研究紹介

計算科学研究センター

複合系気候科学研究チーム

チームリーダー 富田 浩文 (D.Eng.)
富田 浩文 (D.Eng.)

気候のシミュレーションでは、計算方法の組み合わせによって大きな不確実性が存在します。計算方法による不確実性の原因はどこにあるかを突き止めること、また避けることができない不確定性の評価が必要不可欠です。我々のチームではこれを容易にするため、計算手法を体系化し様々な大型計算機上で高い計算効率を持つ計算気候科学の基盤的ライブラリーとそれを用いたモデル・解析ツールを研究開発しています。また、従来の方法よりも確実な指導原理に基づいた計算手法を用いながら、その理論的研究や先導的な大型気候計算研究を推進します。

研究主分野

環境学

研究関連分野

総合理工 / 工学

キーワード

  • ハイパフォーマンスコンピューティング
  • 気候モデリング

主要論文

  1. Yoshida, R., Nishizawa, S., Yashiro, H., Adachi, S. A., Sato, Y., Yamaura, T., and Tomita, H.:
    “CONeP: A cost-effective online nesting procedure for regional atmospheric models”
    Parallel Computing, Volume 65, Pages 21–31 (2017).
  2. Adachi, S. A., Kimura, F., Takahashi, H. G., Hara, M., Ma, X., and Tomita, H.:
    “Impact of high-resolution sea surface temperature and urban data on estimations of surface air temperature in a regional climate”
    Journal of Geophysical Research Atmospheres, Volume 121, Issue 18, Pages 10,486–10,504 (2016).
  3. Yashiro, H., Terasaki, K., Miyoshi, T., and Tomita, H.:
    “Performance evaluation of a throughput-aware framework for ensemble data assimilation: the case of NICAM-LETKF”
    Geoscientific Model Development, Volume 9, issue 7, Page 2293-2300 (2016).
  4. Nishizawa, S., Odaka, M., Takahashi, Y. O., Sugiyama, K., Nakajima, K., Ishiwatari, M., Takehiro, S., Yashiro, H., Sato, Y., Tomita, H., and Hayashi, Y.-Y.:
    “Martian dust devil statistics from high-resolution large-eddy simulations”
    Geophysical Research Letters, Volume 43, Issue 9, Pages 4180–4188 (2016).
  5. Kajikawa, Y., Miyamoto, Y., Yoshida, R., Yamaura, T., Yashiro, H., and Tomita, H.:
    “Resolution dependence of deep convections in a global simulation from over 10-kilometer to sub-kilometer grid spacing”
    Progress in Earth and Planetary Science, 3:16 (2016).
  6. Nishizawa, S., Yashiro, H., Sato, Y., Miyamoto, Y., and Tomita, H.:
    “Influence of grid aspect ratio on planetary boundary layer turbulence in large-eddy simulations”
    Geosci. Model Dev., 8, 3393-3419 (2015).
  7. Sato, Y., Nishizawa, S., Yashiro, H., Miyamoto, Y., Kajikawa, Y., and Tomita, H.:
    “Impacts of cloud microphysics on trade wind cumulus: which cloud microphysics processes contribute to the diversity in a large eddy simulation?”
    Prog. Earth Planet. Sci., 2, 23 (2015).
  8. Sato, Y., Miyamoto, Y., Nishizawa, S., Yashiro, H., Kajikawa, Y., Yoshida, R., Yamaura, T., and Tomita, H.:
    “Horizontal Distance of Each Cumulus and Cloud Broadening Distance Determine Cloud Cover”
    SOLA, 11, 75-79 (2015).
  9. Miyamoto Y., Yoshida, R., Yamaura, T., Yashiro, H., Tomita, H., and Kajikawa, Y.:
    “Does convection vary in different cloudy disturbances?”
    Atmos. Sci. Lett., 16, 3, 305-309 (2015).
  10. Miyamoto, Y., Kajikawa, Y., Yoshida, R., Yamaura, T., Yashiro, H., and Tomita, H.:
    “Deep moist atmospheric convection in a sub-kilometer global simulation”
    Geophys. Res. Lett., pp.4922–4926 (2013).

メンバーリスト

主宰者

富田 浩文
チームリーダー

メンバー

梶川 義幸
上級研究員
西澤 誠也
研究員
八代 尚
研究員
足立 幸穂
研究員
山浦 剛
研究員
末木 健太
特別研究員
松嶋 俊樹
特別研究員
三浦 裕亮
客員研究員
谷口 博
客員研究員
宮本 佳明
客員研究員
佐藤 陽祐
客員研究員
島 伸一郎
客員研究員
吉田 龍二
客員研究員