研究紹介

生命機能科学研究センター (BDR)

西田 栄介 (Ph.D.)
センター長
西田 栄介
(Ph.D.)

本センターは、個体の誕生から死までのライフサイクルの進行を、分子・細胞・臓器の連関による調和のとれたシステムの成立とその維持、破綻に至る動的な過程として捉え、個体の一生を支える生命機能の解明に取り組みます。この目的のため、(1)構造分子生物学分野、(2)細胞システム分野、(3)生命モデリング分野、(4)細胞・臓器機構分野、(5)健康・病態科学分野、(6)成長・発達科学分野の6つの研究分野を設け、発生・成長・成熟・老化・再生など多細胞生物のライフステージに特徴的な生命現象を分子から個体レベルで観察、再現、制御する研究開発を進めます。また、得られた知見を再生医療や診断技術開発などに応用し、超高齢社会を迎えたわが国の課題である健康寿命の延伸に貢献する生命科学の発展を目指します。

また、横断プロジェクトとして「ライフサイエンスの横断的取組による超高齢社会課題解決への貢献」(老化プロジェクト)を実施しています。

組織

組織図PDF(54KB)

  • 創薬タンパク質解析基盤ユニット
    白水 美香子 (Ph.D.)
  • 創薬分子設計基盤ユニット
    本間 光貴 (Ph.D.)

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3
Tel: 078-306-0111
Fax: 078-306-0101

bdr-riken [at] ml.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2018年7月31日: 報道発表資料
細胞中のタンパク質を全部光らせる
2018年7月26日: 報道発表資料
管腔臓器の長さと太さが決まる仕組みを解明
2018年7月26日: 報道発表資料
超微量糖鎖分析法を開発
2018年7月17日: 報道発表資料
非染色・非侵襲・短時間で細菌を判別する光技術
2018年7月6日: 報道発表資料
組織を走る波による器官の形作りの調節