. K. Fujiki, Y. Kanayama, S. Yano, N. Sato, T. Yokokita, P. Ahmadi, Y. Watanabe, H. Haba, and K. Tanaka:
    "211At-labeled immunoconjugate via a one-pot three-component double click strategy: practical access to α-emission cancer radiotherapeutics"
    Chem. Sci. 10, 1936 (2019).
  • 8. A. Yokoyama, Y. Kitayama, Y. Fukuda, H. Kikunaga, M. Murakami, Y. Komori, S. Yano, H. Haba, K. Tsukada, and A. Toyoshima:
    "Extraction behavior of rutherfordium as a cationic fluoride complex with a TTA chelate extractant from HF/HNO3 acidic solutions"
    Radiochimica Acta 107, 27 (2019).
  • 9. H. Haba:
    "Superheavy element chemistry pioneered by GARIS —Synthesis of a carbonyl complex of element 106, Seaborgium—"
    Radioisotopes, 67, 527(2018) (in Japanese).
  • 10. K. Fujiki, S. Yano, T. Ito, Y. Kumagai, Y. Murakami, O. Kamigaito, H. Haba, and K. Tanaka:
    "A one-pot three-component double-click method for synthesis of [67Cu]-labeled biomolecular radiotherapeutics"
    Sci. Rep. 7, 1912 (2017).

研究成果(プレスリリース)

メンバーリスト

主宰者

羽場 宏光
チームリーダー

メンバー

長谷部 裕雄
開発研究員
WANG Yang
特別研究員
YIN Xiaojie
特別研究員
重河 優大
基礎科学特別研究員
上ノ町 水紀
訪問研究員
南部 明弘
テクニカルスタッフⅠ
佐藤 幹
大学院生リサーチ・アソシエイト
佐藤 望
研究パートタイマーⅠ
北川 路子
研究パートタイマーⅠ
臼田 祥子
研究パートタイマーⅠ
小山内 美奈子
研究パートタイマーⅡ
高橋 和也
特別嘱託研究員

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
仁科記念棟
Email: haba [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top