研究紹介

統合生命医科学研究センター (IMS)

山本 雅 (B.Sc., Ph.D.)
センター長
山本 雅
(B.Sc., Ph.D.)
統合生命医科学研究センター(IMS)は、2013年4月に、科学分野の枠を超え、未来の医療をつくり出すことを目的として発足しました。IMSは、環境に応答する生命の仕組みを理解するために、免疫などの医科学、ゲノム科学、計測・情報科学、医療応用学といった生命科学の垣根を越えて研究を展開する新しいサイエンス「統合生命医科学」を生み出し、その実践により革新的な医療の展開を目指します。生命の恒常性とその破綻、ヒトのゲノム多様性を解析する研究を組み合わせ、一人一人に合った予防医療や個別化医療の実現を進めます。

組織

組織図PDF(479KB)

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel: 045-503-9121
Fax: 045-503-9113

ims-web [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年12月23日: 報道発表資料
ぜんそくに関わる新しい遺伝子領域を発見
2017年12月14日: 報道発表資料
炎症性腸疾患からの発がん機構の解明
2017年11月8日: 報道発表資料
大腿骨頭壊死症の遺伝子を発見
2017年10月26日: 報道発表資料
急性骨髄性白血病を克服する治療法
2017年10月24日: 報道発表資料
免疫活性化を起因とする不安・恐怖亢進メカニズムの解明

イベント・シンポジウムなど

刊行物