研究紹介

革新知能統合研究センター (AIP)

杉山 将 (D.Eng.)
センター長
杉山 将
(D.Eng.)

革新知能統合研究センターは、革新的な人工知能基盤技術を開発し、それらを応用することにより、科学研究の進歩や実社会における課題解決に貢献することを目指します。加えて、人工知能技術の普及に伴って生じる倫理的・法的・社会的問題に関する研究を行います。具体的には、(1)汎用基盤技術研究グループにおいて、深層学習の仕組みの解明や、新しい原理に基づく次世代人工知能技術の創出を目指し、(2)目的指向基盤技術研究グループにおいて、再生医療・材料開発・ものづくりなど日本が高い国際競争力を持つ分野の強化、および高齢者ヘルスケア・防災減災・インフラ管理といった社会的課題への取り組み等を進めています。また、(3)社会における人工知能研究グループでは、データ流通やプライバシー保護に関する技術開発や、法整備を含めた人と人工知能の関わり方について研究しています。さらに、様々な企業・大学・研究所・プロジェクトと連携しながら事業を推進し、世界的に不足しているAI関連人材の育成も行っています。

組織

組織図PDF(54KB)

  • 理研AIP-NEC連携センター
    杉山 将 (D.Eng.)
  • 理研AIP-東芝連携センター
    杉山 将 (D.Eng.)
  • 理研AIP-富士通連携センター
    杉山 将 (D.Eng.)
    • 大規模知識構造化連携ユニット
      岩倉 友哉 (D.Eng.)
  • 理研AIP-富士フイルム連携センター
    杉山 将 (D.Eng.)

お問い合わせ先

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング 15階
Tel:03-6225-2373

aip-suishin [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2018年11月26日: 報道発表資料
正信頼度データからの機械学習
2018年9月18日: 報道発表資料
AIを用いた胎児心臓超音波スクリーニング
2018年8月24日: 報道発表資料
AIによる有機分子の設計とその実験的検証に成功