研究紹介

バトンゾーン研究推進プログラム (BZP)

小寺 秀俊 (D.Eng.)
プログラムディレクター
小寺 秀俊
(D.Eng.)
「挑戦から達成へ」を合言葉に、産業界のニーズを重要視した連携活動に取り組んでいます。イノベーション創出に向けた取り組みとして「バトンゾーン」、すなわち、「技術移転を効果的に進めるため、理研の研究者と産業界の研究者が一定の期間、同じ方向に全力で突き進む場」を設け、両者一体となった研究開発を実施することにより、理研の幅広い研究成果の社会への活用・実用に向けた企業等への橋渡しを効果的に推進しています。

組織

  • 水素エネルギーストレージ技術研究チーム
    内山 直樹 (Ph.D.)