理研について

理事長挨拶

理化学研究所 理事長 野依良治

「私たちは何故科学をするか」元来、自分たちをとりまく自然を深く知ろうとすることは、人間にとって本能といえます。知の創造は文化の礎であり、科学知に基づく技術は、文明社会の礎です。実際、科学技術の進歩により、20世紀の間に先進国の平均寿命は45歳から80歳にまで伸びました。食糧も確保され、現在、苦労しながらも世界中で66億人もの人が暮しています。人びとは単純労働から解放され、日常生活に余暇ができました。また、通信技術の発達により、地球の裏側から、いや外からでも直接会話できる社会になりました。これほど力強い近代文明ですが、その暴走が人びとの心の拠りどころである文化を損なうことになってはいけません。また、科学技術は、現世代の欲望を満たすためではなく、未来の世代たちが豊かな社会を築くためにあるという視点が不可欠です。

理研は、明日の社会に「かけがえのない存在」でありたいと考えています。私たちの先達が90 年にわたり育んできた豊かな自然観と正統な社会観に溢れる「理研精神」と共に、広く社会の期待に応え貢献するため、邁進する所存です。

印刷用PDF

略歴
1963年 京都大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了
1963~1968年 京都大学工学部助手
1968~1972年 名古屋大学理学部助教授
1969~1970年 米国ハーバード大学博士研究員
1972~1996年 名古屋大学理学部教授
1996~2003年 名古屋大学大学院理学研究科教授
1997~1999年 名古屋大学大学院理学研究科長・理学部長
2002~2003年 日本化学会会長
2003年 独立行政法人理化学研究所理事長
2003年 独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター首席フェロー
2003~2009年 国立大学法人評価委員会委員長
2003~2004年 名古屋大学特任教授
2004年 名古屋大学特別教授
2005年 文部科学省科学技術・学術審議会会長
2005~2009年 文部科学省中央教育審議会委員
2005~2008年 日本学術会議会員(2008年~連携会員)
2006~2008年 教育再生会議座長(2008~2009年 教育再生懇談会構成員)
受賞・顕彰
1995年 日本学士院賞
1998年 文化功労者
2000年 文化勲章
2001年 ノーベル化学賞
理研ニュース
関連記事
2003年10月号 就任のあいさつ
2004年1月号 年頭のあいさつ
2005年1月号 対談:河合隼雄氏[文化庁長官]
2006年1月号 対談:遠山敦子氏[新国立劇場運営財団理事長・元文部科学大臣]
2007年1月号 対談:米沢富美子氏[慶応義塾大学名誉教授]
2008年1月号 対談:黒川清氏[内閣府特別顧問]
2008年2月号別冊 対談:服部重彦氏[島津製作所社長]
2008年4月号 第2期中期計画に向けて
2009年1月号 対談:郷通子氏[お茶の水女子大学学長]
2009年5月号 対談:利根川進氏[理化学研究所 脳科学総合研究センター長]
2010年1月号 対談:野間口有氏[産業技術総合研究所理事長]
2011年1月号 対談:米倉弘昌氏[住友化学株式会社会長((社)日本経済団体連合会 会長)]
2012年1月号 対談:宮田亮平氏[東京藝術大学学長]
2013年3月号 対談:村山斉氏[カプリ数物連携宇宙研究機構長]